Yes!腐漢ライブラリー

濃いめのBL漫画やBL小説などの感想を色々と。ガチッとムチっとが大好物な大人向けです。(+BLアラブもの小説読破中)

スポンサーサイト

[ --/--/-- --:-- ] TB(-) | CM(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ : ]
■カテゴリ : スポンサー広告

SEXセラピスト-こだか和麻

[ 2007/12/11 23:11 ] TB(0) | CM(0)
最近、他の方のブログで紹介されている本を買いすぎてしまい、非常にテンパってます。
そして財布の中身は燃え尽きた…

この「SEXセラピスト」は、30半ばにしてやおいにハマるさんで紹介されていた本、「乱れそめにし」を読んだ後に作家買いした漫画です。

こだか作品、掲載されている雑誌は購入しているはずなのに、何故だか読んだ記憶がありません。
まともに触れた初めての作品といえば、Hug コミハグ 大人乙女のためのよくばりマガジンに連載されている「境界線-BORDER-」になるでしょうか。(かなり最近ですね)
「境界線」、かなり好みのお話なのに何故?

しかし、この「SEXセラピスト」を読んで、読んでいなかったのではなく、読み飛ばしていたという真実が発覚!
そりゃ記憶がないはずだわな・・・(笑)。

その理由とは・・・
以下、作品の感想には触れずその点を中心に。

■関連リンク (ありがとうございます)
 30半ばにしてやおいにハマる
 該当記事:探偵青猫/時代モノ de BL

SEXセラピスト
こだか 和麻
4877244824

■SEXセラピスト
著者:こだか和麻
出版社:海王社(GUSH COMICS)

完全予約制・一日一名限定の怪しげな店『Bar華淫』に訪れる客の悩みを一話毎に描いたオムニバス形式の漫画。

▼▼▼ …
 
■店では「セックスセラピー」なるものをやっているらしいので、各話のタイトルも「カルテ」になってます。
カルテ1からカルテ7まで全7話収録。

 ◎ カルテ:1 SEXセラピスト 【刑事×刑事】 
 × カルテ:2 夢見る男 【営業×事務員】
 ○ カルテ:3 最初で最後の男 【義理弟×義理兄】
 △ カルテ:4 スウィートな男 【ケーキ屋×和菓子屋】
 ◎ カルテ:5 氷上の貴公子 【コーチ×フィギュアスケーター】
 × カルテ:6 臆病な華 【コーチ×フィギュアスケーター】 ※カルテ5のカップルとは別
 ○ カルテ:7 淫奔な神父 【神学生×神父】

---

読み終えた後、「面白かった~」という気持ちの前になんだかモヤモヤ感が漂いました。
いや、面白かったんですよ?

「カルテ~」の前に付いている○×は、私の好み順です。
(作品の出来・不出来の評価ではないので注意)

自分の事ながら、分かり易い基準でありがとうございます(笑)。
読んだことのない方のために少し解説しますと。
 ◎:攻がガッチリ
 ○:攻受が大人
 △:攻受が大人だけど受が・・・
 ×:攻が大人で受が・・・

 そうです。受が幼い・幼く見えると苦手らしい。

普段はあまり感じないのですが、特にこの作家さんの場合はガッチリ攻と幼い受のギャップが激しい!
そして必ずといっていいほど、ストーリーの中で「大人パート」と「子供パート」が分かれてませんか?
乱れそめにし」も非常に面白かった!好みだ!と感じたのに、やはり漂うモヤモヤが・・・

この時は気付きませんでしたが、やはりこの作品も、「子供パート」がお話の中に組み込まれています。
BE・BOY GOLDでちらっと見かけた作品も、確かパートが分かれていたような・・・読んでないので詳細は不明ですが。(だから無意識の内に読み飛ばしていたのではないかと)

そんな訳で、好物と苦手なものを一緒くたに出されてしまうと、頭の中で処理が追いつかないみたいです。
先に挙げた作品、「境界線」は現段階(コミハグvol.4)まで幼い感じの登場人物が絡んだ話に発展してません。
だから「好みだ」と言い切れるのか、と納得。

なんでしょうね。
自分の中の何かがリミッターとして働いているとしか思えませんが、深く考えずにこのまま放置。
この問題に付随して、「かわい子ちゃんタイプ」が苦手なんだろうなぁと思ったり。

まったく誰の役に立たない推測ですが、ある時期を境に「やればできる、必ずできる、絶対できる!」と熱く浴びせられる感じがダメになりました。

 やってもダメなことは多々あるんだぁぁぁーーー (心の叫び)

ほら、子供って熱いじゃないですか・・・一直線だし。

八つ当たり感がアリアリで申し訳ないです(笑)。
ちなみにリアルで熱い大人も苦手ですが、二次元の大人の場合はワンコ属性に変換されるため、大丈夫みたいです。(かなりのマイ・ルール。卑怯者!)

以上、どうでもいい内容でした。

---

あまりにもアレなので、ちょっとだけ本の感想。

『Bar華淫』の店主・カインの不思議さも手伝って、どのカルテの話数も面白かったです。(好みの話は抜きにして)
7話分あるので、様々なキャラが登場するのがいいですね。
最終的には全てのカップルがハッピーエンド。
タイトル通り「SEXセラピスト」のお話ですので、Hの表現は濃い目かと。
患者の性の悩み別に処方箋が変わっております。
そりゃぁ~もう、あんなことやこんなことを・・・(笑)。
 
[タグ : ]
■カテゴリ : こだか和麻
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
プロフィール画像
Author:4da
漢気溢るる管理人。
ガチっとムチっとがモットーです。

【コメントへの返信について】
拍手コメントは記事のコメントにて、メルフォについてはその月の[気になる]記事のコメントにて返信しています。

にほんブログ村 BLブログ BL小説読書感想へ にほんブログ村 BLブログ BL漫画感想へ

サイト内検索



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。