Yes!腐漢ライブラリー

濃いめのBL漫画やBL小説などの感想を色々と。ガチッとムチっとが大好物な大人向けです。(+BLアラブもの小説読破中)

冷たい砂に永遠に咲け(水月真兎)-アラブもの小説(120)

[ 2010/10/21 00:00 ] TB(0) | CM(0)
灼熱のアラブ100 ~アラブ・フェア開催中~

BLアラブもの小説(砂漠もの)120冊目。

冷たい砂シリーズ第5弾で最終話!
・・・なのにスッキリしないんですけど!!(笑)
「あまりにもとんがりすぎてソコは丸まらなかったのね…」っていうのはよーく分かるんですけど、続編というか行方が気になるラストでした。でもサイコー!

■冷たい砂シリーズ
 1作目:冷たい砂の虜囚-アラブもの小説(055)
 2作目:冷たい砂は薔薇を抱く-アラブもの小説(065)
 3作目:冷たい砂を濡らす夜-アラブもの小説(118)
 4作目:冷たい砂に堕ちる星-アラブもの小説(119)
 5作目:冷たい砂に永遠に咲け-アラブもの小説(120)

冷たい砂に永遠に咲け
水月 真兎
4434071777

■冷たい砂に永遠に咲け
著者:水月真兎
イラスト:DUO BRAND.
出版社:リーフ出版(リーフノベルズ)
装丁:新書
発行日:2006.05.02
ジャンル:現代 中東某国
攻:中東某国の王族 36歳
受:元SAT隊員 28歳
収録:「冷たい砂に永遠に咲け」

-あらすじ-
テロの脅威が増す中、より深く互いを求め合う中東某国の王太子・シンと護衛兼恋人の佳威。テロ組織“アル=シャーヒーン”を率いる元王族・アリーの過去を追った先で、シンの出生に関わる王家の真実に行き着くが…。復讐のため姿を現したアリーを前に、二人は彼との決戦を決意する。-愛する者をこの手で護るために…!!「冷たい砂」シリーズついに完結!!-砂の褥に囚われし、愛の行方。


▼▼▼ …「冷たい砂に永遠に咲け」の感想を読む
 
■アラブさまチェック!
 1作目と同じなので割愛。

■感想
冷たい砂シリーズ完結編!これまで謎だった部分が一気に解けていくついでに、実は佳威は良家のお坊ちゃまだったということが軽ーく判明したりで少しショックでした。なんだよ、プリンス同士のカップルなんじゃんよー(笑)。
長らくじらされたシンの出生の秘密がようやく明かされました。やっぱりどう考えてもアリー元王太子が実父でした。彼がなぜ王家を飛び出したのかという動機は理解できても、テロリストになった理由はいまいちピンとこなかったなぁ…。婚約者を守れなかった自分、ひいては王家そのものをぶち壊したいという気持ちは分かるんですけど、それならば長い期間テロ活動などせずに「その時」に行動を起こしていたのでは?と思ってしまいました。アリーは実際に行動できでしまう人物なので余計にそう思います。まぁそれだけ辛く悲しい事件で心が歪んでしまったんだろうなぁと。アリーと弟のサイード(現王)、この親父世代の過去話は実に面白そうで、妄想しただけで涎が垂れてきます。っていうか、今回サイードが佳威に対してアリーへの思いを告白するシーンだけでご飯三杯いけます。『兄貴は憎い、けどそれ以上に愛していた(意訳)』なんてもう…。おかわりだね!

内容はラストらしくテロとの激しいバトルがあり、佳威とシンの絆がより一層深まる展開が目白押し。銃撃戦で佳威がかなりの重症を負い、あのシンが弱気になりながら佳威に迫るシーンが印象的でした。「そんな怪我してるのにエッチするんだ…」ってね(笑)。

テロリスト(=アリー)との戦いは終止符が打たれましたが、「ひとまず」なんですよねぇ~。アリーは佳威との直接対決で撃たれて海に沈んだらしい。「らしい」という部分がポイントです。これはバリバリ生存フラグが立ちまくりですよね!今回の事件でシンやサイードの中ではひとまずの決着は付いたのかもしれませんが、(生きているとすれば)アリー自身は未だ過去を引きずっているはず。テロリストの結末といったら「死」しか考えつかないのですが、橘さんの灼熱シリーズに登場するアスーラ(元皇子でテロリスト)は、何やかんやで丸く収まったという事例もあることなので、幸せとまではいかなくても平穏に過ごせるようになってほしいなぁと切に願います。

・・・と、アリーへの暑すぎる想いでシリーズ最後の感想を締めくくってしまいました!
シンも現段階で私の『ベスト・オブ・アラブ攻さま』であるブルーデザート(火崎勇)-アラブもの小説(100)のマージドに匹敵するかっこよさでありましたが、まさか自分のオヤジたちが最大のライバルになるとは夢にも思わなかったことでしょう…(笑)。おそらく今後はシンの甥っ子・ミシュアルが王位を継ぐんじゃないかと勝手に予想しているので、ミシュアルが成人した頃のお話に登場するシンを拝んでみたいです。その頃は当然『トップ・オブ・アラブ攻さま』になっているはずです。佳威は、、、考えただけでも頭が沸騰しそうな成長率を見せてつけてくれるんじゃないかな?(おそらく進化していると思うよ…)

■コメント
主人公の佳威がSATということで、同じくSATの主人公・美晴が活躍する秋月さんの要人警護シリーズと比べてみましょう。なぜならば、私がSATものが大好きなだからです。

まずは「要人警護シリーズ」。タイトル通り、要人を警護しているお話なので必然的にアクションやバトルシーンが多めです。というかほぼ戦闘シーンの連続でトンパチやってます。SAT・SPものが好きな人ならたまらない内容ですが、その分ロマンスシーンが数ページのみという悲しい具合。
そして「冷たい砂シリーズ」。佳威がシンの護衛を務めるという形に設定上なっていますが、シン自身がかなりの腕を持っていますし、佳威が護衛と兼務している「シンの恋人」という部分が全面的に押し出されているので、佳威が元SATの技を披露するシーンは少なめ。その分2人のラブシーンは多く入っております。

両者どちらも大好きなシリーズですが、どちらも少々物足りないと思ってしまうのは欲張りすぎですか!?要人警護はもっとラブを!(それ以前にアラブ攻さまとカップルになってないんですが…)、冷たい砂はもっとバトルを!ラブとバトルのバランスはこれでキッチリと釣り合っているんだろうなと分かっていつつも、ないものねだりをしてしまう私でした。

要人警護(秋月こお)-アラブもの小説(001)

---
ここからはまったくの余談。
ロードス島戦記のアシュラム(とピロテース)が別シリーズのクリスタニアで名前を変えて活躍するという事例もあるので、姉妹作としてどうでしょうか!?
しつこいまでのアリー(が生きている前提での)話でした。。。

 ロードス島戦記 - Wikipedia
 クリスタニア - Wikipedia

■今までのアラブ・フェア本はこちら。→BLアラブもの小説全部読むよ! ~アラブ・フェア開催中~
 
[タグ : アラブ 水月真兎 DUO_BRAND. SAT ]
■カテゴリ : アラブ・フェア
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
プロフィール画像
Author:4da
漢気溢るる管理人。
ガチっとムチっとがモットーです。

【コメントへの返信について】
拍手コメントは記事のコメントにて、メルフォについてはその月の[気になる]記事のコメントにて返信しています。

にほんブログ村 BLブログ BL小説読書感想へ にほんブログ村 BLブログ BL漫画感想へ

サイト内検索