Yes!腐漢ライブラリー

濃いめのBL漫画やBL小説などの感想を色々と。ガチッとムチっとが大好物な大人向けです。(+BLアラブもの小説読破中)

硝子の太陽R -ルージュ 警部補 姫川玲子(誉田哲也)-お帰り、菊田!

[ 2016/09/19 16:20 ] TB(0) | CM(0)
■姫川班に菊田が帰ってきた!
待ちに待った姫川玲子シリーズの最新作、『硝子の太陽R -ルージュ』が発売されました。
『姫川玲子×〈ジウ〉サーガ』がコラボするということよりも何よりも嬉しいのが、菊田が姫川班に帰ってきたことです!
短編集『インデックス』のラストで復帰しそうな雰囲気を出していましたけど、とうとう本作で完全復活しました。
いやぁもうそれだけで満足だから、コラボレーションとか、別に……ね?(笑)

いやいや、新生・姫川班の動きも何やら気になります。
え?井岡?そんなの出てくるに決まってるじゃないですか、イヤだなぁ~

硝子の太陽R-ルージュ
誉田 哲也
4334910939

出版社: 光文社
発行日:2016/5/15

-あらすじ-
姫川玲子×〈ジウ〉サーガ、衝撃のコラボレーション、慟哭のルージュサイド!
祖師谷で起きた一家惨殺事件。深い闇の中に、血の色の悪意が仄見えた。
捜査一課殺人班十一係姫川班。警部補に昇任した菊田が同じ班に入り、姫川を高く評価する林が統括主任として見守る。個性豊かな新班員たちとも、少しずつ打ち解けてきた。謎の多い凄惨な事件を前に、捜査は難航するが、闘志はみなぎっている。──そのはずだった。
日本で一番有名な女性刑事、姫川玲子。凶悪犯にも臆せず立ち向かう彼女は、やはり死に神なのか?



■ストロベリーナイト関連記事
ストロベリーナイト レビューに納得。だけど好きだわー
誉田哲也 All Works-ストロベリーナイト関連が半分くらいかな
ブルーマーダーは映画「ストロベリーナイト」を観る前に
映画「ストロベリーナイト」 …終わる気なんてないくせにっ!
インデックス 警部補 姫川玲子(誉田哲也)-やっぱスゲーよ、井岡ってヤツは…

▼▼▼ …以下「硝子の太陽R -ルージュ 警部補 姫川玲子」の感想&超ネタバレ含みます!
[タグ : ストロベリーナイト 姫川玲子シリーズ ]
■カテゴリ : 小説一般

映画「スーサイド・スクワッド」 ほっとけないヤツがソコにいる…

[ 2016/09/17 18:46 ] TB(0) | CM(0)
製作が決定した時からもの凄く楽しみにしていた映画、「スーサイド・スクワッド」。
「は~どんな感じになるのかなぁ?」などと暢気に待っていたら…

「え?トムハ出ないの?」
「えぇっ!ウィル・スミス出るの!?」

何だか雲行きがあやしくなってきまして、さあいざ公開!
観に行った人が口々に言ってますけど、『ウィル・スミス映画』でした。
でもご安心を。吹替版で観ると多少、ウィル・スミス成分が薄まっている感じがしました。
現場からは以上です…。

ウソ嘘だ!これは絶対に観に行って欲しい!!
DC映画に興味がない人もぜひ観て欲しいのです。だってメッチャかわいくてほっとけないキャラが登場するんですよ。
その名もリック・フラッグ大佐。
彼を観るためだけにもう一度観てもいいかもしれない…とまで思わせてくれるキャラクターでした。
(逆を言えば彼が居なかったら…いやこれ以上は止めておこう…)

映画『スーサイド・スクワッド』オフィシャルサイト
2016年9月10日公開

スーサイド・スクワッド・サウンドトラック
サントラ
B01HSFOZEG


▼▼▼ …映画「スーサイド・スクワッド」の感想を読む ※ネタバレあり※
[タグ : ]
■カテゴリ : 映画

虎穴ダイニング2(元ハルヒラ)-うん、よく分かるんだ…でも

[ 2015/12/19 15:37 ] TB(0) | CM(0)
あんなに心待ちにしていた虎穴ダイニングの続編が発売されまして、喜び勇んで読んでみたわけですが…。

いや…分かるんだ。素人でも大変なのは分かるんだけれども、私の日向さんはいったいどこへ行ったのでしょうか(笑)
いや笑い事じゃねぇ!あまり作画については触れるのも何だなと思っていたけどこれはあんまりだよ。
日向さんのフサコラした毛並みが全然際立ってないし(大変なのは分かる)、アカルのぽわわんとした雰囲気が全然出てないし(忙しいのは分かる)。分かる。分かるんだけれども、私の日向さんを返してぇぇぇぇ!!

絵柄に関しては百歩譲るとしても、肝心の内容がニントモカントモな具合だし。アカルと日向さんの間が進展しないのは別に良いんですけれども、話がどうも番外編っぽいというか、これ本筋なの?な感じだし。
私が一番許せないのが、日向さんがせっかく温泉に行ったのにサービスショットが皆無だなんて冒涜しているとしか思えませんよ!(笑)
浴衣姿もパシっと決まった立ち姿とかないし、何なのもう…。一番面白かったのが描き下ろしってどういうことなの…。

2巻だけ読むと、「あれ?今までの私はいったい何だったの…」な記憶喪失感を味わえるので、ミステリィとして読む方が吉だと思いました。

虎穴ダイニング2 (Canna Comics)
元 ハルヒラ
4829685719

著者:元ハルヒラ
出版社:プランタン出版(Canna Comics)
発行日:2015.11.10

-あらすじ-
自称覆面レスラーの日向さんは、どう見ても本物な虎の顔で、ぶんぶん振れたり、ぶわっと広がったりで感情豊かな尻尾も生えている。
逞しくって頼りがいがあるのに、一緒に寝たりすると喉がゴロゴロ鳴って可愛い。
同居するホストのアカルは、日向さんが大好きだ。
一緒にいるだけで元気が出るし、くっついていると幸せになれる。
そんな仲良しふたりが、ホラーな温泉旅行でドッキリして!?


 
[タグ : ]
■カテゴリ : 漫画その他
プロフィール
プロフィール画像
Author:4da
漢気溢るる管理人。
ガチっとムチっとがモットーです。

【コメントへの返信について】
拍手コメントは記事のコメントにて、メルフォについてはその月の[気になる]記事のコメントにて返信しています。

にほんブログ村 BLブログ BL小説読書感想へ にほんブログ村 BLブログ BL漫画感想へ

サイト内検索