Yes!腐漢ライブラリー

濃いめのBL漫画やBL小説などの感想を色々と。ガチッとムチっとが大好物な大人向けです。(+BLアラブもの小説読破中)

砂漠の宝石(天花寺悠)-アラブもの小説(230)

[ 2014/05/26 22:42 ] TB(0) | CM(0)
灼熱のアラブ100 ~アラブ・フェア開催中~

BLアラブもの小説(砂漠もの)230冊目。

アラブの小国サザーランドを舞台にした砂漠の薔薇-アラブもの小説(079)のリンク作品。
『砂漠の薔薇』のアラブさまであるリュークの弟・ダウールが今回のアラブさまとなります。受のイアンは前作に登場していた……と思われるんですが、きっ、記憶にないんだなぁこれが。

そんなことよりも!
今回も貞操帯という名の尿●プレイが拝めます。いやっほう!!

砂漠の宝石
天花寺 悠
4774724106

■砂漠の宝石
著者:天花寺悠
イラスト:ジキル
出版社:コスミック出版(セシル文庫)
装丁:文庫
発行日:2011.06.01
ジャンル:現代
攻:第2王子 17歳
受:大学生 18歳 (宰相の庶子)
収録:「砂漠の宝石」

-あらすじ-
王家に逆らった裏切りの一族出身のイアンは、身分を隠し王立学院で学んでいたが、周囲からは低下層の出だと思われて孤立し、その優秀さを妬まれ嫌がらせを受けていた。ある日、貴族の子弟達に絡まれていたところを灼熱の太陽のような高貴な青年に助けられる。なんとその人は学院を視察にきていた王太子だった!イアンに興味をもった彼は王宮に上がるよう、無理やり命令するのだが―。


▼▼▼ …「砂漠の宝石」の感想を読む
 
■アラブさまチェック!
 アラブの小国サザーランドの第2王子。燃えさかる焔のような瞳をお持ちで情熱的な王子様。兄である第1王子が出奔してしまったために次期王位継承者になっています。

■感想
貧乏だけど王立学院トップの成績を誇るイアンに興味を持ったダウール王子は、イアンを自分の話し相手として無理矢理王宮に連れてきてしまいますが…。

今回も前作同様に『薔薇の痣』がキーポイントになっている本作品。かいつまんで説明すると、サザーランド王家の直系には身体のどこかに薔薇の痣があるそうでして…。日本人外交官の翠と出奔してしまった異母兄のリュークもちらっと登場することですし、前作は読んでおいた方が吉かも?

めずらしく日本人受がヒロインではないアラブものでした!(笑
何やらワケありらしい受のイアンですが、まぁそこら辺の事情については前作参照ということで…。(自分が書いた感想にもイアンのことは書いてなかったわ…。再読しないと分かりません!)

兄王子だったリュークも『薔薇の痣』で大変なプレイを経験(?)した訳ですが、弟王子のダウールもこの痣のせいで辛い思いをしているようです。王位継承権も押しつけられちゃいましたし。

ダウールは父王の息子のはずなのですが、身体のどこにも薔薇の痣がないことで生まれを疑われているらしく、王宮で肩身の狭い思いをしているようです。すったもんだの末にイアンがその痣を発見することになるのですが、「そこにあるんかいっ!」と突っ込みを入れたくなるような場所にしっかりと痣があるのでご安心をば。
個人的にはそこにあっても絶対に誰か(主に女官)が気付くと思われるんですけれども、まぁ……王子様ですしね!(笑

そして待ちに待った貞操帯&尿●プレイですが、今回は攻さまではなく受のイアンが対象でした。ちょっとばかりではなく大層残念であります!兄弟揃って尿●プレイをして欲しかった…。
いやぁゲスい作りの貞操帯です。なぜ『&』になっているかというと、貞操帯が前にも後ろにも挿入する構造になっているから。イヤァァァッァァアッーーーー!美麗な装飾が施されているのはもとより、おまけにリモコン付きの高性能仕様なんですもの、悶絶ものですよ(笑

文庫の割にはといっては失礼ですが、めずらしく300ページ以上の分量があるので読み応えはありました。その分、後半にならないとダウールが覚醒しないので、前半ではイアンに手出しすらしないことが無念かも?

■コメント
砂漠の宝石
天花寺 悠
B009SXDEHQ


Kindle版

■今までのアラブ・フェア本はこちら。→BLアラブもの小説全部読むよ! ~アラブ・フェア開催中~
 
[タグ : アラブ 天花寺悠 ジキル 媚薬 貞操帯 ]
■カテゴリ : アラブ・フェア
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
プロフィール画像
Author:4da
漢気溢るる管理人。
ガチっとムチっとがモットーです。

【コメントへの返信について】
拍手コメントは記事のコメントにて、メルフォについてはその月の[気になる]記事のコメントにて返信しています。

にほんブログ村 BLブログ BL小説読書感想へ にほんブログ村 BLブログ BL漫画感想へ

サイト内検索