Yes!腐漢ライブラリー

濃いめのBL漫画やBL小説などの感想を色々と。ガチッとムチっとが大好物な大人向けです。(+BLアラブもの小説読破中)

巨漢ハンター-松本いなき

[ 2009/11/25 00:00 ] TB(0) | CM(0)
松本いなきさんの肉体派です。
巨漢ハンターな訳ではなく、巨漢ハントするお話。
肉体派で連載されていたシリーズがまるっと1冊に収まっています。

巨漢ハンター
松本 いなき
4775514083

■巨漢ハンター
著者:松本いなき
出版社:オークラ出版(アクアコミックス)

-あらすじ-
あらゆる警備を潜り抜け、数多の美術品を盗み出す怪盗が世間を賑わせていた!そいつは警備員が捧げた“処女”が気に入れば、品物を盗まずに去って行くという…。その企みにはまった、とある美術館の警備員。契約セックスから始まった関係だが、いつしか二人は魅かれ合う。しかし怪盗の弟が、兄に復讐する為に警備員をさらい、大勢で輪姦する-!! 人気の『巨漢ハンター』シリーズ、最終話をコミックス描きおろしで収録!!


▼▼▼ …「巨漢ハンター」の感想を読む
 
■感想
序盤は警備員と怪盗を軸にコメディータッチで話は展開していきますが、徐々に怪盗と怪盗の弟の過去に踏み込んで、一気にシリアスな流れに。(育ての親がミッション・インポッシブル的なラストを迎えて兄弟対決な感じ?)
そんな訳で、「巨漢ハンター」というタイトルからして、もうちょっと弾けた内容を期待していたので、コメディーを期待して読み進めてしまうと、後半のトーンがちょっと辛い感じがしました。
最後の最後でそのシリアス展開台無しなんですけどね。。。なにその描き下ろしは!(笑)

展開云々はそれとしても、巨漢な警備員さんの裸体を拝むのには最適な1冊です。スペシャリストからすると、「それは巨漢ではない」と一刀両断されそうな体躯なんですが、私は十分「巨漢」だと思います!
多分、誰がページをめくっても『目が泳がずに』コマを静止して確認できるはずです。私は未だに田亀先生のマンガは目が泳いでしまいますねぇ(笑)
とてもよい巨漢具合です。

「怪盗×警察」ではなく「怪盗×警備員」なのがポイントですかね。警備員の方が…ドジっ子でも許されるっぽい気がしますし。

あとがきのコメントにもありましたが、『キャ●ツ・アイ』な感じで読んでいくと色々と面白かったです。
 
[タグ : 肉体派 ]
■カテゴリ : 松本いなき
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
プロフィール画像
Author:4da
漢気溢るる管理人。
ガチっとムチっとがモットーです。

【コメントへの返信について】
拍手コメントは記事のコメントにて、メルフォについてはその月の[気になる]記事のコメントにて返信しています。

にほんブログ村 BLブログ BL小説読書感想へ にほんブログ村 BLブログ BL漫画感想へ

サイト内検索