Yes!腐漢ライブラリー

濃いめのBL漫画やBL小説などの感想を色々と。ガチッとムチっとが大好物な大人向けです。(+BLアラブもの小説読破中)

五千年の恋(白薔薇明玖)-アラブもの小説(195)

[ 2013/06/14 22:22 ] TB(0) | CM(0)
灼熱のアラブ100 ~アラブ・フェア開催中~

BLアラブもの小説(砂漠もの)195冊目。

エジプトもので電子書籍オンリーなのかと思っていた作品です(抜けてました)。
1996年発行ということは、都会の砂漠はどんな夢をみるか(鷹藤緋美子)-アラブもの小説(154)に次いで古いアラブもの作品かも。
系統としてはSASRA(Unit Vanilla)-アラブもの小説(150)に近い感じでしょうか。エジプトを舞台にした歴史ロマンスといったところですかね。
……なんだかもう、色々な意味で深ーい作品でした。耽美って難しい!

五千年の恋
白薔薇 明玖 池田 和恵
479620363X

■五千年の恋
著者:白薔薇明玖
イラスト:池田和恵
出版社:スコラ(パパイヤROMANCE)
装丁:新書
発行日:1996.2.15
ジャンル:現代 エジプト・日本
攻:高校生 17歳
受:留学生 17歳
収録:「五千年の恋」

-あらすじ-
エジプト考古学を専攻したいと願う高校生・三本木兜は、修学旅行先のカイロで不思議な体験をした。それはまるで夢の中にいるような奇想天外なものだった。新学期が始まって、ひとりの褐色の肌をもつ美少年が、兜の高校に転入してきた。愛らしい瞳をもったその男子はエジプトからの留学生だった。クラス中の注目を集めるその風体。三本木兜も、なにやら心が騒ぐ。留学生は、「アモン」と名乗る。アモンは妙な感覚をもつ、浮世離れした男子だった。やがて、兜はその魅力にとりつかれていくのだが…。五千年にもおよぶ恋は成就するか?!


▼▼▼ …「五千年の恋」の感想を読む
 
■アラブさまチェック!
 今回は受がアラブさま。ネタバレしちゃいますが、ツタンカーメンです!

■感想
本はすべておもしろい
これは私が早く新作を読みたくて仕方がない京極夏彦氏の言葉です。(早く百鬼夜行シリーズを!)
つまり、「おもしろいと思えなかった本は、おもしろさを発見できなかった」ということなのです。この言葉を胸に、日々アラブものに励んでいる訳ですが……。

私もまだまだ修業の身ですので、どうしてもおもしろいと思えない作品が出てきてしまうのは仕方ないことでしょうが、この作品は「おもしろい/おもしろくない」という範疇を超え、もう感覚が別次元!
1996年発行ということから、おそらくBL小説ではなく耽美小説の枠に入ると思うんですけれども、そもそも耽美って何なんだろう?(笑

修学旅行先でカイロ博物館を訪れた兜(カブト)。秘宝であるツタンカーメンの玉座に座ってしまってから奇想天外な出来事が次々と起こります。日本に帰国後、エジプトから「アモン」という留学生が兜のクラスにやってきますが……。

この作品は「ツタンカーメンの兄×ツタンカーメン」のカップリングがベースになっていまして、タイトル通り「五千年後」にふたりの魂が巡り逢って(ひとりは魂のままだけど)…な物語なんだと思います。「ツタンカーメンの兄=兜」なのですが、この兜の行動がまったくもって意味不明。

まず、博物館で玉座に座った理由が分からない。高校生らしくふざけてなのか?何かに惹かれてなのか?何の説明もなしに、「座ったらあたりが暗くなってピカーってなった!!」って言われても……。その後、ツタンカーメンの墓を見学中に倒れてしまった兜はクラスの皆に助けられ、ナイル川を渡る帆船の上でひとり目を覚まします。(クラスメイトらは昼寝中なのか眠らされているからなのか不明)。兜、ここで何を血迷ったのか、クラスメイトの可愛い子にキス。起きないことをいいことに胸にしゃぶり付く。さらに起きないことをいいことに、パンツを剥ぎ取りそのままレ○プ。寝落ち。起きると情事の後で、慌てて証拠隠滅。レ○プした女子に「訳は後で!ナイルに飛び込め!」→目覚めると博物館の中庭に皆で倒れていました。

