Yes!腐漢ライブラリー

濃いめのBL漫画やBL小説などの感想を色々と。ガチッとムチっとが大好物な大人向けです。(+BLアラブもの小説読破中)

スポンサーサイト

[ --/--/-- --:-- ] TB(-) | CM(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ : ]
■カテゴリ : スポンサー広告

花散盗人(バーバラ片桐)-アラブもの小説(183)

[ 2012/04/23 00:00 ] TB(0) | CM(1)
灼熱のアラブ100 ~アラブ・フェア開催中~

BLアラブもの小説(砂漠もの)183冊目。

”はなちらすぬすびと”と読むそうです。
某とっつぁんと同じく、警視庁からICPOに出向している日本人捜査官が主人公・・・と来れば、”お相手”は自ずとそうなっちゃいますよねぇ(笑

花散盗人
バーバラ片桐
4861231590

■花散盗人
著者:バーバラ片桐
イラスト:小路龍流
出版社:ブライト出版(ローズキーノベルズ)
装丁:新書
発行日:2011.6.30
ジャンル:現代
攻:王子 30歳前後
受:ICPO捜査官 ?歳
収録:「花散盗人」

-あらすじ-
「いやらしい、淫らな顔だ。私に溺れろ」拘束されたまま無理やり犯され、心とは裏腹に身体が悦楽に溺れていく―ICPOの美術特捜班捜査官として、絵画盗難の予告状調査の為パリ郊外の美術館に訪れた安藤。そこで数日前、盗難美術品の裏取引の場で出会った圧倒される程のオーラと魅力を兼ね備えた男・ディランと再会する。得体の知れない彼を警戒しながら進めた捜査によって、犯人の意図に気付いた安藤は、更なる事件に巻き込まれていき!!


▼▼▼ …「花散盗人」の感想を読む
 
■アラブさまチェック!
 有数の産油国である中東ベネダンの現王の弟。第2王妃が外国人なのでハーフです。くすんだ金色の髪でとびきりのハンサム。

■感想
美術品専門のおとり捜査官が主人公。対するお相手はルパ・・・ではなく、各国で美術品を盗みまくっている窃盗団の一味で中東の王子さまです。

アラブさまで怪盗王子といったら美貌の誘惑(遠野春日)-アラブもの小説(029)のファイサル殿下を思い出しますが、今回のディラン王子は趣味で怪盗をしている訳ではなく、兄王のために仕方なく行っている模様。幼い頃に起こったクーデーター後に人が変わってしまった兄のために、昔宮殿に飾ってあった絵画などを取り戻しているそうな。お金はあるのに買い戻さない理由は、「盗まれた物だし、盗んだ奴の懐が潤うのが癪」とのこと。正当な手段で取り戻すのも時間が掛かるそうでして、手っ取り早く集めたいということらしいです。

そんなディランと闇取引の現場で出逢った安藤は「アフロディーテ」と呼ばれて気に入られますが、その後ディランが盗もうとしていた絵画の盗難を未然に防いだことにより拉致されてしまいます。ディランから恥ずかしい攻めを受け、そのままベネダンへと連れ去られてしまうのでした。
「金庫の番号を教えろ教えない」でディランに快楽の拷問を受ける安藤ですが、媚薬も使われていないのにポロっと教えちゃったのには幻滅ですよ~。まあそんな拷問の訓練を受けているとは思えないので、「出したくてたまらず…」というのは分かりますが、美術品命の捜査官なのにあっさりとディランに絵画は盗まれちゃうし、おまけに自分まで盗まれるなんて情けない!(笑

ベネダンへと連れてこられた安藤はディランの愛妾にされるのかと思いきや、過去に盗まれた美術品を取り戻すための調査を行うことになります。その過程でディランの過去を知り、次第に向き合っていくといった感じ。安藤がディランに惹かれる過程が少々弱いような気がしましたが、そんなことがぶっ飛ぶほどの衝撃の事実が最後に残されておりまして、正直ふたりのラブロマンスなんて何処かへ飛んでいきましたよ!

安藤が守ろうとした絵画には国がひっくり返るほどの秘密が詰まっていて、それを鑑定した結果とんでもない事実が…。
こればっかりはネタバレしない方がいいと思うので書きませんが、ディラン大丈夫なの?というか、気付かなかったの?という疑問ばかり浮かんでしまい、納得いかないままに話が終わってしまったという感が否めません。
いくら●●が居たからって気付かないものなのかしら…数十年も離れていたら分からないものなのかしら…。それとも全て承知の上での行動だったのかしら…。
うーん、謎が尽きません。

■コメント
この本の帯には、

私のアフロディーテに、快楽の苦痛を味わわせてやろう


と書かれています。
私はそれを『私のアフロディーデ』と読み間違っておりまして、「イチモツがアフロディーテって!!」と、随分と自信家のアラブさまだな…と。
てっきりナルシストなお方が登場するもんだと思い込んでました。申し訳ございません!(笑
ちなみにアフロディーテは『愛と美と性を司る女神さま』です。

■今までのアラブ・フェア本はこちら。→BLアラブもの小説全部読むよ! ~アラブ・フェア開催中~
 
[タグ : アラブ ]
■カテゴリ : アラブ・フェア
漫画『キャッツアイ』みたいですね。

『ルパン三世』の黄金ずきのオカマアーミーとか。
[ 2012/04/25 10:34 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
プロフィール画像
Author:4da
漢気溢るる管理人。
ガチっとムチっとがモットーです。

【コメントへの返信について】
拍手コメントは記事のコメントにて、メルフォについてはその月の[気になる]記事のコメントにて返信しています。

にほんブログ村 BLブログ BL小説読書感想へ にほんブログ村 BLブログ BL漫画感想へ

サイト内検索



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。