Yes!腐漢ライブラリー

濃いめのBL漫画やBL小説などの感想を色々と。ガチッとムチっとが大好物な大人向けです。(+BLアラブもの小説読破中)

スポンサーサイト

[ --/--/-- --:-- ] TB(-) | CM(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ : ]
■カテゴリ : スポンサー広告

アンダーグラウンドホテル[文庫版]-定広美香

[ 2009/05/24 22:35 ] TB(0) | CM(0)
■アンダーグラウンドホテル上・下
4575727121
457572713X

著者:定広美香
出版社:双葉社(双葉文庫名作シリーズ)

---

ついに文庫版が発売されましたー!
カッコイイ表紙で大満足。ソードとセンが対になっていて素敵です。
ソードのガタイがよすぎてびっくりしたというか、センが華奢すぎてびっくりしたというか。
案の定、兄メイトでは売り切れでして、オタ書店まで出張して入手しました。久々に現金で購入して値段の高さにさらに吃驚したというか。(1冊860円也。だが高くない!)

唯一!残念だったのが、上巻のソードの触手(?)が下巻と重なり合わない部分ですかね(笑)
手錠部分も若干ズレが生じておりますが…
上の画像も隙間が出ないように配置してみましたが、おわかりになりますでしょうか?テーブルがずれていたらスミマセン。
(下巻を5.5ミリほど上へずらすとピッタリ収まります…お手持ちの方はお試しあれ)

作品の感想は、以前苦労して3冊分書いたので今回はパスしますが、やはり凄い作品だとあらためてウンウン頷きながらというか、唸りながら読みました。
文庫版には同人誌に掲載された番外編も入っていますので、未読の方はゼヒ!
私は『Kyrie(キリエ)』を読む度に泣けてきて困ります。。。もう「キリエ」ってタイトル時点でもう…

下巻には作者のフリートークや何やら凄い人(らしいね)の解説も入ってました。
やはりラストシーンは疑問が残るというか、続きが気になりますよね?
「ソードがあれでアレしたということは、センはあんな感じでアレ的なことを?でもソレがあれな部分があるとなれば、やはりこの部分は…」

□感想
 1作目:アンダーグラウンドホテル
 2作目:アンダーグラウンドホテル・囚われの刻印
 3作目:アンダーグラウンドホテル・陽のあたる場所
 
[タグ : ]
■カテゴリ : 定広美香
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
プロフィール画像
Author:4da
漢気溢るる管理人。
ガチっとムチっとがモットーです。

【コメントへの返信について】
拍手コメントは記事のコメントにて、メルフォについてはその月の[気になる]記事のコメントにて返信しています。

にほんブログ村 BLブログ BL小説読書感想へ にほんブログ村 BLブログ BL漫画感想へ

サイト内検索



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。