Yes!腐漢ライブラリー

濃いめのBL漫画やBL小説などの感想を色々と。ガチッとムチっとが大好物な大人向けです。(+BLアラブもの小説読破中)

船上のアラビアンナイト2(松幸かほ)-アラブもの小説(114)

[ 2010/09/25 00:00 ] TB(0) | CM(0)
灼熱のアラブ100 ~アラブ・フェア開催中~

アラブもの小説(砂漠もの)114冊目。

船上のアラビアンナイト(松幸かほ)-アラブもの小説(080)の続編。
素晴らしいことに「タイトル」を裏切らない内容で、ほぼ『船上』でことが運びます。
アラブものなのに舞台は船上。
”いいんです。” って、113と同じセリフだな…

1作目:船上のアラビアンナイト-アラブもの小説(080)
2作目:船上のアラビアンナイト2-アラブもの小説(114)
3作目: 船上のアラビアンナイト3-アラブもの小説(115)

船上のアラビアンナイト(2)
松幸 かほ
477810062X

■船上のアラビアンナイト2
著者:松幸かほ
イラスト:果桃なばこ
出版社:心交社(ショコラノベルス・ハイパー)
装丁:新書
発行:2004.11.20
ジャンル:現代 豪華客船
攻:第4王子 28歳
受:獣医 25歳
収録:「船上の仮面舞踏会」「船上の誕生日」

-あらすじ-
超絶美形のアラブの王子・ラシードと、晴れて恋人同士になった獣医の神宮寺和希。体調を崩し、牧場主から休暇を言い渡された和希は、ラシード所有の豪華客船『フレイヤ』に乗船した。しかし、ラシードのいない隙にラシードの母親・イングリッドに船から連れ出され、なぜか女の子の格好で社交界デビューをさせられてしまった!和希と母親が一緒なことを危惧して遅れてパーティーに現れたラシードだったが、ドレス姿の和希は可愛くて…。絶好調アラビアン・ラブ。激甘ラブな第2弾!!


▼▼▼ …「船上のアラビアンナイト2」の感想を読む
 
■アラブさまチェック!
 前作同様のため省略。

■感想
前作から約半年後。恋人になったラシードと和希ですが、豪華客船「フレイヤ」で終始イチャついている訳ではなく、それぞれに自分の居場所で仕事中。和希はイギリスで競走馬の飼育、ラシードは…フレイヤで何やら難しい仕事をしている模様です。

アラブものの続編というと、アラブさまが受を束縛して2人の仲がこじれる…という展開が多いのですが、ラシードさまは融通が効くといいますか大人なアラブさまですねぇ。前作でも和希を拉致したくせにきちんと「告白」してから手を出しましたし。紳士的ってことですね。
ただ、非常に和希のことが心配だという部分は他のアラブさまと同様らしく、日に十通以上のメールを送ってきます。その分早く仕事をしてください!とお思いになるかもしれませんが、何でも華麗にこなすスーパーアラブさまなのでご心配には及びません。

「船上の仮面舞踏会」では、飼育している馬の死を経験した和希は体調を崩し、雇い主から強制的に休養を言い渡され、ラシードのいるフレイヤへとやってきます。しかし仕事でどうしても船を降りなければならなくなったラシードは、体調の戻らない和希を残して下船。そこへ入れ替わりでラシードの母親がやってきて、落ち込んでいる和希を強引にパリへと連れていき…。

パリでのシーンで当て馬男が登場しますが、当て馬にならないほどラシードと和希のラブラブっぷりが見事です。前回に輪をかけてプレイの幅が広がっております(笑)。女装したままエッチを始めたり、立ったままとか目隠しとか・・・。このシリーズではお約束の突発的な事件に頼らず、2人の関係性に重きを置いている部分が面白い。今回も自分の抱えている問題を言い出さない和希を、時に優しく、時には強引に引っ張っていくラシードのかっこよさが光っていました。

「船上の誕生日」ではラシードの誕生日をこっそりお祝いしたい和希が、突然フレイヤへとやってきます。そこにはなんとラシードの弟が来ていて…。
ちょっとしたラシードさまの悪戯心発動中。やっぱり馬並み王子!(笑)

■コメント
すっかり存在を忘れていたホワイトタイガーの白雪(ラシードが和希にプレゼントしました)。いつもはラシードの別荘で暮らしていて、和希がフレイヤに乗船するときには連れてくるみたいです。
船の中では放し飼いなのかしら?和希には慣れているということですが、いくら白くても虎は虎ですから・・・羨ましい。

■今までのアラブ・フェア本はこちら。→BLアラブもの小説全部読むよ! ~アラブ・フェア開催中~
 
[タグ : アラブ 松幸かほ 果桃なばこ ]
■カテゴリ : アラブ・フェア
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
プロフィール画像
Author:4da
漢気溢るる管理人。
ガチっとムチっとがモットーです。

【コメントへの返信について】
拍手コメントは記事のコメントにて、メルフォについてはその月の[気になる]記事のコメントにて返信しています。

にほんブログ村 BLブログ BL小説読書感想へ にほんブログ村 BLブログ BL漫画感想へ

サイト内検索