Yes!腐漢ライブラリー

濃いめのBL漫画やBL小説などの感想を色々と。ガチッとムチっとが大好物な大人向けです。(+BLアラブもの小説読破中)

スポンサーサイト

[ --/--/-- --:-- ] TB(-) | CM(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ : ]
■カテゴリ : スポンサー広告

武士道とエロス-「日本に生まれてよかった!」シリーズ第2弾

[ 2011/11/04 21:59 ] TB(0) | CM(0)
勝手にシリーズ化してみた「日本に生まれてよかった!」ですが、第2弾は有名な『武士道とエロス』です。今さら……な気もするんですが、今ごろになって読んでみたので取り上げてみました。
内容としては『日本男児の裏入門書』ってところでしょうかね。戦国時代から昭和初期にかけての”男同士の絆”について分かりやすく書かれています。

武士道とエロス
氏家 幹人
406149239X

―あらすじ―
男どうしの恋の道、衆道は“武士道の華”。美少年の争奪、衆道敵討、義兄弟の契り。江戸の風俗大革命で喪われていく「性」の煌き。武士たちの愛と絆を通して日本男性史を書きかえる。


▼▼▼…続き
 
■MOTTAINAI!!
最近になってこの本を読んでみようと思い立った切っ掛けは、「江戸を斬る」や「大岡越前」の再放送をテレビで見始めたからです。いやぁ~面白いですねぇ。ウン十年前も割と時代劇を観ていた方だと思うんですが、改めててきちんと(?)観てみると、言葉遣いが難しいんですよ。昔は雰囲気で読み取っていたであろう言葉も、今聞くと何を差しているのか不明だったりしますね。

簡単な一例を挙げてみますと、『夜鷹なんぞにゃ用はねぇんだよ』という台詞の”夜鷹”。小学生が”よたか”なんて言葉の意味を知りようがないんですが、怪しげな雰囲気を醸し出している女性を観て、何らかの匂いを嗅ぎ取っていたのかもしれませ……いや、何にも考えないで漠然と観ていただけかも(笑)。夜鷹なんて言葉を知ったのも、大人になってからだと思います。
 参考:夜鷹 - Yahoo!百科事典

それでですね、ちょっと気合いを入れて江戸時代辺りを調べてみようと思っていたら、いつの間にかこの本に落ち着いていました。横道に入りすぎてるぞー(笑

・・・話は本書に戻ります。6章構成になっていまして、時代ごとに移り変わる”男どうしの関係性”について事象を交えて解説してあります。有名な戦国時代の『衆道』の話から、知っているようで知らなかった『美少年』、全然知らなかった『薩摩の習俗』など盛りだくさんな内容です。明治時代の男色流行の件は面白かった!色々な作品を読みたくなりました。
内容も物事の有名無名を問わずに淡々と書いてあるので、サクサク読むことができました。興味を持った部分については参考文献を頼りにして掘り進めていけば詳しく分かりそうな感じ。あまり興味のない人でも”ガイドブック”的なノリで読だら面白いんじゃないかと思います。もちろん、『武士道はエロスの香』に惹かれる方でも楽しめるのではと。

個々の章についての感想は長くなるのでバッサリとハサミを入れました。
全体の感想として、今まで時代物には興味が沸かなかったということもあり、昔の文化・風俗に関しては言葉は知っていても浅い部分でしか理解してなかったんだなあと愕然!もう少し早くこの本を読んでいれば、世の中の楽しみ方がちょびっとだけ増えていたのかもしれないと考えると悔しいです。知識だけではなく、語彙が増えるのって楽しみも増す気がします。
日本に生まれたのにもったいない。モッタイナイことしちゃったよー!(笑
今読んでいる小説や漫画もテレビ番組も、文化や言葉といった「昔」が積み重なってできているんだなと改めて認識してみました。これまた浅ーい部分だけですが。なかなか深い部分に潜っていこうという意気込みが昔から足りないんだよなぁ。
結局”ガイドブック”でお腹イッパイになってしまう人生もまた良し。

同著者の江戸の性風俗を読んだ方が私的にスッキリしたような気もするので、次はこちらに挑戦してみます。あれ?時代劇からどんどん離れていく……。
『時代劇で使われる台詞集』なんて本があると一番いいんだけれどもなぁ。

江戸の性風俗 (講談社現代新書)
氏家 幹人
4061494325

そうそう、久しぶりにBSで放送された映画「吉原炎上」を観ました。やっぱり名作ですね~
ドラマ版はパスしちゃったんですが、ラストが映画「フランダースの犬」ばりにハッピーエンドってマジですか!?
役柄等が映画版から大幅に変更されているようですが……。
 
[タグ : ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
プロフィール画像
Author:4da
漢気溢るる管理人。
ガチっとムチっとがモットーです。

【コメントへの返信について】
拍手コメントは記事のコメントにて、メルフォについてはその月の[気になる]記事のコメントにて返信しています。

にほんブログ村 BLブログ BL小説読書感想へ にほんブログ村 BLブログ BL漫画感想へ

サイト内検索



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。