Yes!腐漢ライブラリー

濃いめのBL漫画やBL小説などの感想を色々と。ガチッとムチっとが大好物な大人向けです。(+BLアラブもの小説読破中)

愛の魔法(吉田珠姫)-アラブもの小説(116)

[ 2010/10/05 00:00 ] TB(0) | CM(0)
灼熱のアラブ100 ~アラブ・フェア開催中~

BLアラブもの小説(砂漠もの)116冊目。

砂漠のアラビアン・ラブ★恋の呪文-アラブもの小説(031)の続編です。
アラブものにはめずらしくファンタジー作品で、ハイテンション・ラブコメは今日も健在です。あれ?ラブ…ラブコメなのです。

そういえば2010年11月に神官シリーズの最新作がドラマCD付きで発売されますねー!『神官は王を悩ませる』。羅剛もちっとは悩めばいいのですよ(笑)。

愛の魔法
吉田 珠姫
4877249559

■愛の魔法
著者:吉田珠姫
イラスト:ホームラン・拳
出版社:海王社(ガッシュ文庫)
装丁:文庫
発行日:2008.12.10
ジャンル:ファンタジー
攻:魔物退治のハンター
受:半分魔物の血を引いた少年(でも17歳です!)
収録:「愛の魔法」

-あらすじ-
砂漠に住むアリーは、実は魔物の血を引いていた!チビでやんちゃなアリーが変身すると、エッチで妖艶な美少年になるのだけど、そのことは恋人のシンには秘密。シンは魔物を退治する「魔狩り」だからだ。秘密はあるものの、シンと相思相愛になり、これからめくるめく愛の日々…と思いきや、ある日シンはアリーに内緒で旅に出てしまった!愛されてるって思ったのは、気のせい…?せめて理由を聞きたいと必死で探したところ、「もう二度と俺の前に姿を見せるな」と言われてしまって-。


▼▼▼ …「愛の魔法」の感想を読む
 
■アラブさまチェック!
 前回同様のため割愛。

■感想
『テンション上げるの辛いよ!』

突然セリフが拡大変換されるのは前作からの流れで良しとしまして、アリーの使役獣のロムラム(直立黒豹)とリーリア(ドラゴン)がとにかく喋る。ひたすら喋りまくるんです。「バカでかいオカマ男2人(本文ママ)」がご主人さまのアリーを叱咤激励しながら突然姿を消した恋人のシンを探しに行くんですね~、もう五月蠅いに決まってます!

アラブものに限らず、BL小説でコメディー作品はあまりお目に掛かる機会が少ないためか、笑いの波に乗るまでが大変でした。乗ってしまえばあとはゲラゲラ言いながら読み進めるんですが、その波に乗れない場合は非常に辛い作品かもしれませんね…。『…このゴタゴタは、作者の情報ペーパーに書いてあります…』そんなこと本文に書かれてもさぁ………なんて考えたら負けなのです!(笑)

確かにラブコメ作品なのですが、締めるところはギュッと締めております。何故シンがアリーの元を去り、再会後も辛辣な言葉を投げつけるのかという理由についてはきちんと筋が通っていますし、それに対してファンタジーらしい解決方法を採っているので違和感は感じませんでした。難しげな突っ込みを考えずに気楽に楽しく読めるファンタジーなアラブもの作品だと思います。



■コメント
おねえコンビのロムラムとリーリアの掛け合い合戦が最高でした。特にシンに対してキレるシーンは大爆笑もんです。

 -本文50・51ページより-
 『・・・この地方の「攻め」は、「受け」に猛烈な一目惚れをして、嫌がられようとなんだろうと追いかけまわして、強引に、力ずくで誘拐して、手足を縛ったりなんかして監禁、そしてその後、昼夜関係なしに犯しまくる、それで身体から惚れさせる、…っていうのが、正しい姿なんでございますよ! それが理想なんでございますっ

 『そうそうそう! 強引で傲慢が、アラブの「攻め」の基本条件よ! それを、・・・

おねえさまのいうことはいつもただしいのです。それがアラブもの!(笑)

■今までのアラブ・フェア本はこちら。→BLアラブもの小説全部読むよ! ~アラブ・フェア開催中~
 
[タグ : アラブ 吉田珠姫 ホームラン・拳 鳥獣 ]
■カテゴリ : アラブ・フェア
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
プロフィール画像
Author:4da
漢気溢るる管理人。
ガチっとムチっとがモットーです。

【コメントへの返信について】
拍手コメントは記事のコメントにて、メルフォについてはその月の[気になる]記事のコメントにて返信しています。

にほんブログ村 BLブログ BL小説読書感想へ にほんブログ村 BLブログ BL漫画感想へ

サイト内検索