Yes!腐漢ライブラリー

濃いめのBL漫画やBL小説などの感想を色々と。ガチッとムチっとが大好物な大人向けです。(+BLアラブもの小説読破中)

映画「ダークナイト」 ザ・ボスとジョーカー

[ 2008/09/08 00:04 ] TB(0) | CM(0)
「ダークナイト」を観た感想っぽい雑記の2回目。

※非BL話です。

■ダークナイト感想(表)
主人公のブルース(=バットマン)が惚れている幼馴染以外はほぼ男性陣が出張っているというステキ映画でした。
何といってもブルースの執事・アルフレッドがおちゃめさんでかっこいい!
唯一ブルースを諌めることができる頼もしいおじいちゃんなのですが、洒落っ気たっぷりなセリフの返し方が素敵。彼の存在が「ダークナイト」で唯一のほっとできる息抜きポイントになってます。その他のシーンは終始嫌な汗が出っぱなしですが(笑)。

そして悪役ジョーカーの存在が強烈。行動そのものが痛すぎるということもありますが、バットマンに語りかけるひとことひとことが、観ている観客の胸に突き刺さるのです、グサグサと。
「あぁ~、それはヒーローに言っちゃイカンだろ…」とバットマンが正義の味方だと思って観ている観客にはショックが大きいのが原因だと思います。

最後の最後で、「ダーク・ナイト(闇の騎士)」というタイトルがかなり効いてくる作りに思わず「うっ」っと涙目になってしまいました。隣の席の人も鼻をすすっていましたが、単に館内が寒かっただけかも・・・(笑)

英語のタイトル「The Dark Knight」を「The Dark Night」だと思い込んでいたのは内緒。恥ずかしいです!

※以下はネタバレ&ゲーム「メタルギアソリッド3: スネークイーター」をプレイしてないと???な内容になってます。

▼▼▼
メタルギア ソリッド 3 スネーク イーター PlayStation 2 the Best
B000X20TW4


―――国に忠を尽くすか? それとも私に忠をつくすか? 国か恩師か? 任務か思想か? 組織への誓いか? 人への情か?  (METAL GEAR SOLID 3: SNAKE EATER)

■ダークナイト感想(裏)
「もう一度観たい」という衝動と、「もう二度と観たくない」という恐怖に駆られた映画でした。
確かに凄かった、凄まじかったのは事実ですが、「面白かった」という言葉だけでは語れない「何か」が心の中に引っかかります。
ジョーカーがバットマンと人質同然になってしまったゴッサム・シティーの住民に突きつける要求それぞれが、観ているこちらまで頭が痛くなる問題ばかり。「一方を選べば一方が死ぬ」という二択の問題を次々と突きつけてくるジョーカー。2時間45分の上映時間がこれ程も長いと感じた作品はありません。「とにかく早く終わってくれ、頼む!」(尻が痛くて早く帰りたかった「ワイアット・アープ」で感じた長さとは全く違った長さですけど)

しかし、ジョーカーの登場するシーンはいちいち心臓に悪いです。椅子から飛び上がってしまうこと数回。(トトロで真っ黒クロスケがワッって出てくるシーンくらい飛び上がった)後ろの座席には誰も居なかった・・・と思いたい。ごめんなさい!

■で、スネークの話
改めて何なのですが、バットマンって無敵のヒーローではないんですね。
ごく普通の人間が(当然鍛えてはいますが)、補助的な役割のバットスーツや超改造車のバットモービルを使って悪人を懲らしめているだけ。いくら新素材の強化スーツを着ているからといってもそこは人間、蹴られたり殴られたりすれば痛いし、犬に噛まれれば腕に跡が残ります(笑)
バットマン」という名前から空を飛んでいる姿をイメージしがちですが、あれは単にグライダーの原理を利用しているだけであって、スーパーマンのように自力?で飛行している訳ではありません。

「ダークナイト」を観終えた後、これはスネークだと思いました。
「ソリッド」ではなくてスネークイーターの「ネイキッド」の方。
身体ひとつで敵地へ潜入、美女に弱くて変態オセロットに懐かれたり、信じていたボスには裏切られて身も心もボロボロ。それでも任務を遂行するスネークの先にあるものは。

映画とゲーム。話の内容も全く異なるふたつの作品ですが、私は非常に似ているなという印象を受けました。
特にザ・ボスのセリフ。上記で紹介した「国に忠を尽くすか?」のくだりです。

「ダークナイト」でも非常に難しい要求をジョーカーがバットマンに突きつけます。それも再三三度。
街の新たなヒーローを救うか、幼馴染の彼女を救うか。自分自身を貫くか(銃は使わない・殺人を犯さない等)、街のためにジョーカーを殺すか。バットマンは大いに迷い悩みます。
迷った挙句、反則技で違法捜査に手を出すバットマン。ジョーカーを殺すチャンスは何度もあったのに、結局手を下すことはできませんでした。(これは自分の両親を殺された影響が大きいからかもしれませんが)

スネークはというと、迷った挙句ザ・ボスを殺すという任務を遂行します。後にボスの名を受け継いでビック・ボスとなった彼は「あの時の判断は正しかったのか」と苦悶し、その後の世界に多大なる影響をもたらすことになります。(これは4・ガンズ・オブ・ザ・パトリオットでの会話に出てきますね)

「ダークナイト」の最後では、正義の味方から一転、街の平和のために悪の化身へと身を落とすことになるバットマン。続編が作られることは確実らしいので、今後バットマンがどのような方向へ進んでいくのか非常に興味がそそられます。

■メタルギアだ!
蛇足ですが、「メタルギアだなぁ~」と思った部分。
香港に出張(?)したバットマンが島から脱出するシーン。(不法入国してるので)
風船(というか気球?)で空に浮かび上がったところを飛行機に捕まえてもらうなんてメタルギアっぽくないですか?(笑)
「スネークイーター」だなと思ったのも、ゲームのオープニング「HALO降下作戦」の逆をやってるバットマンが面白かったからです。ちょっとこのシーンには感動を覚えました。笑えるけど。

ダークナイト(クリスチャン・ベール、ヒース・レジャー出演)
B001AQYQ1M


■あらすじ
公式あたりで確認してください。(※音出ます)
 ダークナイト  http://wwws.warnerbros.co.jp/thedarkknight/

 ※「ポスター」を観るなら、断然.com版の方がオススメ
  「ジョーカーがラクガキしちゃったポスター」の方がカッコイイ!
  The Dark Knight  http://thedarkknight.warnerbros.com/

■映画批評まとめて
2008年08月09日公開 「 ダークナイト 」 | 映画批評なら映画ジャッジ!

■ブログ内記事関連カテゴリー:映画
[タグ : ]
■カテゴリ : 映画
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
プロフィール画像
Author:4da
漢気溢るる管理人。
ガチっとムチっとがモットーです。

【コメントへの返信について】
拍手コメントは記事のコメントにて、メルフォについてはその月の[気になる]記事のコメントにて返信しています。

にほんブログ村 BLブログ BL小説読書感想へ にほんブログ村 BLブログ BL漫画感想へ

サイト内検索