Yes!腐漢ライブラリー

濃いめのBL漫画やBL小説などの感想を色々と。ガチッとムチっとが大好物な大人向けです。(+BLアラブもの小説読破中)

スポンサーサイト

[ --/--/-- --:-- ] TB(-) | CM(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ : ]
■カテゴリ : スポンサー広告

映画「ドラゴン・タトゥーの女」 ○○が似合いすぎです

[ 2012/02/18 00:08 ] TB(0) | CM(0)
読む読む詐欺中の原作「ミレニアム」をほったらかしたまま映画館へGo!
危うく吹替版の上映が終了するところだったので。

『ドラゴン・タトゥーの女』は、主演のダニエル・クレイグの吹替がいつもと違っていて「てらそままさき」さんでした。超ステキだったわ~
早くも話は脱線しますが、「てらそままさき」さんと言ったら『ER緊急救命室』の「コバッチュ先生」じゃないですか。
実はコバッチュ先生役の俳優さん(ゴラン・ヴィシュニック)もこの映画に出演してる訳でして…。
当然ERファンとしては大混乱しますわな。「あれ?コバッチュ先生がコバッチュ先生と喋ってるけどコバッチュ先生じゃない?」みたいな(笑
ダニエル・クレイグとゴラン・ヴィシュニックが一緒に登場するシーンは限られるんですが、それでも頭の中がかなりグルグルしてしまいました。ERファンがこの映画を観る際は要注意です。
てらそまさんご自身は混乱しなかったのかしら…?

「R15+」の指定が付いているだけあって目を覆いたくなるシーンも数回ありましたが、よくよく考えてみるとクレイグ主演の作品って……おっと、これ以上は[続きを読む]以下で。

ダニエル・クレイグがカッコイイは承知のことだと思いますが、ヒロインのリスベットが予想以上にカワイカッコ良かったのが衝撃でした。これは第2部、第3部に期待したいですね。

しかし、相変わらずソニー製品コソっと 堂々と登場させるのが本当に好きですよねー、ソニー・ピクチャーズって(笑
VAIOしかりウォークマンしかり。007の時と一緒じゃん!
でも私も同じウォークマンを使っているのでちょっと嬉しかったのでした…。

劇場で“リスベット萌え”する人が続出か!?「ドラゴン・タトゥーの女」孤高のダーク・ヒロイン/ニュース : 映画がもっとおもしろくなるハリウッドチャンネル

ドラゴン・タトゥーの女 [DVD]
ドラゴン・タトゥーの女

―あらすじ―
月刊誌「ミレニアム」で大物実業家の不正行為を暴いたジャーナリストのミカエル(ダニエル・クレイグ)。そんな彼のもとに、ある大財閥会長から40年前に起こった兄の孫娘失踪(しっそう)事件の調査依頼が舞い込む。連続猟奇殺人事件が失踪(しっそう)にかかわっていると察知したミカエルは、天才ハッカー、リスベット(ルーニー・マーラ)にリサーチ協力を求める。


ドラゴン・タトゥーの女 - オフィシャルサイト

▼▼▼ …映画「ドラゴン・タトゥーの女」の感想を読む[ネタバレアリ
 
■感想[ネタバレアリ
ナゼ貴方はいっつもボコボコにされてるのよ!?
しかもボコボコにされてるのが似合いすぎです(笑

暴行シーンが事前にあることは承知の上で観に行ったのですが、あくまでも女性が巻き込まれるという認識しかなかったんです。(当然それもありますが)
しかし蓋を開けてみれば、男性の方がボコボコにされるシーンの方が多かったという…。
特に今回は主人公のミカエル(クレイグ役)が死んじゃうんじゃないかというよりも、クレイグ自身が死んじゃうよ!とハラハラしすぎるボコボコっぷりを披露しておりました。
「なにそれ?」という感じだと思いますが、これは観れば分かります。本当にヤバそうでした(笑)。いや、笑い事じゃないんですが迫力満点すぎるシーンだったんですねぇ。ちょっと心配になってしまったり。

ダニエル・クレイグがカッコイイのは(略 

ヒロインはヒロインなんだけど、頭に「ダーク」が付いてしまうリスベット。人と極力会話をしようとしないし、タトゥー入れまくりの問題児ですが、見た目の怖さからは想像できないキュートな部分があるんです。私も最初は可愛いなんてまったく思わなかったんですが、徐々にその見た目とは正反対の愛くるしい内面が見えてきて、終盤には大好きになってしまうほどファンになってしまいました。噛みつかれそうだけど、頭をナデナデしてみたい!
しかし、あくまでも問題児なので行動が超ぶっ飛びすぎているのが恐ろしかったり。●●したり××しちゃったり…。ギャーというよりもぐぉあぉぉぉ~といった感じです。
世の男性陣はこの映画を観た日は、リスベットの夢を見てうなされるのでは?
想像するだけでイタイ。痛すぎる~

内容については宣伝でも流れている通りで『誰がハリエットを殺した?』と、謎解きがメインですので触れません。登場人物みんな怪しく見えるのは定石ですしね(笑)。
いつも誰かしらがボコボコにされる映画ばかり観ているので、こうじっくりジワジワ紐解いていく作品って新鮮かも。まあ結局今回も血まみれでヘロヘロになってましたけれども…。
ダニエル・クレイグがステキなのを差し引いても、おつりが返ってくるほど面白い作品でした。

最後に、思いのほか猫好きにはたまらない作品かつ、残酷な作品だということを付け加えておきます。
アレはダメ。最初がアレだっただけに辛いですわ。なにこのどん底感は。

■原作本
ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女
上巻
4151792511
下巻
415179252X

 
[タグ : ダニエル・クレイグ ]
■カテゴリ : 映画
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
プロフィール画像
Author:4da
漢気溢るる管理人。
ガチっとムチっとがモットーです。

【コメントへの返信について】
拍手コメントは記事のコメントにて、メルフォについてはその月の[気になる]記事のコメントにて返信しています。

にほんブログ村 BLブログ BL小説読書感想へ にほんブログ村 BLブログ BL漫画感想へ

サイト内検索



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。