Yes!腐漢ライブラリー

濃いめのBL漫画やBL小説などの感想を色々と。ガチッとムチっとが大好物な大人向けです。(+BLアラブもの小説読破中)

スポンサーサイト

[ --/--/-- --:-- ] TB(-) | CM(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ : ]
■カテゴリ : スポンサー広告

砂漠の王は龍を抱く(愁堂れな)-アラブもの小説(005)

[ 2007/10/22 23:54 ] TB(0) | CM(0)
灼熱のアラブ100 ~アラブ・フェア開催中~

BLアラブもの小説(砂漠もの)5冊目。

4冊目までは全て文庫だったので、ちょっと気分を変えて新書 de アラブを購入してみました。(脳内:文庫=砂糖、新書=唐辛子)
そして同時に購入したアラブ本のタイトルには鷹の文字が……無意識って恐ろしいですね。(龍と鷹って…単純な子!)

内容は「アラブ×ヤクザ」。しかも「金髪碧眼アラブ×刺青ヤクザ」ですってよ!
読み始めは「メインディッデュを掛け合わせてしまって大丈夫なの?」と心配しましたが、全然お代わりできそうです。むしろ最初から大盛りでお願いします。(せっかくの新書なんだから、最低2段組で発行して下さい。)

しかしというか、案の定というか、「本日のおすすめ」が2品も入っているせいでしょうか。
以下、「美味しかった~」という感想のみ。まったくもって纏まりのない記事になっています。

話は変わりますが、自分の中で最先端のヤクザものと言えば「獣-ケダモノ。随分とアレな所で立ち往生中。

[新装版]砂漠の王は龍を抱く(愁堂れな)-アラブもの小説(005.5)

砂漠の王は龍を抱く
愁堂 れな
4896017188

■砂漠の王は龍を抱く
著者:愁堂れな
イラスト:ライトグラフII
出版社:ムービック(ゲンキノベルズ)
装丁:新書
発行日:2005.10.31
ジャンル:現代(日本)
攻:第1王子
受:ヤクザ(昇り龍の刺青入り)
収録:「砂漠の王は龍を抱く」

-あらすじ-
銃で撃たれ傷を負ったヤクザの氷室は、アラブの王族である金髪碧眼の美青年・ユリウスに助けられる。手負いの獣のように警戒する氷室は、ユリウスから逃げ出そうとするが…。


▼▼▼ …「砂漠の王は龍を抱く」の感想を読む
 
■アラブさまチェック!
 アラブ小国の第1王子(かなり訳アリ)
 石油でザックザクのお金で豪遊
 金髪碧眼
 高い鼻梁、形のいい唇、小さめの顔
 身長180センチオーバー
 7ヶ国語を操る
 
デマシタ!「ギリシャ彫像のような…」
はいはい、美男子、美男子(笑)。

素朴な疑問その1。
アラブものに頻繁に登場する「ギリシャ彫像」な王子様。
具体的に「ギリシャ彫像の美男子」とはどの作品なんですか?
(モノの例えだって分かってますけど)
美術に疎いからなのか、感覚がぶれているからなのか、今一ピンと来ないのが残念です。

■感想
「やっぱりヤクザはいいねぇ」という話に流れるかと思いきや、この物語最大のポイントは

 『場所移動が圧倒的に少ない』

これに尽きるかと。
色々詰め込みすぎていない所がいいです。大変読みやすい作品でした。

アラブの王子様がお遊びで来日中という設定ですので、ややこしいアラブの情景などの説明は一切なし。氷室が銃創を負っているということもあり、話の大半はホテルの部屋内で進んでいきます。
まぁ、お約束の「脱走・誘拐」も盛り込まれていますが、ホテル外のシーンはこの2箇所のみですかね。(しかも早々に方が付いてホテルに直行)
王子様ですので、用がある人(暗殺者含む)は向こうから出向いて来るのです。
さすがアラブ!

ホテルの部屋で攻と受がやる事といえば1つしかありませんが(笑)、そんな単調になりがちなホテル内の出来事にもアクセントが。
ユリウスがフランスで拾ってきたという、世話係の日本人青年・亮次。
『俺様ご主人に仕方なく付き添う庶民』という構図…
どこかで。。。
(榎木津に振り回される和寅って所ですかね。分かる人だけニヤリとして下さい。)

この亮次が何気に良い味を出しています。とぼけていそうで実は策略家っぽかったり…
(そこはきっちりユリウスに見抜かれていますが)
※亮次が絡んで3Pとかにはなりません。

そして、肝心かなめの「アラブ×ヤクザ」ですが。
氷室がユリウスに懐いていく過程を楽しむお話かと。手負いの獣というより、雨に濡れた子猫っぽい…です。可愛いなぁ~
「やめろ、俺に触るなっ!(シャーーー!!)」※勝手に効果音
効果音と共に、毛を逆立てている耳と尻尾が脳内再生されました。そしてユリウスにいい子、いい子されてすっかり懐いてしまう氷室猫でした。

Hシーンは結構な回数。
手負い&懐かないということもあり、強引に事を進めるユリウスですが、そこは手練手管にたけた手腕を発揮。最後にはいつも氷室を鳴かせます。
氷室も兄貴分と別の契りを結んでいた模様で、嫌がっても身体は反応していました。
挿絵氏が「ライトグラフII」ということで、イラストはかなりのモノを期待してしまったのですが、まぁ。なんだか普通でした…
「また勝手に期待しすぎたんですかぁ?」の巻…(笑)

■コメント
ユリウスは、私が求める攻アラブにもう一歩っ!

親の財で世界中を豪遊している部分(←理由はありますけど)や、死にそうな氷室に手を出しちゃう(←普通絶対死んじゃうので真似しないでね)とか最高でした。
また、攫われた氷室を助け出すために日本の機動隊を要請するなんて、「やっぱりアラブだわ………。ステキっ!」と心踊りました(笑)。
ただ今回も「いいひと」でしたねぇ。
暴君攻が読みたい今日この頃。

あとは蛇足みたいな物ですが、少々気になった点を。
『アラブ服・機動隊』など、大雑把な枠組みで片付けてしまう箇所がちらほら見受けられました。

 「アラブの服を着てみるか?」

うーん。難しい所ですよね。
正式名称を書かれても困ると言えば困る。(でも雰囲気は味わいたい)
ニュアンスさえ伝わればオッケーじゃね?と思ったりも。

ちょっと齧った程度の知識があるばかりに、「機動隊ってアバウトすぎだろ(笑)」と突っ込みを入れたくなったりしてしまいます。僕の悪い癖。

■今までのアラブ・フェア本はこちら。→BLアラブもの小説全部読むよ! ~アラブ・フェア開催中~
 
[タグ : アラブ 愁堂れな ライトグラフII 裏社会 ]
■カテゴリ : アラブ・フェア
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
プロフィール画像
Author:4da
漢気溢るる管理人。
ガチっとムチっとがモットーです。

【コメントへの返信について】
拍手コメントは記事のコメントにて、メルフォについてはその月の[気になる]記事のコメントにて返信しています。

にほんブログ村 BLブログ BL小説読書感想へ にほんブログ村 BLブログ BL漫画感想へ

サイト内検索



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。