Yes!腐漢ライブラリー

濃いめのBL漫画やBL小説などの感想を色々と。ガチッとムチっとが大好物な大人向けです。(+BLアラブもの小説読破中)

スウィート・ドリーム-ラヴェンダーロマンスシリーズ(番外篇)

[ 2010/12/25 00:00 ] TB(0) | CM(7)
ラヴェンダーロマンスシリーズ番外編。

私立探偵『アレックス・ケイン』が活躍するシリーズ第1作。シリーズとしては6冊ほど発売されているようですが、翻訳されているのはこの1作のみ。残念だ…。内容はアレックスの自己紹介を兼ねたハードボイルド、、、なんですかね?

ラストがなんだか『ミッション:インポッシブル』なんですけど…(笑

スウィート・ドリーム
ジョン・プレストン
4893674560

■スウィート・ドリーム/著者:ジョン・プレストン/訳者:葛野葉子/イラスト:京極薫
出版社:白夜書房(アレックス・ケイン・シリーズ)
装丁:新書
発行:1994.11.1

▼▼▼ …スウィート・ドリームの感想を読む[ネタバレあり
[タグ : 翻訳作品 ]
■カテゴリ : ラヴェンダーロマンス

ヴィレッジの掟-ラヴェンダーロマンスシリーズ(7)

[ 2010/12/22 00:00 ] TB(0) | CM(0)
ラヴェンダーロマンスシリーズ第7弾。

 -私はコレでジム通いを辞めました-

まぁ久しくズル休み中なのは事実なんですけど、ジムに行くのが本当にイヤになる作品でした(笑)。そもそも私が行っていたのはジムなのかはたまた…。
『都会の掟』というよりも『都会ってコワい!』というのが、田舎者の感想であります…。

都会って!!

ヴィレッジの掟
クリストファー・モーガン
4893674722

■ヴィレッジの掟/著者:クリストファー・モーガン/訳者:横須賀零/イラスト:松崎司
出版社:白夜書房(ラヴェンダーロマンスシリーズ)
装丁:新書
発行:1995.3.15

▼▼▼ …ヴィレッジの掟の感想を読む[ネタバレあり
[タグ : 翻訳作品 ]
■カテゴリ : ラヴェンダーロマンス

重い鎖-ラヴェンダーロマンスシリーズ(6)

[ 2010/12/19 17:36 ] TB(0) | CM(0)
ラヴェンダーロマンスシリーズ第6弾。

シリーズ中で最も長丁場の作品です。だからなのか一度読んだだけでは内容が理解できない、、、といいますか、ピントをどこに絞ったらよいのか分かりづらいんだよなぁ…。何度も読み返すのが「重い」内容となりました。
今回はズバり、逃げるが勝ち!(笑)

重い鎖
ラリー・タウンゼント
4893674641

■重い鎖/著者:ラリー・タウンゼント/訳者:望月弘子/イラスト:京極薫
出版社:白夜書房(ラヴェンダーロマンスシリーズ)
装丁:新書
発行:1995.2.10

▼▼▼ …重い鎖の感想を読む[ネタバレあり
[タグ : 翻訳作品 ]
■カテゴリ : ラヴェンダーロマンス

レザーボーイ・キッス-ラヴェンダーロマンスシリーズ(5)

[ 2010/12/16 00:05 ] TB(0) | CM(2)
ラヴェンダーロマンスシリーズ第5弾。

「あら、思ったよりもBLですね!」と感じてしまった私は、随分と高い山に登りつつあるのでしょうか…。だって恋愛がどうのこうの(この程度)しているし、それだけで仕分け理由としては十分でしょう(笑)。

原題は『Kiss of Leather』。「Kiss of Death」(死の接吻:命取りの行動)からもじっています。そのまま「レザーの接吻」というタイトルにしてくれれば「レザーに気をつけなはれや!」なんて内容なのかしらと想像することができたんですが、邦題は『レザーボーイ・キッス』に変わっているので、「レザー好きの青年が入り乱れての…」という内容なんだろうと、話の後半までずっと思い込んでいたという。。。まぁ大体あってます。

 【---読書中---】

・・・はっ、『レザー』ってそうゆうレザーだったの!?

レザーボーイ・キッス
ラリー・タウンゼント
4893674633

■レザーボーイ・キッス/著者:ラリー・タウンゼント/訳者:田中誠/イラスト:京極薫
出版社:白夜書房(ラヴェンダーロマンスシリーズ)
装丁:新書
発行:1994.12.10

▼▼▼ …レザーボーイ・キッスの感想を読む[ネタバレあり
[タグ : 翻訳作品 ]
■カテゴリ : ラヴェンダーロマンス

愛の奴隷-ラヴェンダーロマンスシリーズ(4)

[ 2010/12/14 00:00 ] TB(0) | CM(2)
ラヴェンダーロマンスシリーズ第4弾。

4冊目にしてようやく「小説読んどる!」という充足感が味わえました(笑)。前3冊が未知との遭遇すぎたのかもしれませんが…。
『愛の奴隷』はシリーズ中で唯一の歴史もので古代ローマが舞台となってます。ローマといえば剣闘士。剣闘士といったら奴隷という訳で、今も昔もローマが熱い!者代表としましては、好物揃いで大満足の作品でした。

さて。好きなジャンルだと3割増しで面白く感じるのですが、ラッ○ル・クロウやジェラルド・○トラーが甲冑姿じゃないと、5割増し(5割引?)で興味がダウンするのはナゼなんでしょうか…不思議。(ファンの方ゴメンナサイ)

