Yes!腐漢ライブラリー

濃いめのBL漫画やBL小説などの感想を色々と。ガチッとムチっとが大好物な大人向けです。(+BLアラブもの小説読破中)

スポンサーサイト

[ --/--/-- --:-- ] TB(-) | CM(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ : ]
■カテゴリ : スポンサー広告

髭と肉体-田亀源五郎

[ 2009/10/07 00:04 ] TB(0) | CM(0)
田亀源五郎コンパクト・ガイド』と、先生自らコメントされているコミックス「髭と肉体」です。
カバーイラストがカッコイイですね~ しかし、うっかり買ってしまうのは大変危険ですのでご用心あれ。
短編9作品てんこ盛りな感じで、バリエーション豊かな作品が満載。ラブラブからSM、跳んで拷問まで。。。範囲広すぎで、オヤジやおっさん受け甚だしいったらありゃしないんですよ!

ウィルトゥースを読んで「大丈夫!」と調子に乗ってしまった私は、手ひどいしっぺ返しを受けてしまった感がアリアリです。変幻自在のバリエーションにぶっ飛び過ぎで、泡吹きました(笑)
私の頭もレボリューションしそうです!(ナニソレ?)

髭と肉体
田亀 源五郎
477551427X

■髭と肉体
著者:田亀源五郎
出版社:オークラ出版(アクアコミックス)

-あらすじ-
潜入捜査の末、記憶を失って発見された刑事の面倒を見る事になった巡査長。しかし刑事は男なしではいられない身体になっていた---。『DISSOLVE』はじめ、ラブな現代ものから歴史もの、近未来調教ものなど、多彩な読み切り作品9本を収録。究極のゲイ・エロティック・アーティスト田亀源五郎最新刊コミックス!


▼▼▼ …「髭と肉体」の感想を読む
 
■感想
●神経性胃炎
若者ホームレス×専務。
9作品中唯一、「普通だなー」という感想が漏れてしまう作品。

●稚児
はらりフンドシもの。ポップ(?)な感じです。
痴○されている後輩を助けるはずが、逆に○漢されちゃう先輩というお話。

●長夜莫々
ウィルトゥースに掲載されていた「雪原渺々」の続編。題してオジイチャン萌えシリーズ2作目。
オジイチャンがひとりで長い夜を…な巻。

●汗馬疾々
オジイチャン萌えシリーズ3作目。
ロシア兵に捕まってオジイチャンSMの巻。

---
オジイチャンゾーンは個人的にトラウマ領域なので、最初は大丈夫かな?と思いましたが、ことのほか「オジイチャン」が可愛かったです。というか、他の作品がハード過ぎて、オジイチャンにすがり付くしかなかったんだよなぁ…(笑)

●晒し台
西洋の拷問器具もの。(なにそのジャンル)何はともあれ痛いので…やっぱり痛いね。
「そんな器具があったのは知ってたけど、本当に使っちゃうんだね!」という衝撃具合がハンパなかった作品です。これならアイアン・メイデンの方が数倍いいよな…と思っちゃいました。ううう・・・痛い。
鉄の処女 - Wikipedia

●DISSOLVE~ディゾルブ~
カバーイラストがこの作品です。
麻取の潜入捜査官がバッドエンドを迎えたら…なお話。違った角度で見ればハッピーエンドですかね。
24ページなのに、内容濃くて、いろんな感情が沸いてくる感じ。
麻取が得意なBL小説家さんにも、このくらい濃ゆい小説を書いて欲しいなぁと思っているのは私だけでしょうか…

 DISSOLVE:映画用語で、オーバーラップの技法を、次の場面に移る時に使うやり方。

●ECLOSION
SMボンテージ近未来SFチックプリズンもの。映画「トータル・リコール」なんかを思い出してみました。ラストの状態なんかは「マトリックス」っぽいですね。全然違いますけど!

ヒゲオヤジがボンテージでSMされている画がダメな方は避けた方が無難です。
私的にものすごくダメな部類の作品なんですが、かなり惹かれます。「家畜人ヤプー」を読んだ感じに似ているかな。惹かれる理由を考え出すと、非常に深い部分まで落ち込んでしまうのでやめました。

 ECLOSION:羽化、孵化

●「マゾ」
どんなに酷い目に遭おうと、「マゾだから大丈夫!」というお話。

●雨降りお月さん
「日本○話」的なお話。猿とか犬とか鬼とか触手など。文字で書くと非常にアレかとお思いかもしれませんが、以外や意外にラブものでした。
9作品の中で1番…なんだろう。「めでたしめでたし」という感じです。

■コメント
時代やジャンル・テンション、どれひとつとっても9つの作品が被らないという、まさに「ごった煮」なコミックスですが、これ不思議。すっきりまとまってるんですよねぇ…これこそが田亀節炸裂といった感じでしょうか。(多分)

あれ?そういえば、田亀先生2冊目だったんだわ\(^o^)/

「DISSOLVE」と「ECLOSION」の印象が強すぎて、まともなコメントが浮かびません。(上記の感想コメントも手を抜いている訳ではないのであしからず)
凄い。凄いです。絵柄が強烈ということよりも、精神的にズシっとくる重さの方がかなりの比重なので、えらく凹みます。
決して「ウィルトゥース」のように『みんな読んでね!』と万人にお勧めできるコミックスではありませんが、大人すぎる方にはぜひ読んで欲しいなと思いました。いや、絶対「DISSOLVE」の小説バージョンは面白いと思うんですが。

それにしても、指定マークを3つくらい付けた方がいいよなぁと思う今日この頃でした。
年齢指定と精神指定、あとは劇薬指定かな・・・
 
[タグ : 肉体派 ]
■カテゴリ : 田亀源五郎
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
プロフィール画像
Author:4da
漢気溢るる管理人。
ガチっとムチっとがモットーです。

【コメントへの返信について】
拍手コメントは記事のコメントにて、メルフォについてはその月の[気になる]記事のコメントにて返信しています。

にほんブログ村 BLブログ BL小説読書感想へ にほんブログ村 BLブログ BL漫画感想へ

サイト内検索



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。