Yes!腐漢ライブラリー

濃いめのBL漫画やBL小説などの感想を色々と。ガチッとムチっとが大好物な大人向けです。(+BLアラブもの小説読破中)

スポンサーサイト

[ --/--/-- --:-- ] TB(-) | CM(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ : ]
■カテゴリ : スポンサー広告

奇跡のエメラルド(ふゆの仁子)-アラブもの小説(068)

[ 2009/12/05 00:00 ] TB(0) | CM(0)
灼熱のアラブ100 ~アラブ・フェア開催中~

BLアラブもの小説(砂漠もの)68冊目。

 -パゴダ王国は、イスラム圏とヨーロッパの中間に位置する小国だ。-

ヨーロッパに近いとなると、やはりトルコ辺りですかね?でもガラベイヤを身に纏っているとなるとエジプト辺りかも。まぁ砂漠ものってことで。
そして久方ぶりの受アラブさま登場です!
26冊目砂漠のバラ(由比まき)、40冊目灼熱のまなざしに射抜かれて(橘かおる)と、数えるほどしか存在していません。

今回は国に古くから伝わる詩が重要なポイントになっています。

 『東の空より来る若き獅子との間に 新たな炎を手に入れたり その色金に光り やがては青き草原を作り出す』

こっ、これは…

奇跡のエメラルド
ふゆの 仁子
4415088597

■奇跡のエメラルド
著者:ふゆの仁子
イラスト:海老原由里
出版社:光風社出版(クリスタル文庫)
装丁:文庫
発行日:2004.01.05
ジャンル:現代 パゴダ王国
攻:投資顧問会社のエリート社員 23歳
受:生き神さま 26歳
収録:「奇跡のエメラルド」「エメラルドの夢」

-あらすじ-
砂漠の中の小さな石油産出国パゴダ王国へ、第一王子の教育係として社命により赴任した武藤が出会ったのは、国民に生き神と崇められる銀髪翠眼の美貌の王子イシュクだった。夜の神殿で初対面の武藤にキスを仕掛けてくる王子の、神職にありながら男を誘う哀しくも無垢な魂と運命に触れてしまった武藤は…。


▼▼▼ …「奇跡のエメラルド」の感想を読む
 
■アラブさまチェック!
 パゴダ王国の生き神様なんですが、第1王子なのです。受王子なのでそりゃもう人間とは思えない美しさをお持ちです。銀髪で瞳の色は「エルガリ・グリーン」。神様と同じ尊い色ということらしいです。

■感想
 『その者 青き衣をまといて 金色の野に降り立つべし 失われし大地との絆を結び ついに人々を青き清浄の地に導かん

「東の空より~」の詩が出てきた瞬間、上記の詩を思い浮かべてしまうのは日本人なので仕方ないと思います!そうです、ナウシカですね。「奇跡のエメラルド」のお話は、日本人攻がナウシカのように人類を救う訳ではありませんが、パゴダ王国の危機を救います。そう、まさに『奇跡』の『エメラルド』で。

投資顧問会社の敏腕社員だった武藤は投資の失敗から仕事を干され、パゴダ王国の第1王子(イシュク)の教育係を任されることになります。この武藤がパゴダ王国に来る切っ掛けがよく理解できませんでした。ミスで莫大な損害を出してしまい、左遷先が砂漠の国で家庭教師というのは…(笑)
命令した武藤のボスがなにやら攻オーラが凄く出ていそうなのですが、別シリーズの登場人物なのでしょうかねぇ。それが分かるとピンと来るのかどうなのか。うーむ。
生き神様でもあるイシュクの教育係に日本人の武藤が何故…という部分も納得できませんが、これは後々分かってくることなのでスルーしましょう。

話の筋としては、神話の世界から抜け出してきたかのようなイシュクの存在が、武藤によって段々と暴かれていき、人間に近づいてくる…といった処でしょうか。イシュクは神様だけあってツンぎみです。武藤に抱かれても凛としているのはさすが神様!(ユサファもツンだと思いますが、鷹塔さんの前だとデレちゃうのでタイプは違うかも)
イシュクの存在も言動も周辺の人間も謎が多くて、読みながら武藤と一緒に「キーッッッ!」とイライラしてしまいますが、徐々に解けてくる謎解きが面白かったです。ラストは「ちょっと出来過ぎというかやりすぎ!(笑)」と苦笑してしまいますが、「奇跡のエメラルド」ですもんね。スケールはデカくミラクルに!

■コメント
二十歳でハーバードを卒業して超一流企業で3年目という武藤。23歳×26歳という年下攻めになりますが、別に23歳でも30歳でも取り立てて問題ないような気がしました。むしろ23歳という年齢に違和感が…
「年相応」という言葉が似合わない武藤でした。

おそらく存在しないだろうと踏んでいた「日本人×アラブ(第1王子)」。実は今回これに当てはまってしまいました…さらに父王にまで関係がバレちゃってというか、自分から告白してますよ。おそるべしアラブもの!(ちなみに武藤は無事です)

イシュクは第1王子なのですが、諸事情により王位継承権は持っておりません。
日本人×アラブ(王位継承権第1位)」はさすがにないだろうなと思いたい今日この頃。

祝!アラブもの小説50冊突破記念 その2 ~データ篇~

■今までのアラブ・フェア本はこちら。→BLアラブもの小説全部読むよ! ~アラブ・フェア開催中~
 
[タグ : アラブ 海老原由里 受王子 ]
■カテゴリ : アラブ・フェア
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
プロフィール画像
Author:4da
漢気溢るる管理人。
ガチっとムチっとがモットーです。

【コメントへの返信について】
拍手コメントは記事のコメントにて、メルフォについてはその月の[気になる]記事のコメントにて返信しています。

にほんブログ村 BLブログ BL小説読書感想へ にほんブログ村 BLブログ BL漫画感想へ

サイト内検索



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。