Yes!腐漢ライブラリー

濃いめのBL漫画やBL小説などの感想を色々と。ガチッとムチっとが大好物な大人向けです。(+BLアラブもの小説読破中)

蜜の棘-凍る灼熱シリーズ(島みのり)-アラブもの小説(062)

[ 2009/11/04 00:00 ] TB(0) | CM(0)
灼熱のアラブ100 ~アラブ・フェア開催中~

BLアラブもの小説(砂漠もの)62冊目。

この本。書店でいつもアラブものだと思い、手にとっては棚に戻すという作業を何度繰り返したことでしょうか。
「ちっ、灼熱なのにスーツかよ…」といつも憎々しげに扱ってしまって申し訳ありませんでした。
ところが先日兄メイトに行って驚愕!『白華の雫-凍る灼熱シリーズ・烈華編』なんて本が新刊で出ているじゃないですか!そっ、その表紙の白いお姿はまさしく・・・アラブの王族!!(笑)
あれ?でもあの本はアラブものじゃないはずでは?と慌てて本を探してあらすじを読んでみると・・・

 …式が行われる中東某国へと赴いた二人は…

はい。アラブものですね。
そんなアラブで淫されて(しみず水都)と同じで、主役がアラブさまではないパターンでした。
と、ここで多少の混乱が。「凍る灼熱シリーズ」なのに、「蜜の棘」が最初じゃないのはナゼ?レーベル移動したの?どれから読んでいいのかまったくもって分からないんですけど!
唸り続けて1時間。ようやく仕組みが理解できました。

 かんべさんのコミックス → 島さんの小説

という順序だったんですね。そりゃパっとは気づかないって(笑)
しかもコミックスの続きが小説になってるんですもの。
という訳で、コミックス版は未読のまま「蜜の棘」を読んでおります。関係を理解するのに少々手間取りましたが、何とかなりました。
砂漠も王族も登場するので、アラブものの条件はクリアしている…と思います!

□続編: 白華の雫-凍る灼熱シリーズ・烈華編(島みのり)-アラブもの小説(149)

蜜の棘 凍る灼熱シリーズ
島 みのり
4877245529

■蜜の棘 凍る灼熱シリーズ
著者:島みのり
イラスト:かんべあきら
出版社:海王社(ガッシュ文庫)
装丁:文庫
発行日:2006.12.10
ジャンル:現代
攻: 歳
受: 歳
収録:「蜜の棘」「紳士の約束」「Sweet Chain」

-あらすじ-
「克実…お前の蜜は、男を獣にする…」広瀬克実の恋人は、上司で社長の御室由孝。由孝の強い独占欲に身も心も束縛され愛される日々に、ある報せが届く。それは結婚式への招待だった。式が行われる中東某国へと赴いた二人は、観光中に王族の男と出会い、親しくなる。ところが、彼の思わぬ激情が二人を引き離し、克実を危機に陥れる…!克実を奪われた由孝は?砂漠の国で愛が彷徨う…。シリーズ最新作が文庫で登場!


▼▼▼ …「蜜の棘-凍る灼熱シリーズ」の感想を読む
 
■アラブさまチェック!
 主役でなないので割愛。サブで王子さまが登場します。

■感想
諸事情により、メインカップル(由孝×克実)の出来上がり方が不明なのですが、とりあえずラブラブ中みたいです。由孝の弟がアラブの王子さまの妹と結婚し、その式へと出席するために中東某国へと降り立ちます。そこでとある王族(ザイード)と出会い、痴情のもつれに巻き込まれる…というお話。
かんべさんの描き下ろしマンガ「Sweet Chain」が収録されています。

アラブものとしては、この王族・ザイード×踊り子・ナージャのカップルが正当かもしれませんが、あくまでも由孝と克実がメインの話です。ザイード×ナージャの話は脇程度にしか出てきません。
アラブもののエッセンスも入りつつ、愛を深め合う由孝と克実。

という訳で、早速コミックスを購入するべきだと心に決めました(笑)
コミックスを読んでいなくてもおおよその話の筋は掴めますが、由孝と克実がくっついた経過が浅い部分でしか把握できていないので、そのブランク部分がネックになって感情が入らなかったのが残念です。それは私がわるいのです申し訳ありません再チャレンジしたいと思います。

■コメント
「白華の雫」は完璧アラブものだと思うので読むつもりなんですが、コミックス版を読んでからの方がいいのかなぁと思案中。3冊読めば話は繋がるのかな?

凍る灼熱 (GUSH COMICS)
かんべ あきら
4877243682

■今までのアラブ・フェア本はこちら。→BLアラブもの小説全部読むよ! ~アラブ・フェア開催中~
 
[タグ : アラブ 島みのり かんべあきら ]
■カテゴリ : アラブ・フェア
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
プロフィール画像
Author:4da
漢気溢るる管理人。
ガチっとムチっとがモットーです。

【コメントへの返信について】
拍手コメントは記事のコメントにて、メルフォについてはその月の[気になる]記事のコメントにて返信しています。

にほんブログ村 BLブログ BL小説読書感想へ にほんブログ村 BLブログ BL漫画感想へ

サイト内検索