Yes!腐漢ライブラリー

濃いめのBL漫画やBL小説などの感想を色々と。ガチッとムチっとが大好物な大人向けです。(+BLアラブもの小説読破中)

スポンサーサイト

[ --/--/-- --:-- ] TB(-) | CM(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ : ]
■カテゴリ : スポンサー広告

阿修羅展行ってきました!

[ 2009/05/16 16:48 ] TB(0) | CM(2)
国宝 阿修羅展
as-01.jpg

テレビを観てすっかり虜になってしまった母親を連れ、いざ国立博物館へ!
午前9時、上野駅の改札を出ると既に人の群れが。「平日なのに、こんなに人が集まってるなんて…」と怖気づいてみましたが、半数以上は上野動物園への流れだということが判明。
「よかったー、朝イチはそんなに混んでないね」とか言っていると…

as-16.jpg
ナンデスカコレハ?
正門前から早くも混雑中。チケットは前売りを買っておいて正解でした。
(チケットを持っていないと、この列にも並ばせてもらえないです。上野駅のチケット売り場も長蛇の列だったし)

as-17.jpg
なかなか中に入れてもらえず、この下で10分くらい待ちました。

as-02.jpg
インドア派には痛すぎる日差しの中、門をくぐって平成館へ。
「先頭が見えるんですけど!」(写真だと分かりづらいかもしれませんが、待機列はぐるぐるぐる程度」
そして「凄い人だね~」と、まるで一般人を装った会話を母親としつつ、内心では「駅に開始30分前に着いたのに、この人数?コミケじゃありえね~」とか「入場開始と同時に入れるし!」って思ってました(笑) 母さんゴメン。

最後尾に並んだ後、ものの5分で列の移動開始。どうやら開館時間を10分程度早めたらしく、結局10分程度待っただけで、通常の開館時間の9時半には館内に入ることができました。凄い!始発で来なくてもいいんだね!(笑) 余談ですがコミケの場合、私は始発に乗っても10時に館内に入れません…まさにサバイバル!

■展示の感想
館内2階で阿修羅展が開催中。お目当ての阿修羅像は第1会場側です。他の展示物をササっと飛ばし、何はともあれ阿修羅像を拝まねば!(第1会場最後の展示になっています)

通路を進み、阿修羅像のスペースへ。
「何これ、スゲーーーーーーーーーー」という言葉しか出てこない神々しさ!
始めは高い位置から阿修羅像を見下ろすことができるのですが、これがなんとも不思議な感覚に捕らわれます。多分ライティングのせいだと思うんですけど、正面から阿修羅像を見ると、まるで「絵画」のよう。頭では立体だって分かってるんですけど、どう見ても平面に見えます。そして美しい・・・
次はスロープを降りて()接近。「生きてるみたいだね」と母も言ってましたが、本当にそう思うしそう見えるからまた不思議。着物も絹をまとっているようにキラキラして見えるんですもの。驚きです。
「気の済むまで眺める」こともできますが、実際には混雑していてそんなに長時間見ることはできませんでした。(よほど根性が座っている人なら大丈夫かと)

今回は阿修羅像を360度見回せるということもあり、最前列で見たい場合は相当な肝っ玉の強さが必要かと。。。係員の方が「立ち止まらず時計回りに進んでください~!」と声を張り上げても、誰ひとりとして動こうとしないし(笑) (私は最前列で見るのはとっくに諦めて2列目辺りから拝見)

段々と人が増えてきたので、次の第2会場へ。こちらは人も少なく快適でした。
そ・し・て・。 会場に入ってすぐに私の心を鷲掴み!四天王像素敵すぎる。
持国天・増長天・広目天・多聞天カッコイイ!
こちらは阿修羅像よりも間近で見られますが、サイズが大きいので首が疲れます(笑)
四天王像は飽きるほど眺めることができたので、第2会場を出てお土産コーナーへ。
買う気もなかったのに、見ている内にどんどん手に持つグッズが増えているという不思議。結局「友達の土産」としてクリアファイルとポストカードを購入しました。
貴方…クリアファイルなんて捨てるほど持っているでしょ!(笑)

as-18.jpg
阿修羅像のポストカードと八部衆像のクリアファイル。四天王像は四体で1枚のポストカードしかなくて残念。
十二神将立像のポストカードも買ってしまいました。やはり武人姿の神様はかっこいいです。
フィギュアはとっくに売り切れ。あったら買いたかったけど、家族に約一名、仏像を死ぬほど怖がる人間がいるのでダメだろうなぁ…玄関に飾りたかったんですが。
九州展の時は売り出さないんですかね?

as-19.jpg
つい購入してしまった「鳥獣戯画」のミニクリアファイル。
国立博物館に来ればいつでも買えます。多分。
風神と雷神のブックカバーも売ってましたが、1枚1,500円くらいするのでやめました。

