Yes!腐漢ライブラリー

濃いめのBL漫画やBL小説などの感想を色々と。ガチッとムチっとが大好物な大人向けです。(+BLアラブもの小説読破中)

スポンサーサイト

[ --/--/-- --:-- ] TB(-) | CM(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ : ]
■カテゴリ : スポンサー広告

月の虜囚、黒衣の略奪者(篁釉以子)-アラブもの小説(214)

[ 2014/01/26 00:01 ] TB(0) | CM(0)
灼熱のアラブ100 ~アラブ・フェア開催中~

BLアラブもの小説(砂漠もの)214冊目。

作者曰く、受が『健気な青年』とのことですが、読んでみると健気?……というよりも『狂気をはらんでいる青年』でして、いままでに出会ったことのない雰囲気に少し怖かったです。切ないアラブもの、いや切羽詰まったアラブものでした!(笑

ごく希にハッとする挿絵に出逢いますが、今回がまさにそれ!思わず ギャァーキェェェィ という雄叫びを発してしまうほどの素晴らしさでした。39ページ!!

月の虜囚、黒衣の略奪者
篁 釉以子
4896017617

■月の虜囚、黒衣の略奪者
著者:篁釉以子
イラスト:周防佑未
出版社:ムービック(ルナノベルズ)
装丁:新書
発行日:2010.03.30
ジャンル:現代 ニューヨーク→カリルザード王国
攻:第1王子 27歳 母親が外国人のハーフ
受:卒大学生 (もうすぐ)22歳 曾祖父がカリルザード人
収録:「月の虜囚、黒衣の略奪者」「楽園の略奪者」

-あらすじ-
中東への卒業旅行を計画する薫は、ビザ申請に訪れたカリルザードの領事館で、漆黒のアラブ装束を身に纒う蒼い瞳の男に心を奪われた。彼の正体は皇太子の第一王子にして金融界の大物、サイード。あまりの身分違いに惑う薫だったけれど、甘く濃密な一夜のあと、サイードは薫に指輪を渡すと、国で待っていると囁く。―だが、それは周到に仕掛けられたいつわりの恋の罠だった。熱砂の王国で薫を待っていたのは、別人のように冷酷なサイードで…!?


▼▼▼ …「月の虜囚、黒衣の略奪者」の感想を読む
 
■アラブさまチェック!
 カリルザード王国の第1王子。母親は正妃でしたが外国の異教徒だったために王位継承権は返上。ダークプリンスと呼ばれ、瞳の色が蒼色です。

■感想
ニューヨークでアラブの王子様であるサイードと情熱的な一夜を過ごした薫。寝ても覚めても彼のことが忘れられず、誘われるがままにカリルザードの地を踏んだ薫でしたが、案内された場所は真っ暗な地下牢で…。

サイードとの出逢いは領事館のカンドーラ姿、次はパーティー会場のスーツ姿。カッコ良すぎてため息しか出てきません。特にスーツ姿に撃沈…。この御身を拝見して声が漏れないヤツはモグリだと思います!
『ため息しか出ないのに声が漏れるのかよ』って自分で書いていて突っ込みを入れてしまいましたが、これは該当の挿絵を見れば分かります。39ページ。大切なことなので計3回書きますが39ページです。早急にチェックするのです…。
普段挿絵についてはなるべく感想の考慮に入れないように読んでいるつもりですが、やっぱり無理!(笑)挿絵が素晴らしいと小説の世界観への引き込み具合が断然違いますもんねぇ。

いつものように一目惚れしたのはアラブさま→日本人受ではなく、日本人受→アラブさまでした。自分がゲイだと認識していた薫ですが、サイードに出逢った瞬間、その想いが一気に爆発したかのようなのめり込み具合でして、来る日も来る日もどうやったらサイードに再び会えるのかを考えて悶々としているところに恐怖を感じます(笑

一方のサイードですが、薫と初めて出逢った際は邪険に扱っていたのに、パーティー会場で再び出逢った際には蕩けるほどのエスコートを見せ、そのまま薫を部屋へと連れていき一夜を共に。「何か裏がありそうだな…」と勘ぐっていると、本当に裏があったというか裏しかなかったのですよ~
薫に近づいた理由は、曾祖父に似て日本人離れした容姿を利用し、異母弟である第3王子の身代わりをさせるためだったのです。かわいそう!(最初は)健気な薫をだまくらかすなんて!

この後、カリルザードの地を踏んだ薫はそのまま地下牢へ直行、手枷首枷を着けられたままサイードに陵辱され、奴隷宣告を受け失意のどん底へ。夜毎、第3王子の身代わりをするためにサイードに抱かれながらのお勉強タイムが待っておりました。

騙されて死ぬほど酷い目に遭わされているはずの薫ですが、狂おしいほどにサイードを求めているので、情緒不安定さが滲み出ています。第3王子に嫉妬したりこのまま影武者として殺されるならサイードに殺されたいと懇願する始末。そんな薫をサイードは駒としてしか見ていませんでしたが、どんなに邪険に扱っても縋り付いてくる薫に接するうちに、今までに感じたことのなかった感情に流される自分に気付いてしまいます。

どこまでもサイードの薫の扱いが酷くてゾクゾクもんです(笑)。大概は途中でデレちゃうアラブさまが多いのですが、グッと堪え忍んで荒々しく振る舞うそぶりがステキ!薫が毒を盛られて生死を彷徨うことになり、ようやく自分が薫に惹かれていることを口にするサイード。ラスト間際になってから「お前を愛している」だなんてカッコ良すぎます!

最後の最後、王位継承権に係わる捕物帖の後でサイードは国を捨てる決意をするのですが、ここまで来てもまだ薫はサイードに捨てられると思い込んでるんですもの。一見するとアラブさまに子犬のようにまとわりつく日本人受…のように見えますが、薫の場合はヘビのようにジワジワとアラブさまを締め付けて絡め取る、極悪非道な日本人受だったのですよ(笑
罠にまんまとはまって抜け出せなくなったのはサイードの方だったというステキな落ちが付いてハッピーエンド!

短編の『楽園の略奪者』では国連関連機構に就職したはずの薫ですが、カリルザードを出たサイードに巻き込まれてモーリシャスでリゾート開発に係わる企業で働いています。ライオンの散歩をした後はライオンより獰猛なサイードに喰われておりました。

第3王子と血まみれになりながらも彼を守り抜いた護衛のアウダのお話とかあったら面白そうだなぁと切望します。

■コメント
のめり込んでいると、後孔を欲望の弾丸に打ち抜かれて『ひっ、いぃい――――んっ…っ!』って馬のような喘ぎ声を上げていても気になりません!(笑
千年も前から使われている媚薬は『月の雫』。ジャスミンの香りが漂います~

■今までのアラブ・フェア本はこちら。→BLアラブもの小説全部読むよ! ~アラブ・フェア開催中~
 
[タグ : アラブ 篁釉以子 周防佑未 奴隷 媚薬 ]
■カテゴリ : アラブ・フェア
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
プロフィール画像
Author:4da
漢気溢るる管理人。
ガチっとムチっとがモットーです。

【コメントへの返信について】
拍手コメントは記事のコメントにて、メルフォについてはその月の[気になる]記事のコメントにて返信しています。

にほんブログ村 BLブログ BL小説読書感想へ にほんブログ村 BLブログ BL漫画感想へ

サイト内検索



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。