Yes!腐漢ライブラリー

濃いめのBL漫画やBL小説などの感想を色々と。ガチッとムチっとが大好物な大人向けです。(+BLアラブもの小説読破中)

灼熱の楔につながれて(橘かおる)-アラブもの小説(038)

[ 2008/12/10 00:03 ] TB(0) | CM(0)
灼熱のアラブ100 ~アラブ・フェア開催中~

BLアラブもの小説(砂漠もの)38冊目。

橘さんの「灼熱シリーズ」3作目。
前作「~肌にくちづけて」で悪役だった「アスーラ」が今回の攻王子様です。誰がどう読んでも、まったくもって酷い王子様です。が、憎めないキャラクターなんだなぁ。

□灼熱シリーズ/橘かおる
 1作目:灼熱の夜に抱かれて-アラブもの小説(035)
 2作目:灼熱の肌にくちづけて-アラブもの小説(037)
 3作目:灼熱の楔につながれて-アラブもの小説(038)
 4作目:灼熱の闇に魅せられて-アラブもの小説(039)
 5作目:灼熱のまなざしに射抜かれて-アラブもの小説(040)
 6作目:灼熱の愛に誓って-アラブもの小説(041)
 -作目:灼熱の愛は誓ったけれども…-アラブもの小説(---)
 7作目:灼熱の疾風にさらわれて-アラブもの小説(042)

灼熱の楔につながれて
橘 かおる
4829622806

■灼熱の楔につながれて
著者:橘かおる
イラスト:亜樹良のりかず
出版社:プランタン出版(プラチナ文庫)
装丁:文庫
発行日:2005.04.25
ジャンル:現代 熱砂の国ディルハン
攻:元王族
受:ジャーナリスト(日本とディルハンのハーフ)
収録:「灼熱の楔につながれて」

-あらすじ-
ジャーナリストの晄は、テロリストのアスーラに陵辱されるが、彼の正体がクーデターで国を追われた皇太子だということに気づく。そして秘密の地下宮殿を知ってしまったがゆえに、その寵姫の間で虜囚の身となってしまい――「狂うほどの快感で啼かせてやる」疼く隘路を押し広げる熱塊は、抵抗する晄を快楽に落とした。やがて、情熱を宿す彼の緑の瞳に囚われている自分に気づくが……。待っているのは裏切りか愛か、危険に満ちた熱砂の国のゴージャス・ロマン


▼▼▼ …「灼熱の楔につながれて」の感想を読む

 
■アラブさまチェック!
 クーデターにより失脚した国の皇太子。瞳が緑色なのが特徴です。テロリストなのに気品のあるお顔立ちでございます。

■感想
別の作品で悪役だった人物が攻役に昇格というパターンは珍しいですね。(脇役がスピンオフでという作品は数多くありますが)もっとも、「本当に悪役」だった場合は、見目が麗しくないor超変人なことが多いため、すぐに判別できてしまうのですが(笑)

前作で悪役だったアスーラ元皇子。テロリストという役柄(?)からも予想できるように、かなり酷いんです。受役である晄の寝込みを襲撃(カメラを奪う目的)→何故か陵辱プレイへ…
いかがわしいナニガシかを晄の秘所へ突っ込んだりするという暴挙を繰り広げる散々な内容だったんですが、案の定、晄の色香に負けてしまい、『ミイラ取りがミイラになる』を地でやってしまっている皇子さまでした。そんな傍若無人のアスーラが、晄と身体を重ねていくことで次第に変化していくのですが。

 「この俺が、なんとしたことだ」
 「どうして…」

のような、皇子さまの独白が入ってくるんですよね~
大変分かりやすくてありがとうございます。という気もしたのですが、ない方がいいような。やっぱりあった方がいいような……
なんか一気にヘタレ皇子に成り下がってしまったような感じに受け取れてしまって残念なような…
だって復讐を誓う孤高の元皇子さまなんですよ?(あ、それが受には自然と心を開いていき…みたいな?)
私的には違う表現で表して欲しかったなぁと思いました。でもこれがあるから憎めない奴になってる気もする訳で…むむむ。

お話の方が最終的な解決に至っていません。(元皇子さまはテロリストのまま)この後のシリーズで書かれるのでしょうかね。気になるなぁ~

■コメント
今回も前2作に登場した王子様がチラっと登場しておりました。「肌にくちづけて」のカシムは、登場した瞬間から晄を口説いておりました(笑)。王子も増えれば国も増えて大混乱中です。サラーラ、サウディン、ディルハンと増殖中。嗚呼、どこかに『キャラクター相関図』がないものかしら…

■今までのアラブ・フェア本はこちら。→BLアラブもの小説全部読むよ! ~アラブ・フェア開催中~
 
[タグ : アラブ 橘かおる 亜樹良のりかず 裏社会 ]
■カテゴリ : アラブ・フェア
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
プロフィール画像
Author:4da
漢気溢るる管理人。
ガチっとムチっとがモットーです。

【コメントへの返信について】
拍手コメントは記事のコメントにて、メルフォについてはその月の[気になる]記事のコメントにて返信しています。

にほんブログ村 BLブログ BL小説読書感想へ にほんブログ村 BLブログ BL漫画感想へ

サイト内検索