Yes!腐漢ライブラリー

濃いめのBL漫画やBL小説などの感想を色々と。ガチッとムチっとが大好物な大人向けです。(+BLアラブもの小説読破中)

スポンサーサイト

[ --/--/-- --:-- ] TB(-) | CM(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ : ]
■カテゴリ : スポンサー広告

熱砂の罠に囚われて(佐々木禎子)-アラブもの小説(140)

[ 2011/03/08 00:00 ] TB(0) | CM(0)
灼熱のアラブ100 ~アラブ・フェア開催中~

BLアラブもの小説(砂漠もの)140冊目。

熱砂の檻からはばたいて-アラブもの小説(139)の続編。
続編だからといって、人は急には変われないのです。相変わらずモタモタしているそこのふたりっ!いいから早く幸せになりなさいってば!!

熱砂の罠に囚われて
佐々木 禎子
4062866285

■熱砂の罠に囚われて
著者:佐々木禎子
イラスト:佐々木久美子
出版社:講談社(X文庫―ホワイトハート)
装丁:文庫
発行日:2009.12.04
ジャンル:現代 日本
攻:第1王子 29歳?
受:企画運営会社の社員 29歳
収録:「熱砂の罠に囚われて」

-あらすじ-
あの人がいま日本にいれば…。芳人は中東バルファード国の王子、ナイジェルの美丈夫な姿を想う。熱砂の国に連れさられて愛し合った後、日本に戻ってもう半年。ナイジェルは芳人の前に、観光親善大使としてまたも現れた!母国を宣伝する横浜のイベントの運営を芳人に一任するナイジェル。二人の秘めたる関係は日本で成就するように思えたが……。


▼▼▼ …「熱砂の罠に囚われて」の感想を読む
 
■アラブさまチェック!
 前作同様のため割愛。王位継承権は返上しています。

■感想
前作から半年以上1年未満経過して舞台は日本に。ナイジェルが日本に観光親善大使として赴任してきているはずなのですが、何故か彼は日本にはおらず忙しく外国を飛び回っている様子。恋人の芳人は寂しいはずなのに、既に悟りを開いたのかってほど達観していて、仕事に打ち込む日々を送っています。
ラブラブ絶頂期のはずの恋人同士ですが、回りまわって遠回りしすぎたふたりなので、少々空回り気味なのかなぁ。しかも芳人のお相手はアラブの王子さまですからねぇ~…芳人の諦める気持ちも分かるんですけどね。

今回は横浜で展覧会が開催されるという話から物語は進んでいきます。このお話は続編ですので、芳人に絡んできそうな人物も登場、、、するんですとは言い難し!(笑) いつもだったら、ここは芳人にちょっかいを出してくる軽そうな(でも仕事はデキるんです。キリッ)男が登場してアラブさま大激怒!そしてすれ違い…となるんでしょうが、芳人が未だ過去を彷徨っている最中なので、ちょっかい役もおいそれとは出づらいようでして。『むむむ、こやつは…』という男は登場することはするんですけれども、見せ場もなくフェードアウトしていきました。まぁ読んでいる方も「ヤメテ、今は本当にそっとしておいてちょうだい…」と手に汗握りながらも生暖かくナイジェルと芳人の行方を見守っている方が重要だったので、大して出張ってこなくて本当によかったですというのが本音(笑)。

仕事に恋に、そして国の未来までも背負っているんですもの、多少の蛇行運転は許してあげましょう!という気持ちになってしまうのが、このふたりの持っている魅力なのかもしれません。いつもだったら絶対イライラっとしているはずなのに、何故かハラハラの方が勝ってしまうという。そして一歩進んでも五歩くらい戻っているのは絶対に気のせいなのです(笑)。
今後も一波乱も二波乱もありそうな人生が待っていそうな彼らですが、ノロノロとマイペースで進んでいってください。私の神経がすり切れる前には心配事がなくなりますように…。

前作と大幅に異なっている点はズバリ!ふたりがラブラブしているシーンがたくさん入っているということ!未来がモヤモヤしっぱなしのふたりなので、ラブシーンを読んでいると癒されます…。(それっていいの!?と思うような気もするんですが(笑)

■コメント
続編が書けそうな雰囲気なんですよねぇ…(例の男で)。そうなるとやはり『熱砂』シリーズなのかしら?
・・・うん、熱砂でも別にいいんだけれどもさ(笑)

■今までのアラブ・フェア本はこちら。→BLアラブもの小説全部読むよ! ~アラブ・フェア開催中~
 
[タグ : アラブ 佐々木禎子 佐々木久美子 ]
■カテゴリ : アラブ・フェア
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
プロフィール画像
Author:4da
漢気溢るる管理人。
ガチっとムチっとがモットーです。

【コメントへの返信について】
拍手コメントは記事のコメントにて、メルフォについてはその月の[気になる]記事のコメントにて返信しています。

にほんブログ村 BLブログ BL小説読書感想へ にほんブログ村 BLブログ BL漫画感想へ

サイト内検索



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。