Yes!腐漢ライブラリー

濃いめのBL漫画やBL小説などの感想を色々と。ガチッとムチっとが大好物な大人向けです。(+BLアラブもの小説読破中)

スポンサーサイト

[ --/--/-- --:-- ] TB(-) | CM(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ : ]
■カテゴリ : スポンサー広告

砂漠の夜に見える月(いとう由貴)-アラブもの小説(112)

[ 2010/09/20 00:00 ] TB(0) | CM(0)
灼熱のアラブ100 ~アラブ・フェア開催中~

BLアラブもの小説(砂漠もの)112冊目。

いとうさんの砂漠シリーズ6作目で最終話!
表紙を見るとまるで盗賊頭のような風貌ですが、れっきとした王子さまでございます。しかもやさぐれ具合が半端ない王子さまでした!アマテラスなのか、君は…。

□砂漠シリーズ
 1作目:月と砂漠の眠る夜-アラブもの小説(058)
 2作目:砂漠の月に抱かれて-アラブもの小説(067)
 3作目:砂漠に咲く花-アラブもの小説(103)
 4作目:砂漠に舞う蝶-アラブもの小説(110)
 5作目:砂漠の真珠-アラブもの小説(111)
 6作目:砂漠の夜に見える月-アラブもの小説(112)

砂漠の夜に見える月
いとう 由貴
4778104404

■砂漠の夜に見える月
著者:いとう由貴
イラスト:せら
出版社:心交社(ショコラノベルスハイパー)
装丁:新書
発行日:2007.08.20
ジャンル:現代 アルディビル王国
攻:王族 ?歳
受:高校2年生 17歳
収録:「砂漠の夜に見える月」

-あらすじ-
中東アルディビル王国に旅行にきた高校生の奈々原昂は、砂嵐に遭い目覚めるとオアシスに建つ巨大な館に目隠しと手足を拘束されて、監禁されていた。そして、ザフィールと名乗る男に無理やり抱かれ、さらに抱き人形として仕えるようにと命令されてしまう。しかしザフィールの愛撫は、言葉とは裏腹に優しく甘く情熱的に昂を蕩けさせる。せめて顔を見たい。いつしか昂は、ザフィールが自分に姿を見せない理由やその姿に興味が湧き始め―。絢爛豪華ないとう由貴のデザート・ロマンス。


▼▼▼ …「砂漠の夜に見える月」の感想を読む
 
■アラブさまチェック!
 顔の左半分に酷い傷があり、瞳の色が紫紺で髪は金茶色。容姿から悪魔と呼ばれています。現王の甥っ子。

■感想
両親から不義の子として邪険に扱われてきた王子さまが一目惚れした日本人を砂漠で拾いましたというお話です。
砂漠ツアー中に砂嵐に巻き込まれ、行き倒れ寸前の昂を拾ったザフィール。そのまま砂漠のオアシスにある自分の屋敷へと連れ帰り、自分だけの抱き人形・性奴として扱い始めます。四六時中、昂を弄ぶザフィール…ではなく、昂を抱くのは必ず夜、しかも昂には目隠しを必ずしてという念の入れよう。ザフィールの姿は決してみてはいけないそうです。

監禁ものなので、昂がハンストしたり逃げ出した後に濃厚なお仕置きというセオリー通りの展開なのですが、なんせ目隠しHですから。お仕置きと称して庭の木に昂が全裸で吊されたシーンには「良くやった!」と思わず声が出てしまいました(笑)。今まで数々のお仕置きを見てきましたが、木に吊された受を見たのは…アラブもの以外ではあったけど久々です。
ちなみに私は木には吊されませんでしたが、ママンに簀巻きにされて納戸に閉じ込められた経験があります。悔しいのでそのままふて寝してやりましたけど。どえらく悪さをしたんでしょうねぇ~さっぱり覚えてませんけど(笑

酷い仕打ちを受けている昂ですが、一度も顔を見たことがないザフィールが気になってしかたなくなり、ついには強行突破して昼間のザフィールに合ってしまいます。そこには顔にむごい傷がある美形の男が立っており…。顔を見られたザフィールはすぐさま昂を日本大使館に返してしまいます。いやに呆気ないなぁと思ったら、ここからが昂のターン!つてを辿って2作目に登場したナーディル殿下にザフィールに会わせてくれと直訴します。昂ったら強気で攻める受っこだったんですねぇ~

ナーディルに連れられてザフィールの屋敷に戻った昂ですがザフィールが頑として昂を拒み、なんと5日間も中に入れて貰えませんでした。前述しましたが、君は天岩戸の天照大御神かと。このお話では昂が屋敷の前で踊ったりはせず、飲まず食わずで粘って倒れたところで屋敷の扉が開きました。めでたしめでたし。

ではなく!なんと最後はザフィールも日本へやってきて、両親公認で昂とラブラブしましたとさ。

それにしても「あれ?もう終わりなの!?」という唐突な最終話でした。6作といっても連作ではないですし、話の繋がりも多少あったりなかったりな程度(3,4作目はガッツリですが)なのでこんなもんなのかなぁ。橘さんの灼熱シリーズが大団円すぎだったのかしら?

■コメント
砂漠ツアーで迷子になったのは囚われた砂の天使(上原ありあ)-アラブもの小説(046)。まぁこちらは突発的ではなく偶発的な事故でしたが。

砂漠の夜に見える月 (ショコラ文庫)
いとう 由貴
4778111389
ショコラ文庫版。

■今までのアラブ・フェア本はこちら。→BLアラブもの小説全部読むよ! ~アラブ・フェア開催中~
 
[タグ : アラブ いとう由貴 せら 遭難 ハンスト ]
■カテゴリ : アラブ・フェア
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
プロフィール画像
Author:4da
漢気溢るる管理人。
ガチっとムチっとがモットーです。

【コメントへの返信について】
拍手コメントは記事のコメントにて、メルフォについてはその月の[気になる]記事のコメントにて返信しています。

にほんブログ村 BLブログ BL小説読書感想へ にほんブログ村 BLブログ BL漫画感想へ

サイト内検索



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。