Yes!腐漢ライブラリー

濃いめのBL漫画やBL小説などの感想を色々と。ガチッとムチっとが大好物な大人向けです。(+BLアラブもの小説読破中)

魔神の婚姻(神楽日夏)-アラブもの小説(052)

[ 2009/07/15 00:07 ] TB(0) | CM(0)
灼熱のアラブ100 ~アラブ・フェア開催中~

BLアラブもの小説(砂漠もの)52冊目。

3ヶ月ほどアラブものだと気づかなかった作品です。
「魔神?………ああ、その魔神ね!」とひらめいたのもつかの間、ソッチの魔神は全然関係なかったりします。故に、アラビアン・ファンタジーな作品ではありませんでした。でも名前は「ジン」だったりします。
この表紙でファンタジーじゃないなんて、逆にビックリ!
お話のポイントは『3度の公開プレイに耐えないと結婚できない』ってところかな。
凄すぎます!

2作目:虎王の祝祭-アラブもの小説(109)
3作目:偽りの歌姫-アラブもの小説(188)

魔神の婚姻
神楽 日夏
4862961363

■魔神の婚姻
著者:神楽日夏
イラスト:カズアキ
出版社:ワンツーマガジン社(アルルノベルス)
装丁:新書
発行日:2009.03.10
ジャンル:現代 アルハラード
攻:王弟 27歳
受:写真家 25歳 日本人 元モデル
収録:「魔神の婚姻」

-あらすじ-
撮影の為、砂の国アルハラードを訪れた写真家の葵。だがそこで待っていたのは、魔神を意味する呼び名を持つ王弟ジンの、花嫁となる為の淫靡な儀式だった。王と傅く重臣達の前で媚薬を盛られ、金と宝石の飾りだけをまとう葵の体は、自身の意思に反してどうしようもなく昂ぶっていく。快楽を受け入れる他ない葵に、ジンはまるで愛しい人にするような優しい口づけを与え…。ただ王命に従い自分を犯す憎いはずの男。その胸に抱き寄せられ葵は―。


▼▼▼ …「魔神の婚姻」の感想を読む
 
■アラブさまチェック!
 アラビア半島の小国アルハラードの王子さま。
 日本生まれの日本人とのハーフです。(母親が日本人)
 「男性的な厳しさと野性的な美しさを兼ね備えた」容貌ということで、いつもさながら完璧な模様。

■感想
冒頭で「凄すぎる!」と力を込めて叫んでみましたが、何が凄いって、砂漠の国に着いて早々、主人公の葵がアワアワ言っている間もなく婚姻の儀式(=結婚式)が始まってしまうという部分。しかも前代未聞の「御前プレイ」ってやつですか?どうやらアルハラードのしきたで、王の前で三夜褥を共にし、一月宴が続く婚姻の儀が終わらないと夫婦になれないい決まりのようです。(なぜ結婚なのかということと、新婦が男だという部分はひとまず無視してください)
葵が攻のジンを好きになる前に何たる仕打ち!大昔は初夜の時に立会人が居て2人を見守っていたという話もありますが、(まだ)好きでもない人と3回も公開してするのは、ちょっと(媚薬でアンアン言っていても)可哀想な気もしました。

……立会人と言えば、ヨーロッパ方面の王族なんかだと割と有名な話だと思いますが、紫禁城に行った時に聞いたガイドさんの話も面白かったです。(そんな露骨な話じゃありませんでしたが)どこにでもあったことなんですかねー?

今回のアラブ攻様は52冊目にして初の日本人とのハーフです!「ジン」と呼ばれていますが、日本名の「迅」そのままの呼び方です。生まれは王弟なのですが、この国の厳しい掟に従うと「魔神」として生きなければならないという、ちょっと不思議なアラブものです。
今までのアラブものは、兄弟親族で仲が悪いという設定はありましたが、その辺りのしきたりや掟という部分が「ふわふわ~」っとしていたので、今回は身が引き締まる思いがして新鮮。
ラブラブなお話ではありませんが、ジンが今までにないキャラクターだったのでなかなか面白く読むことができました。

■コメント
現代のお話なのに、なぜがファンタジーちっくな作品でした。もう少し「魔神」という不思議部分を引っ張っても面白かったかな?それにしても、表紙のアラブさまが「魔法使い」に見えてしまってどうしましょう(笑)。

魔神の婚姻 (ローズキー文庫)
神楽 日夏 カズアキ
4861232589

文庫版

■今までのアラブ・フェア本はこちら。→BLアラブもの小説全部読むよ! ~アラブ・フェア開催中~
 
[タグ : アラブ 神楽日夏 カズアキ 媚薬 結婚 ]
■カテゴリ : アラブ・フェア
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
プロフィール画像
Author:4da
漢気溢るる管理人。
ガチっとムチっとがモットーです。

【コメントへの返信について】
拍手コメントは記事のコメントにて、メルフォについてはその月の[気になる]記事のコメントにて返信しています。

にほんブログ村 BLブログ BL小説読書感想へ にほんブログ村 BLブログ BL漫画感想へ

サイト内検索