Yes!腐漢ライブラリー

濃いめのBL漫画やBL小説などの感想を色々と。ガチッとムチっとが大好物な大人向けです。(+BLアラブもの小説読破中)

スポンサーサイト

[ --/--/-- --:-- ] TB(-) | CM(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ : ]
■カテゴリ : スポンサー広告

アラブる・プリンス(神香うらら)-アラブもの小説(189)

[ 2012/05/14 00:01 ] TB(0) | CM(0)
灼熱のアラブ100 ~アラブ・フェア開催中~

BLアラブもの小説(砂漠もの)189冊目。

アラブるプリンス 何というタイトルなんでしょう!
と一瞬思いましたが、らぶあらぶ~はわわ大誘拐!~にはまだまだ及ばないと思われます!(笑
それはさておき、「アラブる」は『荒ぶる』をもじっているのか、それとも某漫画のように『A LOVEる』なのか疑問が尽きません。
おそらくどちらも正解ではないような…。(答えは本を手に取ると分かるかも!?)

アラブる・プリンス
神香 うらら こうじま 奈月
4861345650

■アラブる・プリンス
著者:神香うらら
イラスト:こうじま奈月
出版社:フロンティアワークス(ダリア文庫)
装丁:文庫
発行日:2012.5.20
ジャンル:現代 日本
攻:王子 18歳
受:大学生 21歳
収録:「アラブる・プリンス」

-あらすじ-
貧乏学生の栗原歩貴が橋の下で拾ってしまったのは、犬でも猫でもなく、アラビアンナイトの王子さまのような男・アシュラフだった。エキゾチックでどこか官能的な彼は誰かに追われているらしく、歩貴の部屋に強引に住み着く始末。しかも、尊大な態度で振り回すくせに、夜になるとひとつ布団の中で甘やかすように愛を囁いてきて……。乳首から濡れる先端まで可愛いがられちゃう!?


▼▼▼ …「アラブる・プリンス」の感想を読む
 
■アラブさまチェック!
 アラビア半島の南端、アラビア海に面したアッシャムス王国の第3王子。祖母が日本人なので日本語ペラペラです。

■感想
日本を舞台にしたアラブものです。『ローマの休日テイスト』を目指してみたという本作ですが、アラブものでも『ローマの休日』ものってちょいちょい登場するんですよね(下記参照)。今回他の作品と異なる部分といえば、「ローマの休日」なシーンの時はまだ”王子”ってバレていないというところですかね。・・・いや、読者には完璧にバレてるんですが、まあそれは定石っていうことでね…(笑

祖母の生まれ故郷を知りたいとお忍びでやってきたアシュラフですが、お付きの者が邪魔だという理由で単独行動に出ています。歩貴と出逢ってほぼ強引に一緒に生活を始めますが、貧乏学生の歩貴はアシュラフの生活費を捻出するのが精一杯という訳で、アシュラフと共に一緒にティッシュ配りのアルバイトをやってました。王子がティッシュ配りとか凄い!

でもこの”休日”部分が意外にもあっさり終了してしまうのが残念だったかなー。ティッシュ配りもちょっとした事件が起こって途中で投げ出しちゃったし、歩貴が貧乏でアシュラフを養うのが大変だということを本当に理解できたのかなぁと。この後、歩貴のアパートの隣りに引っ越してくるアシュラフですが、歩貴には相変わらず食事を作って貰っていたようですし。

歩貴とアシュラフは一組しかない布団で寝ていた訳で、当然そんな雰囲気になりますわなぁ(笑)。「なぜこんなことをするんだ」と怒った歩貴に対してのアシュラフの台詞がとんちんかん過ぎてスゴイんです。

恋人同志ですることをしたから恋人になった (95ページ)


勝手に仕掛けておいて勝手に恋人宣言なんて、さすがアラブさまです!!

自国へ強制送還されることになったアシュラフは、これまた勝手に作っておいた歩貴のパスポートを振りかざして歩貴と共に国に帰っていきました。どうやら婚約したみたいです。お幸せに!

キャッチーなタイトルの割には、普通のアラブものだったなというのが素直な感想です。それほど荒ぶってもなかったしなぁ。(いやだからそれはですね…)

■コメント
ローマの休日風なアラブもの
  千夜一夜に口説かれて(篠原まこと)-アラブもの小説(096)
  寵愛プリンス(姫野百合)-アラブもの小説(169)

他にもあったような気もしますが…。

■今までのアラブ・フェア本はこちら。→BLアラブもの小説全部読むよ! ~アラブ・フェア開催中~
 
[タグ : アラブ こうじま奈月 媚薬 ]
■カテゴリ : アラブ・フェア
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
プロフィール画像
Author:4da
漢気溢るる管理人。
ガチっとムチっとがモットーです。

【コメントへの返信について】
拍手コメントは記事のコメントにて、メルフォについてはその月の[気になる]記事のコメントにて返信しています。

にほんブログ村 BLブログ BL小説読書感想へ にほんブログ村 BLブログ BL漫画感想へ

サイト内検索



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。