Yes!腐漢ライブラリー

濃いめのBL漫画やBL小説などの感想を色々と。ガチッとムチっとが大好物な大人向けです。(+BLアラブもの小説読破中)

熱砂の王宮に白衣は咲く(早乙女彩乃)-アラブもの小説(066)

[ 2009/11/27 00:00 ] TB(0) | CM(0)
灼熱のアラブ100 ~アラブ・フェア開催中~

BLアラブもの小説(砂漠もの)66冊目。

「年下ワンコな王様×絶賛裏家業中な外科医」のアラブものです。
ヒットマンは別として、これほどに黒い日本人受は初ではないでしょうか。
ハーレムの虜(あすま理彩)と同じ、『復讐から恋へ…』な展開なのですが、今回の場合は「復讐=殺人」なので、少々穏やかではないのです。

熱砂の王宮に白衣は咲く
早乙女 彩乃
4576081861

■熱砂の王宮に白衣は咲く
著者:早乙女彩乃
イラスト:ほづみ音衣
出版社:二見書房(シャレード文庫)
装丁:文庫
発行:2008.11.21
ジャンル:現代 マシャハール王国
攻:王様 19歳
受:外科医 27歳
収録:「熱砂の王宮に白衣は咲く」

-あらすじ-
医師の隆哉は、養母を殺された復讐を遂げるため単身、アラブの小国・マシャハールを訪れる。診療所を営みながら機会を窺う隆哉は、ついに仇である国王イライジャの診察をすることに。しかし、彼は思い描いていた暴君ではなく、真剣に国政を考える若き賢王だった。官能的な美貌と未完成で無垢な魅力を持つイライジャは、真摯な瞳で隆哉に好きだと告げる。これ以上彼を知って憎めなくなることを怖れた隆哉は、彼のもとを離れるのだが…。隆哉を自分のものにしたいイライジャに連れ戻され、媚薬で激しく犯されてしまい-。


▼▼▼ …「熱砂の王宮に白衣は咲く」の感想を読む
 
■アラブさまチェック!
 アジアンテイストの魅惑的な顔立ちで、アメジストの輝きを放つ紫の瞳を持つマシャハール王国の王様です。
 痛いのが苦手な19歳。

■感想
受の日本人医師・隆哉がどんな裏家業をしているかというと、『違法ドラッグ作成と媚薬調合』。現在はマシャハール王国で医療活動をしていますが、日本に居るときも作っていた模様(医学部へ進むためという理由はありますが)。信じるものはお金のみ!
マシャハールの国王に育ての親を殺された復讐のためとはいえ、医学部へ入って医者になってインターンを終えて、マシャハールへ飛んできてしまう行動力がすさまじい。「復讐のために悪魔にも魂を売る」男・隆哉ですが、弱きを助け~な善人部分が少々前に出すぎな感じも…仮にも医者がドラッグなんかを作ってるんですから、もうちょっと復讐鬼っぽくても面白いかなと思いました。

そしてその国王であるイライジャ。隆哉にすぐに懐く感じなんて、そのまんま「わんこ」です。アラブものでは滅多に登場しない『受によく懐くわんこ』タイプの攻アラブさまでした。
だけど・・・やっぱり私は「不遜・尊大・傲慢上等!」なアラブさま大好きなので、あぁ~残念!(笑)

しかし。
このわんこ国王さまったら、段々と「強引俺様」アラブさまに成長していくんですよ。これには驚きました。
可愛い感じで隆哉を陥落させるのかと思いきや、隆哉が作った媚薬を無理矢理使用して、逆に隆哉を籠絡してしまいます。

 あなたは毒だ。わたしにとって、あなたこそが毒なんだ。でも、そうと知っていても、私はその毒が欲しい!手に入れたいんだ (本文119ページ)

「陛下、ご立派になられて…」なんて、思わず勝手に「じいや」の気持ちになってしまうくらいの変貌ぶり。傷口を消毒するのを嫌がっていた、あの可愛い陛下はドコへ行ってしまったの~!
媚薬から始まり、監禁→拘束具→貞操帯と、立派なアラブ攻さまになるべく、順調に大人の階段を登っていく若き国王でありました(笑)
ラストでは、すっかり完璧な変貌を遂げておりますので、ぜひ皆さまご自身の目でご確認ください。

■コメント
あとがきに「(虎の)ロベルト・イライジャ・隆哉の3Pを入れる計画をしていたのですが…」とのコメントが。ナゼそれを真っ先に入れないんだっ!伝説になっていただろうに…(笑)
そういえば、虎も登場していましたね。後半すっかり忘れてしまいましたが。

ちなみに、ライオンと危うく3P…そんなアラブものある訳ないじゃん!実は上には上がいるのです。 → 灼熱のリドワーン-天使(日向唯稀)
一読をオススメします。

■今までのアラブ・フェア本はこちら。→BLアラブもの小説全部読むよ! ~アラブ・フェア開催中~
 
[タグ : アラブ 媚薬 貞操帯 ]
■カテゴリ : アラブ・フェア
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
プロフィール画像
Author:4da
漢気溢るる管理人。
ガチっとムチっとがモットーです。

【コメントへの返信について】
拍手コメントは記事のコメントにて、メルフォについてはその月の[気になる]記事のコメントにて返信しています。

にほんブログ村 BLブログ BL小説読書感想へ にほんブログ村 BLブログ BL漫画感想へ

サイト内検索