Yes!腐漢ライブラリー

濃いめのBL漫画やBL小説などの感想を色々と。ガチッとムチっとが大好物な大人向けです。(+BLアラブもの小説読破中)

絆シリーズ-こだか和麻

[ 2008/09/18 00:09 ] TB(0) | CM(0)
16年越しの大作がようやく完結。(あれ?完結でいいんですよね?)
私は、雑誌『BE・BOY GOLD』掲載時には全く手を付けなかった作品です。
「後でコミックスを揃えてからでもいいかなー」と悠長に構えていたら、ビブロス倒産。
タイミング悪すぎです!(笑)

1巻の「Kizuna絆」が発売されたのは1992年12月!まだ青磁ビブロスだった頃なんですね~
その頃私は何をしてたのか思い出せもしません…

今回は愛蔵版(1~5巻)のカバーが素敵なので写真を撮ってみました。(Amaz○nさんが遅いので)
4巻の政がステキ刺青で格好いいですね。

ちなみに、最終巻「KIZUNA 11」をアニメイトで購入すると、愛蔵版っぽい限定デザインのカバーがついてます。

絆カバー

b-boy webにて2008年11月30日まで『つながる絆キャンペーン』を開催中。
クイズの答えを入力すると、PC用壁紙&携帯用待受画像が貰えます。
絵柄は↑の最終巻「KIZUNA 11」と同じ。当然ですが圭は見切れてませんでした(笑)

▼▼▼
 
■絆/こだか和麻/リブレ出版

-超かんたんあらすじ-
恋人同士である圭と蘭丸のストーリーを軸にして、圭の腹違いの弟・桂と世話係の政(ヤクザ)との恋の行方を長い期間追いかけ、丁寧に描いた作品。「圭×蘭丸」は中学校~大学卒業まで、「政×桂」は幼稚園~大学生まで。ヤクザの世界を描いているシーンが多いので硬派な作品。だと思います。

---

「圭×蘭丸」派、「政×桂」派に二分されるのではないかと予想される本作品。

私はやっぱり JB×ロイ 派!

※敵対組織に狙われた桂のボディーガードとして雇われたのがロイ。桂を付け狙うヒットマンがJB。
ちなみにどちらも職業:殺し屋(師弟関係)です。

愛蔵版の5巻なんて、幸せ過ぎて鼻血がでるかと(笑)
(5巻の番外編はJB×ロイのお話です)

その前に、JBとロイって脇役・・・

4巻までは割かし淡々と読んでいたのですが、ついに5巻で波が来ましたね。
3巻に掲載されている2人の過去話も気になったのですが、本編でも『絶対に脇役』なポジションだったし、「もう登場することはなかろうな」というラストだったので、そのまま燃え上がることもなく5巻前半まで読み進めてました。

それがいきなり5巻「GUN&ROSE-前後編」で2人が登場!(このお話自体が超番外編?)ラブラブっぷりを見せ付けてくれるモンですからびっくりですよ。JBのクールさもいいけど、ロイの七変化(変装)が見ていて楽しいです。
そしてどちらもやきもち焼きなのがイイデスネ~
「怒った時のジャックがいい」ってのは正解。

「GUN&ROSE」の内容は、殺しの依頼を受けた2人が…な感じ。『BORDER-境界線 1-』が好きな人なら当然面白いと思います。派手な爆破シーンもありますしね。
そして書き下ろしの番外編。・・・買ってよかった(笑)

■コメント
本編の2カップルについては長い期間のお付き合いになりますので、少なくともあと5回は読み込み合宿をしないと、きちんとした感想が湧いてこない気がします。

現在の感想。
「政×桂」について : 「坊、おおきゅうなりましたなぁ…」
「圭×蘭丸」について : 「美味しい時期はこれからですね!」

今のところはこんな具合です。

■絆1~5とKIZUNA11巻
絆 1 (1) (ビーボーイコミックスDX)
4862634001

絆 2 (2) (ビーボーイコミックスDX)
4862634184

絆 3 (3) (ビーボーイコミックスDX)
4862634346

絆 4 (4) (ビーボーイコミックスDX)
4862634478

絆 5 (5) (ビーボーイコミックスDX)
4862634664

KIZUNA 11 (11) (ビーボーイコミックス)
4862634591

 
[タグ : ]
■カテゴリ : こだか和麻
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
プロフィール画像
Author:4da
漢気溢るる管理人。
ガチっとムチっとがモットーです。

【コメントへの返信について】
拍手コメントは記事のコメントにて、メルフォについてはその月の[気になる]記事のコメントにて返信しています。

にほんブログ村 BLブログ BL小説読書感想へ にほんブログ村 BLブログ BL漫画感想へ

サイト内検索