そして阿修羅展2週目突入。
1週目で素通りしてしまった八部衆像と十大弟子像を見に行きました。この時点でありえないほどの人だかりが…人波をかき分けて進むような感じに。
うーん、八部衆もカッコイイですな。像の説明書きを読む度に、あれこれ妄想(というか空想ね)を膨らませてしまうのはオタクの業でしょうか。ほら、神様だからいろんなお話がある訳じゃないですか、とフォロー。
顎髭を蓄えているという畢婆迦羅像はすでに展示が終了していたのが心残りです。もっと早く来ればよかったなぁ~

阿修羅像のスペースは、もはや戦場!入場制限をとっているにも係わらず、まったく列が動きません。来たからには、何としても間近で阿修羅像を拝みたい人が全く動こうとしないのがボトルネック(という表現があっているかは不明)になっているみたい。お気楽すぎな母は「人が回転するより、阿修羅像が回転した方が混まないよね」などと、罰当たりな発言をかましていました(笑) いくら何でも神様がぐるぐる回っちゃいかんだろう! 今回の場合はむしろ阿修羅像の周りを「動く歩道」にして、1週回ったら強制退出という方法が素晴らしく効率がよいかと思われます。絶対怒られると思うけど…

会場内は展示順関係なしにウロウロできますが、唯一、ここのスロープを降りてしまうと前の展示へは戻れません。高い位置から気の済むまで阿修羅像を拝見してから下へ降りましょう。私がスロープを降りたときは、中年のオッサンが係の人とバトルしてました(この時点では空いていたので、上に戻ってもいいじゃん!って言っていた)。見苦しいので止めましょう。あと、阿修羅像の周りにたどり着いたら、きちんと時計回りに回りましょう(笑)

■帰る際の感想
母の気も済んだところで、阿修羅展を後にしました。時計を見ると11時。なんと1時間半も見入っていたことになります。そんなに居たという感覚はないのに凄いなぁ~。そりゃ混雑する訳ですな!

外へ出ると…
as-04.jpg
「コミケの入場前か?」と錯覚する人の列。とても暑そうです。
テントが張ってあるのは入り口近くだけなので、帽子がないと辛いかも。(日傘は危ないし、折りたたみじゃないと入り口で預けることになって面倒)
身体の不自由な方や妊婦の方は、優先的に入場できるようでした。

as-05.jpg
出口から出てくる人はチラホラ。列がずら~っと長くなってます。

as-06.jpg
入り口が遥か遠くに。「最後尾です」のカード看板を持っているお兄さん。
そういえば朝から居ました。ご苦労様です。

as-03.jpg
70分待ち!
こんなに待っても新刊が売り切れということはよくありますが、仏像は決して逃げませんのでご安心ください。

正直言うと、母親が行きたいと言いだしたときは、『ハイビジョンで見たから行かなくてもいいんじゃないの?』と思ってました。めんどくさいなぁーもー、と。
・・・行っといて本当によかったです。
当たり前ですが、自分の目で見るのが一番感動します。

▼▼▼ 以下、オノボリサン的話題
 
母を連れて秋葉原や池袋へ漁をしに行く訳にもいかず、今回は涙をのんで新宿へ足を伸ばしました。
オシャレな街に縁遠い私ですが、新宿マルイ本館がリニューアルオープンし、手ぬぐいやの「【RAAK】ラーク」が新しく入ったらしいのでどうしても行きたかったのでした。京都の本店に行ったことないけど。
「オシャレで可愛らしい」柄がたくさん!しかし、オシャレではない私が買ったのは渋い柄の手ぬぐい2本…可愛い柄が好みではない私は「別にRAAKでなくてもよかったのでは」とちょっと思いました。でも素敵です。
(「祭」とデカデカと書いてある手ぬぐいを平気でジムに持っていってしまう人間なので…「それだけはお願いだから持っていかないで…」と母に懇願されましたw)

as-14.jpg
RAAKのお店。狭いけど手ぬぐいがびっしり!

as-20.jpg
断れずにオシャレな袋に入れてもらってしまいました。
いや、手ぬぐいなのでそんなに丁寧に扱わなくても…
これで私も「オサレ」さんの仲間入り!