夢落ちでもいいけど、何なのこれ?(笑)
いや笑い事じゃなく、何でナイル川に飛び込んだの!?いやいやそれ以前に「主人公がレ○プ」されてるんじゃなくてしちゃってるんですけど…(絶句)。これも「何かに操られて」とか「気の迷い」とか一切の説明なし。「お!可愛いあの子が寝ている!じゃあ服脱がせてみよう」ってマジないわー。後の回想シーンで「誰かに操られていた」って書かれてもさ…。これこそそのシーンで書いておいて貰わないとダメなんじゃないのかしら?

兜の迷走はまだまだ続きます。
日本に帰国後、ツタンカーメンが留学生のアモンとして兜のクラスへ転校してきます。当然仲良くなるふたりですが、ある日アモンの態度が気に入らないと、大学の先輩の彼女と一夜を共に。そんなこんなでレ○プしちゃった女子の妊娠発覚。夢じゃなかったんだ!どうしよう!!するとアモンが僕に任せてとふたりを自宅へ招待。「妊娠するから女は嫌い」だからアヌビス(神様)に堕胎させるから。イヤー!!
あれ?夢だった!?

と、またしてもあやふやな夢落ち。ふたりでアモンの自宅を後にし、ちょっといい雰囲気になったから(中絶させた)女子にキスしようとする兜なのでした。この兜は次章ですぐに「俺は、あいつ(アモン)に恋してる……」って気付かれても、いったい何を信じればいいのでしょうか?私、自分が分からなくってよ!!(笑

この後にようやく結ばれる兜とアモン。ですが、兜の先輩とアモンの仲(実はアモンが操っている)を疑ってしまった兜は、ムシャクシャして再度先輩の彼女を誘ってしまいます。「抱かせてくれよ!」と先輩の彼女に縋っているシーンをアモンに目撃されてしまった兜。「嘘つき!」という言葉を残し、姿も兜以外の人間の記憶からも消え去ってしまったアモン。

後日、再度カイロ博物館に向かった兜は、ツタンカーメンの柩の前で真実を知ることに。「ツタンカーメン=アモン」だったなんて!!アモンは永遠の愛にだけ生きられたはずなのに、兜が浮気したのでサヨナラなのです。マジで?言ってくれればよかったのにさー、いや言われても信じなかったけどwでもあれは嫉妬だって分かるだろ?愛しているのはお前だけなんだ、アモーン!!
 -完-

もう何なの?オチはドコにあるの?(笑
兜の迷走もさることながら、ラストの突き放しっぷりに震えが止まりません。『ラストが悲恋=耽美』とは捉えたくないのですが、これはもう「耽美なのでこの内容」・「耽美だからこのラスト」なんだと思い込まないと色々と無理です。
以上。

最初に書いた『本はすべておもしろい』。ここまで文字数を重ねられたんだから、この本もおもしろかったんだと思います。
なお、あらすじの「五千年にもおよぶ恋は成就するか?!」は「しませんでした」と繋がる模様です。

■コメント
ツタンカーメン展には行けず仕舞いでしたが、ツタンカーメン形のボールペンをお土産に貰いました。超絶書きにくいです(笑

■今までのアラブ・フェア本はこちら。→BLアラブもの小説全部読むよ! ~アラブ・フェア開催中~
 
[タグ : アラブ 受王子 エジプト 考古学 ]
■カテゴリ : アラブ・フェア
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
プロフィール画像
Author:4da
漢気溢るる管理人。
ガチっとムチっとがモットーです。

【コメントへの返信について】
拍手コメントは記事のコメントにて、メルフォについてはその月の[気になる]記事のコメントにて返信しています。

にほんブログ村 BLブログ BL小説読書感想へ にほんブログ村 BLブログ BL漫画感想へ

サイト内検索