Yes!腐漢ライブラリー

濃いめのBL漫画やBL小説などの感想を色々と。ガチッとムチっとが大好物な大人向けです。(+BLアラブもの小説読破中)

スポンサーサイト

[ --/--/-- --:-- ] TB(-) | CM(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ : ]
■カテゴリ : スポンサー広告

映画「スター・トレック イントゥ・ダークネス」 ギュイーン、ドン!

[ 2013/08/28 19:03 ] TB(0) | CM(0)
※最初にお断りしておきますが、映画を観た順番が「パシフィック・リム」→(数日空けて)「スター・トレック イントゥ・ダークネス」→(そのまま続けて)「パシフィック・リム」だったことをあらかじめご了承ください…

IMAXシアターで観てきました「スター・トレック イントゥ・ダークネス」!
公式サイトにも説明が掲載されていますが『超高解像度のIMAXカメラで撮影され、最適な状態で3Dに変換された驚異の映像』とのこと。これは是非観ねば!
……というよりも「パシフィック・リムをIMAXで観るついでに…」という状況で申し訳ない…。

しかも上映中に

 カーク船長(クリス・パイン)やG.I.ジョー(チャニング・テイタム)がイェーガーのパイロットだったら初動が上がったのかな…

なんてことが一瞬頭をよぎって本当に申し訳ない!
いや、ローリーが悪いんじゃないんだよ!宣伝方法とかタイミングが悪かったんだよ!
ホント、パシフィック・リムにハマった人間って、端から見ると頭がどうかしちゃっているよね!(笑

面白かったんだよ、イントゥ・ダークネス本当に面白かったんですよ。制服に萌える人は絶対にチェックした方が幸せだよ!
前作の映画を観ていなくても楽しめると思います。(一部分?と思う部分があるかもしれませんが)

シャーロックこと「ベネディクト・カンバーバッチ」がステキだったことについては説明はいらないので省きます(笑

『スター・トレック イントゥ・ダークネス』| オフィシャルサイト

超映画批評「スター・トレック イントゥ・ダークネス」70点(100点満点中)

スター・トレック イントゥ・ダークネス [DVD]
B002WYJRPQ


▼▼▼ …[ネタバレ含む]「スター・トレック イントゥ・ダークネス」の感想を読む
 
■感想
前作ももちろん観たし(感想は書き忘れたけど)テレビシリーズも再放送をチェックしていたので、今回の「イントゥ・ダークネス」も最初からワクワクしっぱなしでした。
相変わらずカークとスポックの噛み合わないようで息ピッタリのキャッチボールが何とも言えず。ドンパチやらずにこれだけやってくれなかな(笑
それにクセのあるクルーたち。特にロシアなまりのアントン可愛いよアントン。

カンバーバッチ演じる「ジョン・ハリソン」が悪役として超暴れ回り、それをエンタープライズ号のクルーが交戦状態一歩手前の惑星まで捕まえに行くんだけど、実はジョンにも暴れ回る理由があって…。

ジョンが暴走している理由「仲間が人質になってるから」もあっさりと明かされますが、見せ方が弱い。ジョンがこの事実をカークに告白するシーンは気迫せまるものがありましたけど、それってカンバーバッチの涙に頼ってるでしょ!(笑
ジョンやその仲間の過去に何があったのかは映像として登場しないので悲惨さが伝わってこないのが残念でした。
ジョンは善と悪の二律背反的なポジションにいるんでしょうが、「仲間が何よりも大切」の部分を描いてくれないと、ただ単に「暴力大好き」としか感じ取れませんよ。

前作同様にカークが飛んだり跳ねたり爆破したりされたりと大忙しの本作。今回はスポックも頑張ってました。いや超がつくほど頑張ってます。終盤にカークに危機が迫りウルっとくるシーンもあるんですが「いや、この後元気にエンタープライズ号に乗って旅してるよね(テレビシリーズへ続く)」と気付いてしまい、涙は出てこなかったです(笑

今回も本物(?)のスポック(レナード・ニモイ)が1シーンだけ登場するんですが、前作を観ていない人は「スポックとスポック???」で話がややこしくなるかも。(あれは前作にも登場する未来から来たスポックです)

そして一番「ふぉー!」と興奮したシーンが何を隠そうエンドロールなんだなぁこれが…。
なんだかさー。レナード・ニモイが登場したり、スター・トレックのテーマソングが流れると郷愁にかられるのは私だけでしょうか。
トレッキーって訳じゃ全然ないんですけど……。

■IMAXシアターでの「イントゥ・ダークネス」
通常の映画館では未鑑賞ですが、やはり映像綺麗だし音も凄い迫力!
USSエンタープライズ号がワープする時なんて、ギュイーンって伸びてドン!!なんですよ。何言ってるか分からないと思いますけど。遠近感で言えば「パシフィック・リム」よりもはっきりしていて、物体がこちら側に飛んでくるシーンでは思わず身体が反応して避けてしまった箇所が何回もありました。隣のおじさんは声出ちゃってましたし(笑
とにかく画面がクリアで楽しかった~

今回のメインイベントはカーク・スポック VS.ジョンでガチンコ殴り合い。正直言って、殴り合いシーンを観るなら、怪獣とロボットが殴り合っていた方が迫力満点で画的にも凄かったですし(ってパシフィック・リム挟んでしまってアレですが)。
個人的な印象ですが、IMAXシアターでは大きいものがドーンと動き回っていた方が楽しいかなーと思いました。音も先に挙げた「ドン!!」くらいしか印象に残ってないといいますか…。いやあと2回くらい観れば分かるかも?宇宙船もっと出してくれよ!


 
[タグ : スター・トレック ]
■カテゴリ : 映画
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
プロフィール画像
Author:4da
漢気溢るる管理人。
ガチっとムチっとがモットーです。

【コメントへの返信について】
拍手コメントは記事のコメントにて、メルフォについてはその月の[気になる]記事のコメントにて返信しています。

にほんブログ村 BLブログ BL小説読書感想へ にほんブログ村 BLブログ BL漫画感想へ

サイト内検索



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。