Yes!腐漢ライブラリー

濃いめのBL漫画やBL小説などの感想を色々と。ガチッとムチっとが大好物な大人向けです。(+BLアラブもの小説読破中)

スポンサーサイト

[ --/--/-- --:-- ] TB(-) | CM(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ : ]
■カテゴリ : スポンサー広告

戦国武将と男色-「なんしょく」です。なんしょく

[ 2013/12/11 22:13 ] TB(0) | CM(0)

男色は「なんしょく」と読む。「だんしょく」とも発音されるが、できれば「なんしょく」と読まれたい。(3ページ)



冒頭の一文だけでも読む価値があると思われます。「だんしょく」よりも「なんしょく」なんですね。
以前読んだ武士道とエロスを始めとして男性の性愛を取り上げた書物は幾つもありますが、”実際はどうだったよの?”という部分を深く突っ込んだのがこの「戦国武将と男色」です。

いやあ面白いです!帯にも書かれていますが「信長と森蘭丸、実のところの関係は?」俗説ではこう言われているけど、実際はこうだったんじゃないの?という反証部分が新鮮でした。
なかなか先に進まないページにイライラしますが、手持ちの本をあちこち開いて読み比べしながらなので仕方ないのです。(実は知ってる武将の部分から読み進めているので全部読み終えていないという…)

本文にも書かれていますが、男色、特に衆道なんて言われると武士道と掛け合わせて何やら崇高な精神がそこにあるのではと勝手に想像していたのですが、全然そんなことなくて実はね……と書かれているのが目からウロコ。「そりゃそうだわ」と納得する自分と、少しもの悲しい気持ちになる自分が居て不思議な感覚になる本でした。
戦国武将の主従関係に特別なものを求めている方は、読むとショックなんじゃないのかなぁ…(笑

今年何かと話題の「黒田官兵衛」も取り上げられていました。テレビで見る彼のような人物だったら妄想するのも仕方なし!

戦国武将と男色―知られざる「武家衆道」の盛衰史
乃至 政彦
4800303036

発行日:2013/12/21
洋泉社(歴史新書y)

-あらすじ-
戦国武将の多くは、嗜みとして美少年(小姓)を寵愛した。主君と肉体関係を結んだ彼らは、忠義の者として重宝され、城主や家宰に出世し、主君の死に殉ずる者もいた。戦国期の主君と小姓の男色は、そのほとんどが江戸期に成立した二次史料を基にしている。また、男色は単なる同性愛ではなく、公家や寺院社会の影響を受けた年長者による少年児童への性愛だった。俗説にまみれた「武家男色」の実相に迫る初めての書。


 
[タグ : ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
プロフィール画像
Author:4da
漢気溢るる管理人。
ガチっとムチっとがモットーです。

【コメントへの返信について】
拍手コメントは記事のコメントにて、メルフォについてはその月の[気になる]記事のコメントにて返信しています。

にほんブログ村 BLブログ BL小説読書感想へ にほんブログ村 BLブログ BL漫画感想へ

サイト内検索



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。