Yes!腐漢ライブラリー

濃いめのBL漫画やBL小説などの感想を色々と。ガチッとムチっとが大好物な大人向けです。(+BLアラブもの小説読破中)

映画「トワイライト~初恋~」 日本の『オトメ』の感想は?

[ 2009/04/05 00:44 ] TB(0) | CM(0)
トワイライト~初恋~
B001O771UK

■あらすじ
公式あたりで確認してください。
 映画「トワイライト~初恋~」

■映画評まとめ
 2009年04月04日公開『 トワイライト~初恋~ 』|映画批評なら映画ジャッジ!

■普通の感想
主人公のベラがとにかく可愛かった!『謎めいた美少年』のエドワードがかすんで見えるほどキラキラしてました。…私にはそう見えたんです(笑)
出逢った瞬間から気になって気になって仕方ないエドワードに惹かれていくベラの心情を丁寧に描いている作品だなと思いました。聡いからなのか、気になるが故なのか、次第に彼の秘密に近づいてしまうベラ。普通の高校生が○○○(隠すこともないんですが)という答えにたどり着くのが凄い!というかあり得ない…と苦笑しましたが、それこそ「恋のなせる技」というところでしょうかね?
年中曇り空で雨の多いフォークスという街が舞台の作品ですが、山々の緑がとても綺麗で印象的。陽の光が差し込むシーンがほとんどない作品でしたが、あまり陰鬱な印象を受けなかったのは、この緑のおかげですかね。(太陽は一瞬だけ出てきますが、効果的に使われてます。キラキラがポイント!)
続篇「ニュームーン(New Moon)」の公開が楽しみですね!

▼▼▼ 以下、オタク本領発揮な感想です。ご注意を!
   
B001P3POZC

■普通じゃない感想 
『世界中のオトメが熱狂!』という触れ込みだった「トワイライト~初恋~」。
エンドロール後の正直な感想はというと、

 ヤバイ、自分 オトメ じゃないっす!

見た目も歳も全然違うけど、心はまだまだオトメです!
自分ではそう思い込んでいましたが、この映画を観てもまったくと言っていいほどトキメキを感じなかったんですねー
これは正直焦りました(笑)
謎めいた少年「エドワード」。確かに主人公ベラとのファーストコンタクトのシーンはスローモーションで登場してかっこよさポイント(というかベラのひとめ惚れの演出ですかね)ありでしたが、なんせ彼の顔色が白すぎて微妙。「色白の美少年」と言われても、う~ん・・・もうちょっと神秘的なメイク方法もあっただろうになぁ…まぁ私の好きな感じの俳優ではないということでこの部分は解決。
その後もベラのピンチに何度となく現れて正義の味方になったり、親密な関係になった後のイチャこらするシーンやストレートすぎる愛の囁きにもピンとこなかったんです。
わー、自分どうしたんだ!オトメ盛りはとっくに過ぎてしまったということか?ショック!

気を取り直して。
気になるエドワードをつい目で追いかけてしまうベラや、そんなベラをせっつくクラスメイトの女子、なんにも考えてなさそうな同級生の男子とのおちゃらけた絡みのシーンは面白かった!というか、こちらのシーンの方がベラにとっては「非現実的」で、エドワードとの怪しげ(≠エロ)なシーンの方が「現実的」という感じ。このギャップ部分はよかったなー
エドワードはエドワードで、近づいてはいけないと分かっていても、ついベラに接近してしまいます(彼女のいい美味しそうな匂いにつられて)。それなのに「俺に近づくな(だって俺、吸血鬼だし)」という意味不明な言動を繰り返ますが、このシーンは彼なりの迷い・戸惑いがとてもよく出ていたと思います。

で。映画を観ながら、いや観る前から思っていたんですが、「これって飽きるほど読んでる設定じゃね?」と。

 -恋した相手は吸血鬼でした-

幼い頃から、そりゃもう飽きるほど。腐ってからも腹一杯になるまで読み続け、見続けてきた設定じゃありませんこと?
実は上映中、ポッキリ心が折れかけてしまった私(ねっ眠い…)。慌てて「俺の好きな人(彼)はヴァンパイヤ」という設定の2次創作の同人誌を思い出し、なんとか復活!(笑) それも何作品も…(その後は永遠とヴァンパイヤ関連のBL本を思い浮かべて時間を潰しました。結構あるんだよね)
もうさ、ヴァンパイヤ設定って回りまわって360度戻って来ちゃってるんだよなー
180度なら新鮮で夢中に観られたのにっ!
そんな感じで、途中からはベラとエドワードに別キャラを充てて映画を楽しむという暴挙に出てみました。萌えた。非常に萌えましたとも(笑)

「ヴァンパイヤ設定に飽きた」というと語弊があるかもしれませんが、ストーリーの作りが新鮮みに欠けるというか。目新しい設定がなかったというか。面白いものはどんな設定でもやっぱり面白いのです。ちなみに吸血鬼ものは大好き。(鬼=吸血鬼とかね)

そんな訳で、私がトキメかなった訳は決して「オトメ失格」だったからではなく、「ティーンエージャー」ではなかったからでもなく、日本のオタクだったからなのでした。<自己完結型の結論。
うーん。オタクじゃなくても、日本人なら見飽きた設定なんじゃないですかね。熱狂するほどハマる人は少ないんじゃないかなぁ~と思いますけどいかがでしょうか?

■ブログ内記事関連カテゴリー : 映画
[タグ : ]
■カテゴリ : 映画
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
プロフィール画像
Author:4da
漢気溢るる管理人。
ガチっとムチっとがモットーです。

【コメントへの返信について】
拍手コメントは記事のコメントにて、メルフォについてはその月の[気になる]記事のコメントにて返信しています。

にほんブログ村 BLブログ BL小説読書感想へ にほんブログ村 BLブログ BL漫画感想へ

サイト内検索