Yes!腐漢ライブラリー

濃いめのBL漫画やBL小説などの感想を色々と。ガチッとムチっとが大好物な大人向けです。(+BLアラブもの小説読破中)

熱砂のマイダーリン(日向唯稀)-アラブもの小説(229)

[ 2014/05/18 22:41 ] TB(0) | CM(0)
灼熱のアラブ100 ~アラブ・フェア開催中~

BLアラブもの小説(砂漠もの)229冊目。

 こ・れ・はwww

と久方ぶりに激震が走った(個人的には)問題作なアラブもの小説でした。
ファンの方は申し訳ありませんが読んでいて震えが止まりませんよ。なっ、なんなのこのゾワゾワっとする得体の知れない感覚は…(笑
あくまでも今回は『アラブもの作品』として読んでいますのでご了承いただきますようお願い申し上げます。

『マイダーリンシリーズの番外編』ということですが、シリーズ本編については未読になっております。

熱砂のマイダーリン
日向 唯稀 香住 真由
4871825914

■熱砂のマイダーリン
著者:日向唯稀
イラスト:香住真由
出版社:茜新社(オヴィスノベルズ)
装丁:新書
発行日:2003.09.25
ジャンル:現代
攻:- -歳
受:高校生 16歳
収録:「熱砂のマイダーリン」「起こらないでね、マイダーリン」

-あらすじ-
高校生の菜月の恋人は、22歳の若さでアパレル会社の専務に就任、自社モデルも務め、獣のように荒々しく菜月を愛しちゃう最高のオトコ・早乙女英二だ。二人は同棲中でこの上なく幸せ。けれど、唯一無二のダーリンと同じ顔の人間が現れたら…?英二とそっくりさんのアラブの皇子が、菜月を自分の国へと連れ去った!?マイダーリンシリーズ、熱砂の国での番外編!


▼▼▼ …「熱砂のマイダーリン」の感想を読む
 
■アラブさまチェック!
 今回はアラブさまが攻役でないため割愛。

■感想
正式なタイトルは『熱砂のマイダーリン(ハート)』。この(ハート)がそもそもの元凶なんや…。

シリーズ作のおさらいとして、あらすじにもあるように『専務でモデルのスーパー攻さまの早乙女英二(22)と高校生の菜月(16)は恋人同士で同棲中』という情報のみで本作品を読んでいます。

中近東にあるサラ国の皇子が英二と瓜二つで、それを切っ掛けに菜月たちは熱砂の国サラへと向かうことになり――。

本編である『マイダーリンシリーズ』のボーナスステージのような本作、受が若々しい作品が鬼門な私にとっては衝撃的なアラブものでした。

今まで読んできたアラブもの小説の中にも少なからず受がキャピキャピしている作品はありましたが、今回は攻さまとの相乗効果により草が生えるのがとまりませんwww
受のことを「ミッキー」と呼ぶアラブさまも過去にはいらっしゃいましたが、それどころの騒ぎじゃねー!
 参考:砂漠に落ちた一粒の砂(桃さくら)-アラブもの小説(053)

とりあえず受の菜月がキャピキャピしすぎていて震えます。もう会えなくて震えるくらいの騒ぎじゃないよ!ほぼ新婚状態で同棲している英二のことが好きすぎるのは百歩譲るとして、本文中にハートマークが多すぎて震えます(笑

 『きゃっ(ハート) 今日もカッコイイよ、英二さん(ハート) 本当に毎日思うけど、この一瞬だけはドラマのワンシーンみたいだよ~っ(ハート)』 (14ページ)

Oh-Nooooooooooooooooooooo!! 言葉にならない。
これに対するスーパー攻様の英二がこれまたスゴくて砂を吐くように砂糖を吐き出しそうな攻様でございました。

 『なあ菜月、このまま一発やろうぜ(ハート)』 (18ページ)

いやぁぁぁーーーーーーーもう私のHPはゼロよっ!!!!!!!!!!!!
甘いのは分かる。ラブラブなのはもっと分かる。だけど『ぜ』はダメ、ダメ絶対。

終始ふたりがこんな感じなので、ちょっと今回は申し訳ないくらいに内容が頭に入ってこないために感想書けません。

 『大好き。 Chu(ハート)』 (48ページ)

の時点で撃沈しました……。
一応最後まで呼んだことだけはご報告申し上げます。

■コメント
いやぁ~アラブものって奥が深いですよねぇ~

■今までのアラブ・フェア本はこちら。→BLアラブもの小説全部読むよ! ~アラブ・フェア開催中~

[タグ : アラブ 日向唯稀 ]
■カテゴリ : アラブ・フェア
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
プロフィール画像
Author:4da
漢気溢るる管理人。
ガチっとムチっとがモットーです。

【コメントへの返信について】
拍手コメントは記事のコメントにて、メルフォについてはその月の[気になる]記事のコメントにて返信しています。

にほんブログ村 BLブログ BL小説読書感想へ にほんブログ村 BLブログ BL漫画感想へ

サイト内検索