Yes!腐漢ライブラリー

濃いめのBL漫画やBL小説などの感想を色々と。ガチッとムチっとが大好物な大人向けです。(+BLアラブもの小説読破中)

スポンサーサイト

[ --/--/-- --:-- ] TB(-) | CM(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ : ]
■カテゴリ : スポンサー広告

山椒は小粒で-松崎司

[ 2009/10/27 00:00 ] TB(0) | CM(2)
松崎司さんの爆男コミックス4冊目です。
まるっと全部『154cm×187cmカップル』がみっしり詰まったお話です。その差33センチ!

爆男コミックスは少々(少々か?)刺激が強いので記事にするのをためらっていたのですが、今回はなんとかなりそうな予感がしたのでなんとかしてみました。ハッピーエンドだしね!
ちなみに「覗機関狂威蜜」は、まったくどうにもなりませんでした。(あれも見方によればハッピーエンドなんですけど…)

 山椒は小粒でもぴりりと辛い
  椒の実は小さくても非常に辛い。からだは小さくても、気性や才能が鋭くすぐれていて、侮れないことのたとえ。 (大辞泉より)

そうです、侮ってはいけません。
からだが小さくたってQ:___が大きければ問題ないモン!(3文字)

山椒は小粒で
松崎 司
4892364320

■山椒は小粒で
著者:松崎司
出版社:古川書房(爆男コミックス)

-あらすじ-
月刊ジーメン超人気連載コミックス化! 高身長ガタイ専の男が惚れたのは、子供並のガッチビ(超巨根のオレ様) タイプの壁を乗り越えて、2人の恋の行方は燃え上がるのか?


▼▼▼ …「山椒は小粒で」の感想を読む
 
■感想
●山椒は小粒で 全8篇

A:たいど (態度)が正解です。別のいかがわしい単語を入れてしまった人は速攻Amazonでポチしてくるように!(笑)

攻・粂寺(154cm)と受・小野(187cm)のデコボコカップルの汗やいろんな液が飛びまくるラブラブなお話です。
粂寺が小野に「ひとめ惚れし→口説き落とす」までの部分が清々しいほどテンポよく進みます。さすが爆男!「朝チュンより早いのでは!?」というくらいの速攻技なんですよ。
押せ押せな粂寺に、ガタイ専で自分より大きい男が好みの小野は難色を示しますが、とにかく「大丈夫☆」となぜか自信満々な粂寺と寝てみることに…
結果、「鳴海丈かよ!」と思わず突っ込んでしまうそのデカさ(と態度)。そして相性抜群だった訳でして、その後もズルズルと関係を続けていく小野でした。

小さくて笑顔がとびきり可愛い粂寺ですが、魔王かと見紛うほどのオレ様っぷりが堂に入ってます。攻めるわ攻めるわでかなーりにアグレッシブすぎ。坊主がお好みのようでして、バリカンで小野の頭をゴリゴリ刈りまくってました。うーん、ちと長めの小野さんもかっこ良くて好みなんですが。ダメですか!?
一方の小野はゴツくてかっこよさげな風貌なんですが、粂寺(の躰)にメロメロ。ギャップがたまらんです!
最初は小野がオレ様な粂寺に引きずられているように見えますが、実は粂寺が優柔不断で煮え切らない小野に振り回されているという図式。粂寺の「小野好き」は最初から一環していますが、小野がいつまでも乙女な感じ(躰だけなの?みたいな)でモヤモヤしています。まぁそこがカワイイんですけどねー

8話分収録されていますが、どのお話もラブラブ(当社比)なお話です。小野の昔の男が登場して粂寺が俄然張り切っちゃったり、海水浴に行ってイチャこらしてみたり、同居するしないで揉めたりしますが、最後はガッリチエッチしてめでたしめでたし。BLでもありそうな展開なのですが爆男コミックスですから。やっぱり肉体派とは過激さがまったく異なるので、そんなあんな描写の違いを見比べてみるのも面白いかなと思いました。オススメは第6話の「シックスセンス」。バカップルの我慢大会なお話なんですが、いやぁー、チャレンジすれば入るもんなんですねぇ。ナスとか茄子とか(笑)。

ニヤニヤしっぱなしでとても楽しめたコミックスでしたが、ちょっとだけ残念だったのが小野の昔の男・秋光。あんなに復縁したがっていたのに、あっさりと引き下がってしまったんです。もう少し小野にちょっかい出して欲しかった気がしますが、そりゃあのデカさじゃ引き下がるわーと納得(笑)。
って、そんな理由じゃなくて、単に松崎さんのメガネキャラに私が弱いからです。普段はそんなに胸キュンしないんですが、松崎さんキャラだとイチコロです。かっこよすぎなんだよなぁ~

 おそらくピンと来ないと思われるのでスルーしちゃってください。鳴海さんの小説を読めば納得な筈…

作品裏話のページは某同人誌からの再録。
『平成のかぼちゃワインそんな感じの話』という部分で「なるほど~」と納得。『ゲイ版のラブ★コン』という記述には反応しなかった自分がショック(笑)
いっ、一応「ラブ★コン」も知ってるよ!

■コメント
ジャンル:ガッチビ(がっちりしたチビの意)。いろいろあるんですね。
直野儚羅さんが小さいお米屋さんの話を描いてましたけど、あれはガッチビなのかなぁとふと思い出してみました。力持ちだったし。でもあの人は受だったような…

久々にkonozamaが発動しましたよ!そんな諸事情のため、現在手元に2冊あります…
入荷が遅かったのか、競争率が凄かったのか定かではありませんが、まさに「ぴりりと辛い。」状態になりました。
おあとがよろしいようで。

・・・よろしくない!まったくよろしくないよ!1冊1,200円だよ!
どうすんのよ、2冊もさ~(笑)

□ブログ内関連記事:水面下での熾烈なバトル
 
[タグ : ]
■カテゴリ : 松崎司
そうなんです!
松崎司さんの描くメガネキャラって、めちゃめちゃカッコ良いですよね!!
[ 2012/03/11 15:40 ]
同意!
> 甲斐賀正さま

ホント、カッコイイですよねぇ~
サングラスでも可(笑
ビスポークシリーズの那智さんとか大好物です!!
ステキ…
[ 2012/03/11 19:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
プロフィール画像
Author:4da
漢気溢るる管理人。
ガチっとムチっとがモットーです。

【コメントへの返信について】
拍手コメントは記事のコメントにて、メルフォについてはその月の[気になる]記事のコメントにて返信しています。

にほんブログ村 BLブログ BL小説読書感想へ にほんブログ村 BLブログ BL漫画感想へ

サイト内検索



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。