Yes!腐漢ライブラリー

濃いめのBL漫画やBL小説などの感想を色々と。ガチッとムチっとが大好物な大人向けです。(+BLアラブもの小説読破中)

スポンサーサイト

[ --/--/-- --:-- ] TB(-) | CM(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ : ]
■カテゴリ : スポンサー広告

金瓶梅・奇伝 炎のくちづけ-水上シン

[ 2008/09/29 00:06 ] TB(0) | CM(0)
ニュースを見てハッとなった私。

 まだ 金瓶梅(きんぺいばい) 読んでないんですけど。

中国の古典なのですが、小説で読むべきか?グリム童話で読むべきか。アダルDVDで観るべきか…

水上さんの金瓶梅も凄かった!表紙から裸体全開、フル回転!
原作では金蓮が女性ですが、こちらの金蓮は青年となっております。

金瓶梅 - Wikipedia

金瓶梅・奇伝 炎のくちづけ
水上 シン
4835215494

■金瓶梅・奇伝 炎のくちづけ
著者:水上シン
出版社:ビーボーイコミックス(ビブロス)

-あらすじ-
ド貧乏のはみだしっ子・金蓮は、たったひとつの取り柄である美肉を武器に成り上がるため大富豪に身を売り渡し、生きる性玩具となる道を選ぶ! でもその心の中には幼なじみの暴れん坊、お日様・武松がいた!! BL金瓶梅、待望の単行本化! 描き下ろし有。


▼▼▼ …「金瓶梅・奇伝 炎のくちづけ」の感想を読む
 
■感想
描き下ろしも含めて丸々一冊がBL版「金瓶梅」。
私が知り得る金瓶梅の内容といったら、『中国の古典で禁書にもなったエロス満載の小説』ということだけです(笑)
ですので、水上さんの金瓶梅がどのくらい原作と同じで異なっているのかをチェックすることができないのが残念。金蓮が悪女らしいのですが…

でも、原作をまったく知らなくても十分過ぎるほど楽しめる作品です。
ストーリーもまさに波瀾万丈!金蓮が少年時代から話はスタート。母親の病気のせいで村人から邪険に扱われている金蓮を気遣ってくれる武松。やがてそんな武松に心開いていく金蓮。しかし見目麗しく育ってしまった彼に目をつけた金持ちに屋敷へと連れて行かれます。性奴として生きていくことを誓った金蓮ですが、いつも心の中には武松がいて…

超ハード!いろいろと。前半はそうでもありませんが、金蓮が西門というひと癖もふた癖もある男の屋敷へと連れて行かれた後は酒池肉林という言葉はこのページのためにあるんじゃないの?と言いたくなるほど、豪華な裸体が満載です。
金蓮以外の男妾がたくさん登場しますので、衣装や髪型を見ているだけでも目の保養になります。
水上さんの描かれる流れるような黒髪が大好き~

金蓮と武松以外にも様々な人々の思いが交錯し、ちょっとホロっとさせられる部分もあったりします。
大勢居る男妾たちひとりひとりにもドラマがありそうで、番外編として読んでみたいなと思いました。

ラスト、武松が金蓮に思いの丈をぶちまけるシーンでは、いろいろな映画を思い出しながら堪能。
一番は吉原炎上かな?(燃えてる所だけじゃんw)
とってもドラマチックです。

描き下ろしはほのぼのとした金蓮と武松のお話。
本編がシリアス調だったので、力を抜いて気楽に楽しめます。

■コメント
「スーパービーボーイコミックス」ではなく「ビーボーイコミックス」からの発売だったのが今でも不思議な作品。どんな基準でBBCとSBBCは別れてるんでしょうかねぇ~
エロいとSBBCだと思っていたのですが、はて?

何度読み返しても新しい発見があって面白い作品です。
金瓶梅は『水滸伝の中の武松のエピソードを入り口にして~』ということなので、水滸伝を読んでから再読してみると、また違った面白さが発見できるのかも。
水滸伝もどこから手をつけてよいのか迷いますねぇ~
その前に三国志?
どの作品も、原作はおいそれと手を出せそうにもないのが辛いところです(笑)
 
[タグ : ]
■カテゴリ : 水上シン
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
プロフィール画像
Author:4da
漢気溢るる管理人。
ガチっとムチっとがモットーです。

【コメントへの返信について】
拍手コメントは記事のコメントにて、メルフォについてはその月の[気になる]記事のコメントにて返信しています。

にほんブログ村 BLブログ BL小説読書感想へ にほんブログ村 BLブログ BL漫画感想へ

サイト内検索



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。