Yes!腐漢ライブラリー

濃いめのBL漫画やBL小説などの感想を色々と。ガチッとムチっとが大好物な大人向けです。(+BLアラブもの小説読破中)

砂楼の囚われ人(松幸かほ)-アラブもの小説(212)

[ 2014/01/22 00:01 ] TB(0) | CM(0)
灼熱のアラブ100 ~アラブ・フェア開催中~

BLアラブもの小説(砂漠もの)212冊目。

10年後に再会するアラブもの。
受は17歳からことあるごとにアラブさまから逃げ続けていたらしいのですが、彼らが本気になれば瞬殺だと思われます。しかし、もしも10年間も泳がせていたとなると…恐ろしいです!(笑

砂楼の囚われ人
松幸 かほ
4778106113

■砂楼の囚われ人
著者:松幸かほ
イラスト:史堂櫂
出版社:心交社(ショコラノベルス・ハイパー)
装丁:新書
発行日:2008.08.20
ジャンル:現代 日本とファリファスタン王国
攻:第3王子 -歳 (同い年?)
受:サラリーマン 27歳
収録:「砂楼の囚われ人」

-あらすじ-
富塚直貴は幼少の頃、中東の国ハリファスタンの美しき第三王子、サフィーと出会った。お互いに惹かれ合い親友となった二人だったが、17歳の夏、サフィーが直貴を押し倒し無理やり我が物にしようとした事から、直貴は彼の元から逃げるように去った。それから十年、汚職の嫌疑から議員である父が自殺し、さらに何者かに脅され心身ともに追い詰められていた直貴の前に、突然サフィーが現れる。直貴とその母を自国で匿うとの提案に感謝する直貴に、サフィーはその代償として、直貴の身体を差し出す事を要求してきて…。


▼▼▼ …「砂楼の囚われ人」の感想を読む
 
■アラブさまチェック!
 中東にあるファリファスタン王国の第3王子。190センチ近い身長と鍛え抜かれた体躯、精悍に見える褐色の肌と真っ直ぐに通った鼻筋と鋭い双眸をお持ちのお方です。

■感想
親友だと思っていたアラブの王子様サフィーに襲われたことが原因で彼から逃げ続けてきた直貴。議員だった父親が汚職事件で自殺したあとで、何者かに襲われた直貴に、突然サフィーから国へと招待されるが…。

10年間も逃げ続けていたサフィーの元へ逃げ込んだ直貴。案の上、匿ってやる報酬として身体を差し出せと要求されてしまいます。
サフィーと交わした『最後の一線は越えない』という、あってないような約束はすぐに反故にされてしまうのでした(笑
そして怒り狂って砂漠に飛び出した直貴は見事に遭難。だって徒歩で行っちゃったんだもん、砂漠に。

アラブものでかなりの確率で遭遇するのが”砂漠での遭難”です。謎のテロ組織に攫われたり旅行中に砂嵐に巻き込まれたりなど、シチュエーションはさまざまですが、私が唯一許せないのが”自分から遭難”のパターン。今回の直貴も自分から進んで砂漠に突っ込んで遭難して死にそうになっております(しかもパジャマ姿で)。まぁその原因はアラブさまであるサフィーの強引なプッシュが大きく関わって…というより、それしかありえない訳ですし、遭難事件でふたりが自分の想いに気付いたり、愛を再確認するんならいいんじゃないんですか?あはは~(投げやり)
 
日本から遠く離れたファリファスタン王国に滞在していたのに、父親の汚職事件は無事にサフィーの手腕によって解決。日本の腐ったマスコミが使えないとなると、海外メディアを巧みに操るアラブさま、恐ろしいです!

■コメント
タグ:[遭難]も中途半端に入力してあるので、いつか完璧にしたいと思います。その際は[自分から遭難](セルフ遭難?)とに分けた方がいいかも?(笑

■今までのアラブ・フェア本はこちら。→BLアラブもの小説全部読むよ! ~アラブ・フェア開催中~
 
[タグ : アラブ 松幸かほ 再会 遭難 ]
■カテゴリ : アラブ・フェア
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
プロフィール画像
Author:4da
漢気溢るる管理人。
ガチっとムチっとがモットーです。

【コメントへの返信について】
拍手コメントは記事のコメントにて、メルフォについてはその月の[気になる]記事のコメントにて返信しています。

にほんブログ村 BLブログ BL小説読書感想へ にほんブログ村 BLブログ BL漫画感想へ

サイト内検索