その後、8階の「ザ・プレミアム」というビュッフェレストランで90分一本勝負を繰り広げてきました。
数々のドラマが生まれる勢いで食べまくり。もはや私の中では伝説が生まれた聖地となりました。
90分間食べ放題なので、本当に「食べ放題」してきました(笑) 死ぬほど食べた…
2,000円弱でこの満足感。料理も美味しかったです。サラダも変わった野菜がいろいろあって面白かった。
そして初・チョコレートファウンテンで大興奮!その場で食べられないので、ちょっとションボリでしたが。デザートの種類が少ないかなぁ。ティラミスは美味しかったです。
勝敗はというと、今回は引き分け。ジーンズで行ってしまった私は途中で腹が苦しなって、制限時間15分を残したところでギブアップ。次回はジャージで敵地へ乗り込む所存です。

店を出てから移動するにも、余りの苦しさに気分が悪くなり(ホント馬鹿ですね)、屋上の庭園「Q-COURT」で一休みすることにしました。
as-07.jpg
こんな感じで結構広い。

as-08.jpg
ブドウの実がなるらしいパーゴラ(アーチ)。この下は涼しかったです。
このパーゴラが唯一の日よけ場所。夏とかどうするんだろう…非常に暑いと思われますが。

as-09.jpg
バラ…ではなく、なんとか(忘れた)。

as-10.jpg
バラ。
そんなに数はありませんが、バラがあちこちにありました。いい匂い~

as-11.jpg
木には鳥の巣がかけてあります。
現在入居者募集中。

as-12.jpg
何匹か猫が居ました。
左側の猫は「おっさん」と命名。

as-13.jpg
日時計。

ベンチもたくさんあり、のんびりできてよい場所ですが、なんせ直射日光がガンガンに照りつけるので長居できませんね。パーゴラがもっと長ければいいな~と思いました。次に行くときは日傘持参で。

帰りにジェラートを食べようと思ってましたが、歩くのも辛い状態だったので断念。
ここにも列が。
as-15.jpg
ジェラート屋の「グロム」。
イタリヤで本場の味を食べてきた母は、「向こうのは美味しかったけど甘かった。今は別に食べなくてもいい」ですって!まったく。一口もらおうとしたのに(笑)
(夏は8階の庭園で売り出せば相当売れると思います。暑いけど)

その後、ハンズに寄ってあれこれ買い物した後に帰宅。
さすがに夕飯はパスしました。本当です!

一個人 (いっこじん) 2009年 06月号 [雑誌]
B002677TFY

図録が高くて重くて買えなかったので、こちらを購入しました…
私の方がハマってる!(笑)

ESCHENBACH(エッシェンバッハ) パノラマクラブM 角型パノラマ型 単眼鏡 4293-816
B001B2KQZ0

隣のおじさんに貸してもらいたかったです。(実は前から欲しかった)
こんな具合に、出掛ける予定も(出掛ける気も)ないのに、何故か欲しいものが一杯。

■4daコメント
滅多に発生しないイベント「お出かけ」が発生したので、ブログでは珍しくモリモリ書いてみました。
お出かけするのも楽しいもんですね!(笑)
(注:イベント参加は「お出かけ」には含まれません)
3年に一度くらいしかフラグが立たないイベントなので、当分は遠慮しますが…

これから阿修羅展へ行かれる方(平日)は8時半頃に国立博物館前に到着するのがいいかもしれません。
1時間待ちとか、、、余裕ですよね?(笑)

土日祝はさらに早く行かないと…

■ブログ内記事関連カテゴリー:雑記
 
[タグ : ]
■カテゴリ : 雑記
あの阿修羅展のことさえ知らなかったけれど、仏像目当てにこんなに人が来るんですか。日本もまだまだ捨てたもんじゃないなあ。

 >「何これ、スゲーーーーーーーーーー」

現代人の4daさんは、様々なメディアを通して昔の人より遥かに知識や経験値はあるし、豪勢で緻密なものも見慣れているはず。そんな人間を驚愕させる迫力というものを私も見てみたくなりました。衣がキラキラしている謎など、特に興味があります。
[ 2009/05/20 09:31 ]
東京がもう少し近ければ、もう一度行きたいなと思っています。そしてもう少しゆっくり鑑賞したいなぁ。
1人で東京に行くとなると、絶対「オタクルート」しか回らないので、やはり親を連れていかないとダメだというところがジレンマです(笑)

余談ですが「歴女」の次は「仏像ガール(仏女ではないらしい)」が来る!らしいです。
私が見に行った際も、なんとか像(武将以外はほとんど覚えてません)の前で、熱心にスケッチをしていた若い女性がいました。
彼女のような熱心さがないと「仏像ガール」にはなれないんだなと早々に諦めた私です。
「シャーロキアン」もすぐに音を上げてしまったしなぁ…
 ※仏像ガール:「仏像に熱を上げる女性」
[ 2009/05/20 21:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
プロフィール画像
Author:4da
漢気溢るる管理人。
ガチっとムチっとがモットーです。

【コメントへの返信について】
拍手コメントは記事のコメントにて、メルフォについてはその月の[気になる]記事のコメントにて返信しています。

にほんブログ村 BLブログ BL小説読書感想へ にほんブログ村 BLブログ BL漫画感想へ

サイト内検索



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。