Yes!腐漢ライブラリー

濃いめのBL漫画やBL小説などの感想を色々と。ガチッとムチっとが大好物な大人向けです。(+BLアラブもの小説読破中)

スポンサーサイト

[ --/--/-- --:-- ] TB(-) | CM(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ : ]
■カテゴリ : スポンサー広告

映画「ストレンヂア -無皇刃譚-」飛丸可愛すぎ!

[ 2007/09/29 16:09 ] TB(0) | CM(0)
ストレンヂア、本日初日です。(2007年9月29日公開)
初回で鑑賞。
が、観客は自分入れて10人居ませんでした…
(昨日観た「劇場版アクエリオン」は5人!)

超映画批評の点数が以外にも高かったのでかなり期待して観に行ったのですが、かなりどうして、凄く良かった!
「今年イチバン」…って毎回思っちゃうんですけど(笑)。

 前田有一の超映画批評 http://movie.maeda-y.com/
  『ストレンヂア -無皇刃譚-』70点(100点満点中)

もうね、もうね、飛丸。
家の仔になりなさいっ!

※注意※
「ストレンヂア -無皇刃譚-」のネタバレありかも???
▼▼▼
 
ストレンヂア -無皇刃譚- 通常版 [DVD]
B0010KRT3A

■あらすじ
公式あたりで確認してください。
 映画『ストレンヂア』公式サイト http://www.stranja.jp/

登場人物はこの辺りがメインです。
 名無し CV:長瀬智也
 仔太郎 CV:知念侑李
 羅狼 CV:山寺宏一
 飛丸 ※わんわん
 虎杖 CV:大塚明夫

■時代劇アクション
上映前の予告編は織田祐二主演の「椿三十郎」。
・・・。
よっぽど「ストレンヂア」の方が本格的時代劇に観えましたが?
何か、こう笑いを狙っているのでしょうか。織田さんは・・・
あの頭は無いと思います。ありえねぇ。
 映画「椿三十郎」 http://tsubaki-sanjuro.jp/

話が逸れましたが。
ストレンヂアは「PG-12」なだけに、血潮が凄いですね。そして赤い。
(当たり前ですが、テレビでは黒になってることが多いですし)
一見グロそうに思えますが、頭や手が吹っ飛ぶシーンは直接的には「あまり」ないです。

これだけ人が死ぬんだから、シリアス一直線の話になるかと思いきや、主人公の仔太郎と名無しのやり取りがほんわかしていたり、道すがらに出会う『ばあさんや。なんだい、じいさんや』的な人々の会話が笑いを誘います。

そして、仔太郎の愛犬「飛丸」。
なにこの仔、可愛すぎなんですけど。
この活躍っぷりったら、名無し以上!
最初から最後まで、この仔から目を離せませんでした。
敵役の羅浪がカッコ良過ぎでどうしようかと思いましたが、飛丸のおかけで我を忘れずにすみました(笑)。
もう山寺宏一、ヤバすぎでしょうが。
そしてやっぱり飛丸の声も山寺さんですかね?(確認できなかったのですが)

※カウボーイビバップに登場するアインという犬の声?も山ちゃんだったので。

■戦闘シーン
日本が舞台の物語なので、日本刀をブンブン振り回すのかと考えていましたが、敵役が「明の使者」ということだったので、戦闘方法もバリエーションに富んでいて見ごたえありました。
ムチが出てきた時は「インディージョーンズのオチ※が待っているのか?」と思ってしまったというのは嘘です。今思いつきました。

 ※ムチを振り回す大男に主人公がピストルでドン!というオチ

かつ、敵役はドーピング部隊ばかりなので飛んだり跳ねたり忙しい!
日本側の武士が虫けらのようにスパスパ死んで死んで死にまくり。
しかしそんな彼らも無敵ではなく、大勢に囲まれて攻撃を受ければ死にます。この辺りが観ていてスカっとしました。

そういえば日本の武士達、誰一人逃げ出さなかった気がします。
セオリー通りだと、強敵が現れると必ず逃げ出す奴が出てくるんですけどね。
みんな潔良すぎです。

■名無しVS羅浪
名無しと羅浪の一騎打ちは、一見の価値あり!大スクリーンで観ないと後悔します。
観ているこちらまで息を止めての応援。
勿論。モチロン羅…
りょっ、両方応援に決まってるじゃないですか(笑)。

なお、虎杖役の大塚明夫もビシっと渋く決めておりました。
羅浪VS虎杖(山寺VS大塚)の対決シーンはもう少し観たかったですなー

■ラスト
あえてネタバレしませんが、私は最後のシーンで涙ぐんでしまいましたよ。(観客少なくてよかった)
そしてお決まりのエンドロールのバックに流れるテーマソング・・・が無いんですよ!
渋い劇伴が流れるのみ。(これも凄く渋くてイイです)
これも潔いですね~

■渋すぎ
登場人物、みな渋すぎで痺れました。
「女性出てきたかな~?」と、既に思い出せないほど、男ばかりの登場です。オヤジの生き様を見ろって感じです。
あ、敵役に2人居た!彼女らもカッコよかったなぁ・・・(死様が素敵)

ヒロインぽいお姫さまも居るには居ますが。正直要らない位出番が無くて重要でもないような(笑)。
ヒロインの「可愛らしさ」は飛丸がさらって行きました!

■感想
なんか「有名人使っちゃって心配~」とかほざいてスミマセンでした。

もう一回二回、観に行こうかと検討中。
無論DVDは購入決定です。

■ブログ内記事関連カテゴリー:映画
 
[タグ : ]
■カテゴリ : 映画
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
プロフィール画像
Author:4da
漢気溢るる管理人。
ガチっとムチっとがモットーです。

【コメントへの返信について】
拍手コメントは記事のコメントにて、メルフォについてはその月の[気になる]記事のコメントにて返信しています。

にほんブログ村 BLブログ BL小説読書感想へ にほんブログ村 BLブログ BL漫画感想へ

サイト内検索



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。