Yes!腐漢ライブラリー

濃いめのBL漫画やBL小説などの感想を色々と。ガチッとムチっとが大好物な大人向けです。(+BLアラブもの小説読破中)

官能小説用語表現辞典-「日本に生まれてよかった!」シリーズ第1弾

[ 2011/10/12 19:14 ] TB(0) | CM(0)
2011年9月の気になるで取り上げた『官能小説用語表現辞典』を購入してみました。
内容はタイトルズバリでして、’官能小説’で使われる’用語’をまとめた辞典です。

官能小説用語表現辞典
4480422331

-内容-
官能小説の醍醐味は、その独特の言語感覚にある。描くべきものが決まっているだけに、その表現の多彩さ、用語の多様さには目を瞠るものがある。本書は、2005年以前の数年間に発行された官能小説663冊の中から、官能小説に独特と思われる用語や表現をセレクトした用語辞典。約2300語を五十音順に整理し用例を示した、本邦初のユニークな辞典である。文庫化にあたり「絶頂表現」を付加。



以下、あまりにもアレな内容なので、興味のある大きいお友達のみどうぞ!(笑

▼▼▼ …アレな続き
 
ちなみに官能小説とは……
 官能に訴える、つまり男女間もしくは同性間での交流と性交を主題とした小説の一ジャンル。ポルノ小説とも。
  □官能小説 - フレッシュアイペディア

ということで、広義にはボーイズラブ小説も含まれるらしいのですが、一般的には『成人男性向け』に書かれたもの。
つまり、世のおじさま方のオアシスということですね!

BL小説スキーさんの中で’官能小説’を実際に手にとって読んだことのある方は少ないのではと思うのですがどうなんでしょうか?私はかなりの数をこなしてますよ!(キリッ
というのは冗談のような本当の話で、BLを読むようになる前から「身近にあった」本です。今思えば「それって教育上どうなのよ?親父!」という家族問題に発展しそうなことは棚に上げときまして、父親が好きだったんですねー官能小説が。無論、ソレばかり読んでいたわけではなく、剣豪もの(といっても鳴海丈だったりしますが)やハードボイルド、ミステリィとバラエティーに富んだジャンルの中に官能小説があったという具合です。これらの本は特段隠されているものでもなく……あー、官能小説は下の方に積んであったような気もしますが(笑)、十津川警部と共に豊田行二の本がゴッチャになっている家でした。弓月光は今でも大好きだしね。

とまあ、こんな感じで書き進めると、自分語りになってしまうのでこの辺りで切り上げます!(笑
一行でまとめると「身近にあったんで暇つぶしで読んでました本当にすみません」というよくある話でございます。
当時を思い出してみても、「面白かった!ドキドキワクワクした!」という記憶が蘇ってこないので、本当に暇つぶしで読んでいた模様(それなりに面白かったんでしょうが)。たまに読んでみる程度だったしなぁ。それとも内容がトリッキー過ぎたのかしら……(あり得る~)

そんな訳で『官能小説用語表現辞典』は、一般の人より「多少」耐性がある私が読んでもおったまげる大変素晴らしい辞典でありました。これは是非手元に1冊置くべきですよ!

まず大分類として「女性●・男性●・声・オノマトペ・絶頂表現」の項目に分けられています。その中で男性と女性の項目は細分化(といってもモノが限られますが)さられおり、内容は「具体的なソレの表現+参照した小説本文」で構成されてます。ここでは具体的なアレソレについて説明できないのが残念。さすがにココでは引用できないわ~(笑

ちなみに男性向けの’官能小説’をまとめた辞典なので女性の表現が大半なのですが、それでも奥が深くて面白いです。
一部取り上げてみますと……
男性のモノを表現する言葉としては、気になるで取り上げた記事内にもありますが、「ノーズコーン」って!「キリタンポ」って!「灼熱の侵入者」「灼熱の剣」なんてありそうで、今後アラブもののタイトルを直視できないよ!(笑)
BLでもお馴染みの表現から「ドコなのソレ?」というトンデモ表現まで幅広く取り上げられているので、「官能小説はちょっと……」という方も一読する価値はあるかなと思いました。

でもこの本の一番面白い部分は「あとがき」なのです。官能小説特有の表現感覚がなぜ生まれたのかという歴史的事情にも触れられていて、「警察の取り締まりといたちごっこで生まれた」表現方法だったということが書かれています。例を挙げると「挿入」はNGで「重ねる」はOKだったらしい。まさに苦肉の策で編み出された「技」が今日まで受け継がれているんだな……と思いもしとしおです(ちょい大げさですが)。
またこれ以外にも「官能小説は作家と読者の感性の呼応が生まれるかどうかが妙趣」という素晴らしい言葉も書かれているので、あとがきだけでも読んで欲しかったりします。(昔読んだときにビビっとこなかったのはきっとこのせい)
(あとがきが面白いという理由でラヴェンダーロマンスシリーズ『熱い罠』も読んで欲しかったり)

この辞典を読めばきっと貴方も「日本に生まれてよかった!」と声を大にして叫びたくなるはず。間違いない!

それにしても。
ボーイズラブ小説が’官能小説’の一部だとしても、やっぱり『BL小説用語表現辞典』って欲しいよねー、作りたいよねー!(笑
手元に600冊くらいは余裕で存在しているので、やろうと思えば、、、
……いや、それは。
ね……

□付録ですが一応BL用語辞典になるのかな?
ブログ記事:男の世界―西炯子画集/小説ピアスが載っていないだと!?

官能小説「絶頂」表現用語用例辞典
永田 守弘
4309481752

次はこっちを買ってみます。
 
[タグ : 辞書・事典 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
プロフィール画像
Author:4da
漢気溢るる管理人。
ガチっとムチっとがモットーです。

【コメントへの返信について】
拍手コメントは記事のコメントにて、メルフォについてはその月の[気になる]記事のコメントにて返信しています。

にほんブログ村 BLブログ BL小説読書感想へ にほんブログ村 BLブログ BL漫画感想へ

サイト内検索