Yes!腐漢ライブラリー

濃いめのBL漫画やBL小説などの感想を色々と。ガチッとムチっとが大好物な大人向けです。(+BLアラブもの小説読破中)

スポンサーサイト

[ --/--/-- --:-- ] TB(-) | CM(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ : ]
■カテゴリ : スポンサー広告

灼熱のキンドルを抱きしめて~電子書籍のみる夢は~

[ 2012/02/15 00:00 ] TB(0) | CM(0)
『ついに日本でキンドル発売か!?』なんてニュースがチラホラと出てきましたね。
今のところ電子書籍には手を出していないのですが、やはり気になるAmazonさんの動向です。

Amazon Kindle Fire

 □アマゾンの電子書籍端末キンドル、今春にも発売 : ニュース : 本よみうり堂 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
 □Amazon、日本で4月にKindle Touchを発売予定 - 電子書籍情報が満載! eBook USER

そんな訳で(どんな訳?)、今まで無視を決め込んでいた電子書籍について調査することに。
主に私のライフワークになりつつあるBLアラブもの小説をメインに調べてみました。

■BL専門電子書籍サイト
 □Milk crown - ミルククラウン 薔薇を愛するすべての腐女子へ
 □シフォンノベルズのホームページへようこそ!

ちょっと脇道に逸れますが、BL専門の電子書籍サイトができていたんですねぇ~
ここで言う「電子書籍サイト」というのは版元のことです。今まではBL本を発売している出版社が『電子書籍販売サイト(電子書店パピレス等)』を通じて電子書籍を販売する…という流れでしたが、今後は”本”という媒体を通さずに、直で電子書籍として販売するという作品も増えてくるのかもしれませんね。

現に「シフォンノベルズ」は書き下ろし作品オンリーのようですし、「ミルククラウン」も書き下ろし作品を多く取り扱っているみたいです。(表紙を見ると「あれ?これは…」という電子書籍成りした作品も見かけますが…(笑)

そんな作品をチェックしている最中に見つけたこの作品たち…。

【Milk crown - ミルククラウン】
 砂漠の虜囚は淫らに甘く / 早瀬響子
 砂漠の花と魔法使い / 佐竹ガム
 砂漠の覇者と蜜愛の夜 / 氷高園子


頭に『砂漠』だなんて、何この直球すぎるアラブものなタイトルたち。しかも書き下ろし作品!?
今まで気が付かなかったなんて……ガクッ。
以前から電子書籍オンリーなアラブもの作品があることは知っていましたが、その頃はまだ2、3冊程度しか存在していなかったはず。それがいきなり3冊も増えているなんて!
これはもしや既にかなりの数のアラブもの作品が知らぬ間に存在しているのではと、慌てて販売サイトをチェックすることにしました。

とは言っても、全ての販売サイトをチェックするのは無理なので、BL作品を一番多く取り扱っている電子書店パピレスのみをチェックしました。

パピレスでは2012年2月現在、BL小説を約3,600作品取り扱っています。
これらの作品をざっと調べた結果、上記3作品の他に本として発売されていないアラブもの小説は(たぶん)6作品。
そんなに増えていないようなので、ひとまず安心ですね(笑)。

【電子書店パピレス取り扱い】
 盗賊は宰相に愛を誓う / 城山まゆ
 ドーベルマンのように / 二條暁男
 五千年の恋 / 白薔薇明玖
 猫耳リーマン、発情期 / ゆりの菜櫻
 砂漠のシークと雪の花嫁~砂漠のシークと桜の姫君 番外編~ / 泉美アリナ
 軍服は鷹の獲物 総集編 / ゆりの菜櫻


それにしても「砂漠のシークと桜の姫君」、「軍服は鷹の獲物」の番外編を販売しているのは知りませんでした。これは是非とも読んでみたいですねぇ。
「猫耳リーマン、発情期」は、設定的に「熱砂に秘する獣」の関連作品っぽいんだけど詳細は不明。こちらも気になります。

という感じで、BLアラブもの小説については「今、手を出せばまだ間に合う」という本数に留まっていました。
今後作品が増えていくようだと、本格的に電子書籍デビューを考えなければならなくなるかもしれませんわ、私。
キンドル、どうなるのかなー?品揃えはどんな具合なのかなー。
期待と不安で一杯の中、今日もコツコツ積ん読を解消していきたいと思います。

BLアラブもの小説、残り-あと(まだまだ)100冊くらいですか?(笑

▼▼▼ …巷では
 
ちなみに、巷ではこんな事が囁かれているようですが…。
 □エロは強し 「ボーイズラブ」電子書籍市場を左右するか | 非モテタイムズ
 □アマゾンが「BL」「TL」を受け入れれば電子書籍の拡大は確実。大歓迎の業界人たちのホンネ (DIGITAL DIME) - Yahoo!ニュース

もはや”本”を購入してBL作品(漫画・小説)を読んでいる層って少数派だったりするのでしょうか!?(そんな訳無いよね…と思いたい)
私的なことを言わせていただくと「BL本を本屋で購入するのが恥ずかしい」なんて感覚は、もはや遠い昔に捨て去ってきてしまっているので、「恥ずかしい→電子書籍」という感覚の方が理解不能。「買いに行くのが面倒→電子書籍」なら全然理解できるんですけどね。
後は収納場所かな…。
 「部屋に本が多すぎ→電子書籍」。
そうだ、これだわ。
自分、それが一番重要だって分かってるじゃん!(笑)

そんな”古い感覚”の持ち主である私が、「絶対電子書籍買うわー」となるであろう販売方法を考えてみました。

 1.BL小説雑誌のバラ売り
 2.同人誌の販売
 3.お値段

1.実は「小説ショコラ」なんかはパピレスでも購入できるようになった模様。
  これを過去に発売された分まで拡大してくれれば確実に購入しますね。
  単行本未収録の作品を読んでみたい!小JUNEとか小ピ・小説BEaSTとか。
  1冊まるまる販売するバージョンと、作品ごとのバラ売りバージョンを作ってくれれば尚可!

2.これも数は少ないですがパピレスで見かけました。
  特に『商業誌番外編』を販売してくれたら速攻で喰らい付くんですけれども。
  結構な数の作家さんが同人誌を出しているので、正直言って金も手も回りません。
  発行の1年後とかでもいいから電子書籍にして欲しいなぁと。

3.今の値段ではホイホイ購入することは難しいです!本と同価格帯の設定って…。
  だったら本買うよ!(笑
  パピレスをチェックして久しぶりに「泉君シリーズ/あさぎり夕」を読みたくなったんですが、やはりパレット文庫の値段と同じくらいの価格設定なのね。シリーズ全作(32冊)購入すると、結局15,000円近くかかっちゃうじゃん!(笑)

電子書籍云々以前に、ケータイ描き下ろしの漫画も増えてきましたね。
読みたい作品はたくさんあるのに、色々と恐ろしくて手を出せません…。
時代の波に取り残されていく~

[タグ : アラブまとめ ]
■カテゴリ : アラブ・フェア
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
プロフィール画像
Author:4da
漢気溢るる管理人。
ガチっとムチっとがモットーです。

【コメントへの返信について】
拍手コメントは記事のコメントにて、メルフォについてはその月の[気になる]記事のコメントにて返信しています。

にほんブログ村 BLブログ BL小説読書感想へ にほんブログ村 BLブログ BL漫画感想へ

サイト内検索



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。