Yes!腐漢ライブラリー

濃いめのBL漫画やBL小説などの感想を色々と。ガチッとムチっとが大好物な大人向けです。(+BLアラブもの小説読破中)

砂漠の真珠(いとう由貴)-アラブもの小説(111)

[ 2010/09/19 00:00 ] TB(0) | CM(0)
灼熱のアラブ100 ~アラブ・フェア開催中~

BLアラブもの小説(砂漠もの)111冊目。

いとうさんの砂漠シリーズ5作目。
母親が王族の妾になり、自分も(形だけは)王族の仲間入りに…。という展開だと砂漠の淡雪(美郷ほのか)-アラブもの小説(093)に近いのかしら?
しかし今回は「形だけ」にもなれずに、お屋敷の使用人として働く可哀想なセーラ………じゃなくて日本人受の姿が。

□砂漠シリーズ
 1作目:月と砂漠の眠る夜-アラブもの小説(058)
 2作目:砂漠の月に抱かれて-アラブもの小説(067)
 3作目:砂漠に咲く花-アラブもの小説(103)
 4作目:砂漠に舞う蝶-アラブもの小説(110)
 5作目:砂漠の真珠-アラブもの小説(111)
 6作目:砂漠の夜に見える月-アラブもの小説(112)

砂漠の真珠
いとう 由貴
4778102940

■砂漠の真珠
著者:いとう由貴
イラスト:せら
出版社:心交社(ショコラノベルスハイパー)
装丁:新書
発行日:2005.01.20
ジャンル:現代 アルディビル王国
攻:王子 32歳
受:日本人 17歳
収録:「砂漠に咲く花」

-あらすじ-
母が王族の妾となり、アルディビル王国へ来た芳澤悠斗は、母の死後、酷い扱いを受けていた。難題を言いつけられ市場を彷徨っていた悠斗は、身なりのいい美形の男性ジャラールに声をかけられ、館の主人の情報と引き換えに悲惨な境遇から救ってもらう約束をする。密会を重ねるうちに悠斗は優しいジャラールに好意を抱き、またジャラールも健気な悠斗を愛するようになる。ある日、召使いに襲われそうになった悠斗は、ジャラールのもとへ逃げるが―。真摯な愛を捧げる少年と情熱を秘めた王子のラブ・フェアリーテール。


▼▼▼ …「砂漠の真珠」の感想を読む
 
■アラブさまチェック!
 アルディビル王国の第2王子。年齢よりも落ち着いた印象を受けるので、老成した雰囲気を醸し出しております。

■感想
6歳でアルディビル王国の王族の妾になった母親に連れられてやってきた悠斗。3年後には母親が死亡し、世間体も悪いので日本には返されずに、そのままお屋敷の使用人として食事もろくに与えられずにこき使われておいます。もう小公女セーラをテレビで観ているようで辛すぎ。セーラの場合は数少ないながらも助けてくれる仲間がいましたが、悠斗の場合はそんな人は誰もおらず、ただひたすら使用人仲間からも嫌がらせのような仕事を与えられ、ノルマをクリアできないと罰として食事抜きという生活を17歳になる現在まで続けています。

「うー、可哀想だよ~早く王子さま助けに来て!」と祈ったところで美形のジャラールさま登場。無理難題を押しつけられて市場を彷徨っている悠斗に声をかけ、手助けしてくれます。これで王子さまのお屋敷に連れていかれて一件落着!かと思いきや、働いている屋敷の情報を仕入れてくるように悠斗に指示します。優しくしてもらった悠斗は張り切って仕事をしますが、やがてそれが大きな騒動に…。

悠斗の母親と結婚した男・ハムダーンは王弟で、ジャラールの叔父にあたります。謀反を働こうとしているハムダーンのしっぽを掴むために悠斗を手駒として使うつもりだったジャラールですが、悠斗の可愛さにうっかり手をだしてしまいハマってしまいます。このあたりのジャラールの右往左往感が手に取るように見えるので、ついニヤニヤしてしまいました。ハムダーンの失脚後は悠斗とラブラブに…ならないのは王太子に逆らえないジャラールのジレンマが。そのまま悠斗とは離ればなれになり、逃走したハムダーンに捉えられた悠斗は、ジャラールを殺すように丸め込まれてしまうんですねー、アラブものっぽくて良いと思います。
最後は王太子に逆らってでも悠斗を幸せにすると誓うジャラールでした。

再三三度悠斗が汚されそうになりますが、そこは神のお導き!

■コメント
そろそろ橘さんの「灼熱シリーズ」と同じく相関図を作らないと大変なことに…。

砂漠の真珠 (ショコラ文庫)
4778111273
ショコラ文庫版。

■今までのアラブ・フェア本はこちら。→BLアラブもの小説全部読むよ! ~アラブ・フェア開催中~
 
[タグ : アラブ いとう由貴 せら ]
■カテゴリ : アラブ・フェア
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
プロフィール画像
Author:4da
漢気溢るる管理人。
ガチっとムチっとがモットーです。

【コメントへの返信について】
拍手コメントは記事のコメントにて、メルフォについてはその月の[気になる]記事のコメントにて返信しています。

にほんブログ村 BLブログ BL小説読書感想へ にほんブログ村 BLブログ BL漫画感想へ

サイト内検索