Yes!腐漢ライブラリー

濃いめのBL漫画やBL小説などの感想を色々と。ガチッとムチっとが大好物な大人向けです。(+BLアラブもの小説読破中)

ベッドの下の秘密-水上シン

[ 2010/09/13 00:01 ] TB(0) | CM(2)
鋼鉄の大天使シリーズ第4弾!

私の驚喜、いや狂喜を誰に伝えればいいのでしょうか~!(そんな人いませんけど…)
『堕天使に捧げる詩』で登場したロスナー大佐のお兄様、隻眼のルシフェルさま本ですって!?
いやぁぁぁぁあぁ・・・

1作目:鋼鉄の大天使
2作目:堕天使に捧げる詩
3作目:童貞最前線

ベッドの下の秘密
水上シン
4832287052

■ベッドの下の秘密
著者:水上シン
出版社:芳文社(花音コミックス)

-あらすじ-
司令官ロスナー大佐×ハンスをはじめ、男男カップルで溢れる国境防衛軍本部v お熱い恋の相手は、砂漠を越えてやってきた誇り高き親衛隊長、生真面目で頑張り屋の見習い士官、遠い異国から潜入したスパイ…etc.。男たちの美貌が招き寄せる官能の饗宴は終わらないv ロスナー大佐の双子の兄・ルシフェル将軍と教育係・ベルガーの禁断愛もたっぷり収録v ストイックな制服に萌えちゃう大人気「大天使」シリーズ最新刊!!


▼▼▼ …「ベッドの下の秘密」の感想を読む
 
■感想
※いつものロスナー大佐(ミハエル)とルシフェルさまは名前が一緒(ロスナー)なので、ミハエルのロスナーの場合は「ロスナー大佐」で通します。ん?混乱しますか?私も混乱しております…だってルシフェルさまの過去話だと「ロスナー大佐」になってしまうんですもの。

●フェイク
現在進行形の隻眼ルシフェル将軍のお話。街にいる噂の男娼に興味を持ったご様子。容姿が弟のミハエル(=ロスナー大佐)にそっくりということで出掛けますが…。

まず現実にはお目にかかれない「ルシフェル×ロスナー(見た目だけね)」の絡みがサイコーです双子ですよ!そしてルシフェルさまカッコ良すぎ!名前負けしてないオーラが半端ねぇ~(笑)。16ページと短編なので、内容的にも絡み的にも、かーなーり物足りないのですが、今後に期待。ちなみに男娼の名前が…。いや、そんな組み合わせってば大好物ですけど。ロスナー大佐も「ミハエル」ですしね。

●ベッドの下の秘密
童貞最前線の『我が愛しき亡命者』の続編。バレバレのスパイとして活動しているシェパードと、そんな彼が大好きなレナードのお話。最初からテンポよく笑わせてくれますが、最後はグッと締めてくれました。
でもそれでいいのか、シェパード!(笑)

●愛に背く者
若かりし「ルシフェル大佐」の頃のお話(ちなみに『堕天使に捧げる詩』では将軍でした)。まだ右目も健在でロスナー大佐のように若い子に手を出しまくりの日々だった模様です。。。はっちゃけてるなぁ~
父親から付けられた養育係のベルガーがうっとうしくてたまらないルシフェル様。ですが本当のところは…。

うううぅ…。この話を読んでから再度『堕天使に捧げる詩』を読むとまた込み上げてくるものがあります。まぁ『堕天使に~』のルシフェルさまは最後格好悪く撃沈なされてますけどね(笑)。

●愛の聖戦
おもわずうっとりした「金瓶梅・奇伝 炎のくちづけ」を思い出しました。褐色肌サイコー!内戦中の国から支援を求めてやってきた若者とロスナーの部下であるオスカーのお話。オチが素晴らしかったです。でもこんなことが続くとロスナー大佐が率いる軍は弱くなる一方な気がします。が、そこは愛で乗り切るのです!

●こんなにも恋はみじめで
大尉×見習い士官のお話。見習いなのでハンスくらい若い子です。このお話では「めずらしく」ロスナー大佐が良い行いをしています。びっくりです、銃弾が降ってきそうです!(笑)いや、本人は憂さ晴らしのつもりですけど。結果オーライってことで。

●仮面舞踏会
ルシフェルさまの超若かりし頃。ベルガーが養育係として付いたころのお話。ルシフェルさまは若い頃から超小難しいヤツだった模様です(笑)。怪しげな男爵の仮面舞踏会に誘われたルシフェルを何としても止めたいベルガーですが、けんもほろろにやり返されてしまいます。ノコノコと会場に足を運んだルシフェルですが、そこではサバトが開かれていて…。

現在のルシフェルさまの面影がまったく見えないほど可愛いルシフェルさまが拝めます。「ベルガーのバカバカ!」とか超かわいい~

●刹那の一夜
描き下ろしのベルガー×ルシフェル。
私にはベル●らのラスト直前、オ●カルとアン●レの美しい絡みのシーンが見えた!あれは思い出すだけで泣けるね。というわけで美しくも儚いシーンでした。

■コメント
もはや大天使シリーズを読んでいないとさっぱりついて行けない…かもしれませんが、そこはルシフェルさまの魅力でなんとかなります。この本からでも読むべし。

夢にまで見たルシフェルさまのお話がたくさん読めて幸せでした。隻眼になった秘密は想像通り悲しい出来事でしたが、『フェイク』で幸せになった…と捉えてもよろしいのでしょうか?うーん、一筋縄ではいかなそうだと睨んでいるのですが…

夢が実現してしまうと、次は何を期待して生きていけばいいのか分からず辛いです…。
次は誰だ。誰の番だ!(笑)
 
[タグ : ]
■カテゴリ : 水上シン
わたしもこのシリーズ大好きなんです(笑)
ええ・・・同人誌を買ってしまうくらいに・・・
[ 2010/09/13 21:31 ] [ 編集 ]
私もでございます!
なんでだろう…DNAに刻み込まれているのかしらって思うくらい大好きなんです。不思議。
[ 2010/09/14 22:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
プロフィール画像
Author:4da
漢気溢るる管理人。
ガチっとムチっとがモットーです。

【コメントへの返信について】
拍手コメントは記事のコメントにて、メルフォについてはその月の[気になる]記事のコメントにて返信しています。

にほんブログ村 BLブログ BL小説読書感想へ にほんブログ村 BLブログ BL漫画感想へ

サイト内検索