Yes!腐漢ライブラリー

濃いめのBL漫画やBL小説などの感想を色々と。ガチッとムチっとが大好物な大人向けです。(+BLアラブもの小説読破中)

エピキュリアン-美貌の誘惑II-(遠野春日)-アラブもの小説(030)

[ 2008/09/20 00:03 ] TB(0) | CM(0)
灼熱のアラブ100 ~アラブ・フェア開催中~

BLアラブもの小説(砂漠もの)30冊目。

美貌の誘惑」の続編です。無事(?)、諜報員を辞めた響とファイサルの逃避行中のお話。ほんっっっと、羨ましいほど優雅な逃避行でした(笑)

[新装版]エピキュリアン-美貌の誘惑II-(遠野春日)-アラブもの小説(030.5)

エピキュリアン-美貌の誘惑II-
遠野 春日
4946569499

■エピキュリアン-美貌の誘惑II-
著者:遠野春日
イラスト:小笠原宇紀
出版社:雄飛(アイノベルズ)
装丁:新書
発行日:2004.05.01
ジャンル:現代 世界中を旅してます
攻:中東某国の王子殿下 第4王子
受:日本人とアメリカ人のハーフ。元諜報員(一応)
収録:「エピキュリアン-美貌の誘惑II-」

-あらすじ-
儚げながらも匂い立つような艶のある美青年・伊勢原響の恋人は、中東某国の王子・ファイサル。精悍で端整、それでいて他を威圧するような独特の雰囲気を持つ彼は、美術品を盗むことを密かな趣味としている。蕩けるように甘く優雅な暮らしを謳歌していた2人のもとに、秘密のパーティーへの誘いが舞い込んできた。その会場の淫靡な雰囲気に呑まれながらも、ファイサルがある絵に目をとめたことに気づいた響は、自らの美貌を武器に絵の所有者に近付いていく……。しかし、妖しく淫らな罠が少しずつ響を溺め捕って――?


▼▼▼ …「エピキュリアン-美貌の誘惑II-」の感想を読む
 
■アラブさまチェック!
 割愛。

■感想
総じてアラブ王子はしつこいらしく。

前作で兄を出し抜き、響を守りきったファイサル。ですが、未だにしつこい兄王子に追い回されている模様です。

そんな訳で現在ふたりは世界中をラブラブ逃避行。金はホント、腐ってるんじゃないかってほど持っているファイサルですから、ロスを出発して南アメリカ~東南アジア~アフリカ~欧州を気ままに(見える)旅を続けています。そしてたどり着いたのが、モナコ風の「モンテローザ公国」。今回はここでのお話になります。

響は諜報員を辞めたというか辞めさせられてます。そして「もういいですから!」と、こちらがお断りしたいくらい、終始「あんあん」喘いでおりました(笑)。まぁ、ファイサルが絶倫設定ですから仕方ないんですけどね。

そしてまぁ、全く使えない諜報員だったくせにファイサルの趣味(=怪盗)に首を突っ込む響。案の定、ターゲットである春画の持ち主に媚薬を盛られて、これまた「あんあん」喘いでおりました。ファイサルにとっては手が掛かる恋人ほど愛おしいんでしょうねー(笑

前作から3ヵ月経過しているという設定になってますが、その3ヵ月の間に出会った人が登場したりするので、一瞬???となるかもしれません。(※この間のお話は、筆者の同人誌で読めるらしいです。情報ありがとうございましたー!)

行間を読み取ると4P……とかあったらしいですが、さて。淫靡なナニガシかをしていることは間違いなさそうです。

■コメント
多分このお話は、続ける気になればいつまでも続くシリーズになりそうですね。

 ファイサル、お宝に目をつける → 響が首を突っ込む → 話がややこしくなる

こんな感じでしょうか?
でも今回の事件でファイサルも懲りたらしく、泥棒は引退するつもりみたいです。そして盗んだ品を正当な持ち主に返してあげるのもいいかもなんて言ってますので。

 ファイサル、お宝を返しに行く → 響がドジを踏む → 話がややこしくなる

やっぱりこんな感じでしょうか?(笑

残念ながら、雄飛が消えてしまったので続編は期待できそうにもありませんが、次はどの国へ行ってあれこれプレイするのかなぁ~と考えるもの面白いかなと思いました。

■今までのアラブ・フェア本はこちら。→BLアラブもの小説全部読むよ! ~アラブ・フェア開催中~
 
[タグ : アラブ 遠野春日 小笠原宇紀 媚薬 ]
■カテゴリ : アラブ・フェア
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
プロフィール画像
Author:4da
漢気溢るる管理人。
ガチっとムチっとがモットーです。

【コメントへの返信について】
拍手コメントは記事のコメントにて、メルフォについてはその月の[気になる]記事のコメントにて返信しています。

にほんブログ村 BLブログ BL小説読書感想へ にほんブログ村 BLブログ BL漫画感想へ

サイト内検索