Yes!腐漢ライブラリー

濃いめのBL漫画やBL小説などの感想を色々と。ガチッとムチっとが大好物な大人向けです。(+BLアラブもの小説読破中)

砂嵐の燃ゆる抱擁(国武みらい)-アラブもの小説(091)

[ 2010/04/21 19:19 ] TB(0) | CM(0)
灼熱のアラブ100 ~アラブ・フェア開催中~

BLアラブもの小説(砂漠もの)91冊目。

眼鏡っ子の人には言えない悩みとは?

 『…あの最中に声が出ちゃうんです。。。』


Σ(゚Д゚)



砂嵐の燃ゆる抱擁
国武 みらい
4778104137

■砂嵐の燃ゆる抱擁
著者:国武みらい
イラスト:青柳佑海
出版社:心交社(ショコラノベルス・ハイパー)
装丁:新書
発行:2007.06.20
ジャンル:現代 パシュミタール王国
攻:謎の男→実は王子 28歳
受:宇宙技術研究者 24歳
収録:「砂嵐の燃ゆる抱擁」「砂嵐は王都へ誘う」

-あらすじ-
宇宙技術研究者の三枝史季は、ロケットエンジン開発のため、中東の国パシュミタールへと招かれた。そこで自分の技術を盗み悪用しようとする気配に気付きはじめる。そんな折、謎の男アブカーディによって連れ去られ、さらに何者かに命までも狙われる史季。必死に史季を守り、美しい瞳で熱く見つめるアブカーディに、自分をさらった男だと思いつつも史季の中の恋心は燃え上がってゆく。しかし、目的も正体も、何も語ろうとしないアブカーディに、史季の不安は大きくなるばかりで―。


▼▼▼ …「砂嵐の燃ゆる抱擁」の感想を読む
 
■アラブさまチェック!
 最初は謎の男として登場する中東にあるパシュミタール王国の第3王子。母親がアメリカ人のハーフです。高い鼻梁で青い瞳をお持ちの方です。

■感想
超エリート眼鏡っこ通称アイスドールの史季は、自由にロケット開発ができる(と言われた)パシュミタール王国で仕事をしています。しかし最近、身辺がきな臭い様子になってきたと感じていたある日、怪しげな男・アブカーディに拉致されてしまい…。

十中八九誰もが気づいているとは思いますが、この怪しい男が今回のアラブ王子。「実は王子でした」というネタバレは、話のラスト(と言わなくても後半)近くに発表されるのが常ですが、今回は早い早い。「あれ?話が終わっちゃうじゃん…」と心配になる100ページ目だったんです!(笑)。この後、さらに一波乱がありますので、2部構成と言えなくもない…かも?

史季の作るロケットが、軍事目的に転用されることを恐れたアブカーディ王子に拉致された史季。最初は悪い言葉を使う史季にお仕置きするために手を出したはずのアブカーディですが、思いのほか史季があんあん鳴くのですっかりお気に召した模様。

しかしっ!

甘い時間が終わった直後、史季が突然なまでに入水自殺を謀ろうとします。ん?単に前を掻かれただけ(出しちゃったけど)なんですけど???
そして「こんな僕は死んだ方が良い!(本文34ページ)」と暴れまくり、慌てて取り押さえるアブカーディもとりつく島もない感じ。
一体史季の身に何が?過去のトラウマが原因?

 「女性にセックスのときに声が出るのはおかしいとからかわれた」(本文36ページ)

( ゚Д゚)…。

まぁトラウマだよね。確かに、  観ている時に後ろで  の濁声が聞こえてくるのは非常に  て つものも ちませんけど。。。とフォローになっていないフォローをしつつ、後半部分へ挿入…ではなく突入!なんかもう下品でスミマセン…

後半、史季はパシュミタールの王宮で軟禁状態。アブカーディが王位を継承することが決定し、史季はこの国を去ることを決意しますが、そこには史季を狙うあっと驚く真犯人の影が…。ちょっとしたどんでん返しがあって、アラブさまのやることはやっぱりデカいなと感心しました。

砂嵐は王都へ誘う
後日談。声のお悩みは解決しなかったようで。

■コメント
125ページと201ページの挿絵の構図が「重なるんじゃ!?」というほど似ていて、ちょっとしたデ・ジャヴ感を味わえます。王子さまは上か下かって言ったら、やっぱり上だと思うので、挿絵を描くのも難しいんでしょうね。

■今までのアラブ・フェア本はこちら。→BLアラブもの小説全部読むよ! ~アラブ・フェア開催中~
 
[タグ : アラブ 自殺 ]
■カテゴリ : アラブ・フェア
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
プロフィール画像
Author:4da
漢気溢るる管理人。
ガチっとムチっとがモットーです。

【コメントへの返信について】
拍手コメントは記事のコメントにて、メルフォについてはその月の[気になる]記事のコメントにて返信しています。

にほんブログ村 BLブログ BL小説読書感想へ にほんブログ村 BLブログ BL漫画感想へ

サイト内検索