Yes!腐漢ライブラリー

濃いめのBL漫画やBL小説などの感想を色々と。ガチッとムチっとが大好物な大人向けです。(+BLアラブもの小説読破中)

ロイヤル・ゴールド-生野稜

[ 2011/07/22 00:00 ] TB(0) | CM(0)
これなら誰にも文句を言わせない!
表紙からして超『ガッチっと』しているニューヨーク市警察の刑事が主人公の小説です。
もー、首がない感じがたまりません!なんてったって、彼は身長2メートル・体重100キロですからね。
そして彼のお相手は日本人の両親を持つ美しすぎるFBI捜査官。
……。
そこッ!「あれ?ドコかで……」とか言わないっ!(笑

そんな巨体のNYPD刑事×美麗FBI捜査官が繰り広げる昼メロBL、上下巻ということもあり大変読み応えがあって大満足でした。

ロイヤル・ゴールド〈上〉
4883023672
ロイヤル・ゴールド〈下〉
4883023680

■ロイヤル・ゴールド(上・下)
著者:生野稜
イラスト:西崎祥
出版社:心交社(ショコラノベルス)
収録:「ロイヤル・ゴールド」

-あらすじ・上巻-
ニューヨーク市警察殺人課所属の刑事、ジーン・マッコイは、麻薬売人の事件捜査のため、田舎町のコーシカを訪れた。そこでマッコイは、ユリの精かと見まがうほどの美貌を持つ、東洋人と出会う。彼こそが、マッコイをこの地に呼び寄せた日系のFBI捜査官、ケイン・ディビット・マツダイラであった。どうやらコーシカは、麻薬組織の中継地点であるらしい。また、組織関係者が数日前に謎の死をとげていたため、さっそく捜査にあたる二人であったが…。


▼▼▼ …「ロイヤル・ゴールド」の感想を読む
 
■感想
植物と日本人をこよなく愛するNYPDの刑事・ジーンは、上司からとある事件の調査をFBI捜査官のケインと合同で行うように指示されます。嫌々現地に向かったジーンですが、ケインに逢った瞬間一目惚れ。精力的に捜査に乗り出すジーンですが、事件は思わぬ展開に転がり出すことになり……。

キング・オブ・ヒーロー!ジーンがイイ男すぎて痺れます。『マッチョででかくて気の優しい男が好きです』とあとがきで作者も告白していますが、本当に理想のヒーロー像が体現されてました。ちょっとぬけている所もあるけれど、やるときはしっかりやり遂げるデキる男だったりするのもまたいいですね~ステキ!

麻薬事件に取り掛かることになったジーンは、モデルのように美しい男・ケインに一目惚れ。実はこのケインもジーンには劣りますが、182センチとかなり長身で体格も優れいているのです。ふたり並ぶとさぞかし絵になるんでしょうねぇ。
短期間で終了すると考えていた事件も、過去を紐解いていくとケインの周辺がきな臭い状況になっていることが判明します。徐々にケインの過去が暴かれると同時に、ジーンとケインが惹かれ合って行くのが切ないんです。強く惹かれ合うほど、ふたりの距離が遠くなる……なんてありがちですけれども、やっぱりぐっと引き込まれる設定ですよね。

作者が『めいっぱい苛めた』と公言しているように、これでもか!とケインが不幸に転がり落ちていくのが読んでいて辛くなります。不幸体質とでも言いましょうか、どんどんジャンジャン不幸をかき集めてくるケイン。育った環境がそうさせてしまったという部分もありますが、「何もそこまで不幸を背負い込まなくても」と思わせてしまうのは『昼メロ』のヒロインそっくり。少々イライラさせられますが、あまりにも可哀想すぎて憎めないヒロイン(?)でした。

一方で、懸命にケインを闇から救い出そうとするケインに後光が差しております!もう何というか、ヒーローすぎなんですよ(笑)。何度もケインを失いそうになりながらも、ひとりで懸命に事件を追う姿を見ていると、青臭いなと思いながらも応援せずにはいられないんです。かっこいいなぁ~。

そんなふたりのエッチシーンは最初から最後まで壮絶で、まさに「ガチンコ勝負」といった取っ組み合いでした(笑
想いが通じ合った後でも、ケインのマイナス方向への感情をジーンが引っ張り上げるような「行為」として成立してしまっているので、甘さ加減は皆無。でも、そこに懸命にもがいているふたりの姿が見えるようで感動シーンでもありました。

上下巻ということもあり、ここで事件の流れを書くのは大変なので割愛しますが、次から次へと事件の謎が深まったり解決していくので、長丁場の読書になりながらも割とサクサク読み進めることが出来ました。「ああ、きっと○○だな」というお約束部分はありますが、ジャンルは『推理ものではなく昼メロ』とのことですので納得。

ケインの相手がジーン以外だったり、ケインが色んな意味で痛めつけられるシーンもあるので注意が必要な作品ですが、こんなにもイイ男がラストは男泣きするんですから、これは絶対に外せない作品だと思います。憎い演出だな、まったくもう!
刑事ものとしても読み応え抜群!強いて難をあげるとすると、ジーンのNYPDの制服姿が見たかったなー……なんて(笑
あの制服かっこいいんだもんよー

■コメント
君の瞳を奪いたい(高岡ミズミ)も絵師が西崎祥さんだったんだ!
通りでガッチリのはずだわ……(笑

白と黒のペルソナ
生野 稜 桜 遼
4883025950

絵師が変更になってますが「ロイヤル・ゴールド」の続編です。こちらも早急に入手して読む予定。
 
[タグ : 生野稜 西崎祥 ]
■カテゴリ : ガチっと小説
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
プロフィール画像
Author:4da
漢気溢るる管理人。
ガチっとムチっとがモットーです。

【コメントへの返信について】
拍手コメントは記事のコメントにて、メルフォについてはその月の[気になる]記事のコメントにて返信しています。

にほんブログ村 BLブログ BL小説読書感想へ にほんブログ村 BLブログ BL漫画感想へ

サイト内検索