Yes!腐漢ライブラリー

濃いめのBL漫画やBL小説などの感想を色々と。ガチッとムチっとが大好物な大人向けです。(+BLアラブもの小説読破中)

映画「ストロベリーナイト」 …終わる気なんてないくせにっ!

[ 2013/02/04 15:36 ] TB(0) | CM(0)
 玲子の年下の部下である西島秀俊演じる菊田が

ってそんなはすないのに、誰もツッコミを入れないのでしょうか……。
菊田は年上部下ですよ!
 ↓
西島秀俊演じる菊田に“胸キュン”女子が増える? 『ストロベリーナイト』 | 映画・エンタメガイド おすすめ映画

いや年下だろうが年上だろうが関係な・・・くはないな。年下部下じゃ普通すぎて全然「胸キュン」しないからやっぱりダメですよねぇ。

前回ブルーマーダーの感想を書いた時点では、映画を観に行くか決めていませんでしたが、やはり井岡だけはチェックしておかねばということで重い腰を上げたのでした。
もうね、初登場時点で『観に来て良かったわ~』と心から思いました。何なの、傘のアレは!?(笑
その反面、ラストを迎えた際に感じた憤りをどこにぶつけてよいものやら。
以下、映画の感想というより愚痴というか何と言いますか…。

ストロベリーナイト DVDスタンダード・エディション
B00C7OXTEG


2013年1月26日公開

■映画 『ストロベリーナイト』公式サイト

▼▼▼ …!注意!「インビジブルレイン」以降のネタバレ含む
 
超映画批評「ストロベリーナイト」40点(100点満点中)

■感想
井岡が居なかったら雨ばかりのシーンで憂鬱になっていただろうなーと。一緒に観た人にも「何でずっと雨降ってるの?無理矢理降らせなくてもいいのにね」って聞かれました。いや……私にそれを問われてもですね、「インビジブルレインが原作だから」としか応えられませんよ。でも「インビジブル」って「見えない」ってことだからさ……。
もう監督のインタビュー記事でも読んで下さい!

全編雨が降り続く映画ですので登場人物全員が傘を手に持っていますが、それぞれの個性(といっても刑事なので地味ですけど)が出ていてチェックするのが楽しかったです。井岡は斜め上の個性の出し方で、傘を斜めがけで背負っちゃってるんだもんなー絶対笑っちゃうでしょ(笑
関係ないけど、私のAmazon『ほしい物リスト』には何故か「サムライ刀傘」がしっかり入っております。

日本 サムライ 刀傘 YS-014-0
B0090CFHK2
 井岡の傘はコレかと思った!

原作の「インビジブルレイン」については前回で色々書いたので、それを飲み込んで映画を観に行った訳ですが、いやぁおったまげたね。あのラスト!ってその前にもありすぎて何から書けばいいいのか迷ってるんですが、やはり玲子と牧田の関係でしょう。

映画ではふたりが惹かれ合う理由がはっきりと描かれると期待していたのですが、蓋を開ければそれもなし。「互いに近い部分(殺した・殺したい)があるから惹かれました」って言いたいことは理解できるけど、だからそれじゃ弱いんですって。玲子も牧田も互いのソレを感じ取りましたという描写が全然なかったじゃんかよー。惹かれ合った理由が「シンパシー」だけではやはり納得できない!こういう原作で曖昧な部分で映画独自の解釈を入れて欲しいかったです。

実は映画を観る前に『超映画批評』に目を通していた訳ですよ。「前田さんはいつも脱げ脱げって言ってるなー(それは正しい)でもインビジブルレインではそんなシーンないのに?」
ってアレレ?(笑
寝取られスキーとしてはもうちょっと菊田は近づいて……じゃなくて、いや原作厨って訳じゃないけど、あれやっちゃったら全てが崩壊するでしょ。原作では玲子は牧田と関係持ってないし、「ブルーマーダー」でも玲子自身が『抱かれようとした』とは言ってるけど「抱かれてはいない」。あんなシーンを入れないと玲子と牧田の繋がりを描けないんなら、最初からもっと改変しろや!

それに菊田派として言わせてもらえば、菊田へのショックがあれでは生温い。車がギコギコしているのを見て全てを悟る菊田よりも、雨の中玲子をかばって刺され倒れた牧田を抱きしめて叫んでいる玲子を呆然と見つめる方が残酷さ5割増しだと思うんですがいかがですか?
こんな重要なシーンをカットするとか信じられない。だからあの変な感じのラストになっているのでは?あれでは菊田が玲子に愛想を尽かして去ってしまったとしか思えない。違う、違うよ~そこは互いにそんな感情じゃないんだってばよー!そもそもラストはそんな感じにして欲しくはなかった。玲子と菊田は目が合っちゃダメなんだぜ!!どうしても玲子と菊田のシーンで終わらせるならば、ふたりが無言ですれ違うくらいの方が納得できるかと。

以上まるっとひっくるめ、これで「ストロベリーナイト」のラストならいいんですよ。”完結”ならね。
でも今まで『終わり』だ『ラスト』だって言っていて、本当に終わったものがありますか!?
トリ・・・といい、踊・・・といいスッキリ終わった試しなし!(笑
こんなこと映画でしでかしちゃったら、「ブルーマーダー」の映画作れなくなっちゃう一大事じゃないですか!
この事件から1年後が「ブルーマーダー」になる訳ですけれども、菊田が結婚している意味合いも全然変わってしまうと思うんですがどうしますか?このまま行くと菊田株急降下ですよ……。
まあ今回の映画撮影時点では「ブルーマーダー」が発売されていなかったので、仕方ないんですかねぇ。

とまあ愚痴がこぼれ出過ぎてしまった感想になりましたが感動ポイントも一応ありまして、何と言っても和田課長が記者会見で暴走するシーン……ではなく、和田課長が記者会見場を後する際、記者が取り囲もうとするのを和田学校のメンバーらが静止するのにジーンときてしまいました。あのガンテツがいいことしとる……。嫌味な橋爪管理官とサイボーグ日下も一緒になって和田課長を守っている姿に熱くなりました。「インビジブルレイン」って姫川班のチーム制が薄れている作品だったので、余計にグッときたのかもしれません。
もうひとつは取って付けたような主題歌がなかったことではないでしょうか(笑
エンドロールをストロベリーナイトのテーマ曲にしたのは潔くてマルでございました。

それにしても、ガンテツに狙われている(変な意味じゃなくて)ノリの行く末が非常に気になるので、やはり続編作ってください。
連ドラ版のラストでもノリはガンテツに絡まれていたし、スペシャルドラマ「アフター・ザ・インビジブルレイン」の『沈黙怨嗟/サイレントマーダー』でも絶賛付きまとわれ中。ガンテツに喰われちゃいそう(本当にそっちな意味ではなく)で心配です。

ストロベリーナイト アフター・ザ・インビジブルレイン Blu-ray
B00CI33MAM
 
[タグ : ストロベリーナイト ]
■カテゴリ : 映画
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
プロフィール画像
Author:4da
漢気溢るる管理人。
ガチっとムチっとがモットーです。

【コメントへの返信について】
拍手コメントは記事のコメントにて、メルフォについてはその月の[気になる]記事のコメントにて返信しています。

にほんブログ村 BLブログ BL小説読書感想へ にほんブログ村 BLブログ BL漫画感想へ

サイト内検索