チェック柄のシャツとかもうさ…。(ひたすらゴメンナサイ)

愛の奴隷
アーロン・トラヴィス
4893674323

■愛の奴隷/著者:アーロン・トラヴィス/訳者:風間賢二/イラスト:松崎司
出版社:白夜書房(ラヴェンダーロマンスシリーズ)
装丁:新書
発行:1994.7.10

▼▼▼ …愛の奴隷の感想を読む[ネタバレあり
[タグ : 翻訳作品 ]
■カテゴリ : ラヴェンダーロマンス

美しい獲物-ラヴェンダーロマンスシリーズ(3)

[ 2010/12/10 00:00 ] TB(0) | CM(2)
ラヴェンダーロマンスシリーズ第3弾。

第1弾第2弾共に、マッチョの森に閉じ込められているような圧迫感がたまらない(?)作品でしたが、第3弾『美しい獲物』は「ようやく娑婆に出てきたぜ!」と開放感あふれる、、、あふれすぎてハイパーサーマルモード発動!「装画が松崎さんなんだ~」とか言ってる余裕がまったく持てない作品でした。ロマンス?そんなこまけぇ話はいいんだよ!
「アブナすぎて出版社も尻込みした」という話がマジすぎて笑えないよ、ママン…。

【説明しよう、ハイパーサーマルモードとは】

 『この手法は、最も力強い衝撃を与える書き方だ。つまり、三人称の語りと現在形によって物語の展開に映画的直接性を付与すること、および拘束性のない単語の使用、メロドラマ的要素への執着、そして50年代フィルム・ノワールに見られる罪と罰の意識である。(6ページ)

???

珍紛漢紛。

美しい獲物
アーロン・トラヴィス
4893674218

■美しい獲物/著者:アーロン・トラヴィス/訳者:風間賢二/イラスト:松崎司
出版社:白夜書房(ラヴェンダーロマンスシリーズ)
装丁:新書
発行:1994.6.5

▼▼▼ …美しい獲物の感想を読む[ネタバレあり
[タグ : 翻訳作品 裏社会 ]
■カテゴリ : ラヴェンダーロマンス

柔らかい蕾-ラヴェンダーロマンスシリーズ(2)

[ 2010/12/08 00:00 ] TB(0) | CM(0)
ラヴェンダーロマンスシリーズ第2弾。

ラヴェンダー「ロマンス」シリーズなのにロマンスの要素が一切皆無。肉体至上主義!な作品でした。「私の尻はたしかにみごとだった-(144ページ)」尻自慢も忘れてはいけません。
第1弾の熱い罠は、多少なりともロマンスが漂っていた…と感じ取ったのですが、「ロマンス」ってそもそも何なの!?
普通は「ロマンス=恋愛」だろうと思うんですけど、辞書で調べると「小説、物語」と大枠を指していたり、「大衆向けの作品(本来のローマ的といった意味から)」、「空想的、冒険的、伝奇的な要素の強い物語」なんて意味も。「ラヴェンダ~」の場合は・・・まぁ少なくとも「恋愛小説」ではないでしょうね、断言。ふぁっ、ファンタジーかなぁ?そもそもファンタジーっていうのh…。

柔らかい蕾
ジョン プレストン
4893674137

■柔らかい蕾/著者:ジョン・プレストン/訳者:田中誠/イラスト:京極薫
出版社:白夜書房(ラヴェンダーロマンスシリーズ)
装丁:新書
発行:1994.4.30

▼▼▼ …柔らかい蕾の感想を読む[ネタバレあり
[タグ : 翻訳作品 ]
■カテゴリ : ラヴェンダーロマンス

熱い罠-ラヴェンダーロマンスシリーズ(1)

[ 2010/12/06 00:09 ] TB(0) | CM(2)
ラヴェンダーロマンスシリーズ第1弾。

読書人生において今までに使ったことのない脳の筋肉が必要で、しかも相当の筋力が付いてないと読みこなすのは困難なのではと思った作品でした。うーん、どんな文体なのか説明するのも困難極まりないのですが、強いて挙げるならば雑誌小説ピアスに掲載されていた『過激勃○日記(なんかとりあえず伏せときますが元記事は伏せてないという…)』のオール一人称バージョンといったところでありましょうか…。分かりづらいですか?そうだなぁ~…『UFO目撃談の日本語吹き替えバージョンのような感じ(で隠語をバリバリ)』…。

しかし、内容のハードさよりもたまげたのが、私の得意ジャンルである「○○○もの」だったってマジですか!?

熱い罠
ジョン・プレストン
4893673785

■熱い罠/著者:ジョン・プレストン/訳者:風間賢二/イラスト:京極薫
出版社:白夜書房(ラヴェンダーロマンスシリーズ)
装丁:新書
発行:1993.12.20

▼▼▼ …熱い罠の感想を読む[ネタバレあり
[タグ : 翻訳作品 剃毛 ]
■カテゴリ : ラヴェンダーロマンス

10/12/01-気になる腐漢-禁じ手:ミシェルの熱唱

[ 2010/12/01 00:01 ] TB(0) | CM(0)
マクロスF cosmic cuune
B0043C3EX6

 クリスマスの雰囲気が出ている8曲入りミニアルバム。うち2曲がクリスマス全開ソングで、特に7曲目の『Merry Christmas without You』が卑怯以外の何物でもありません。マスロスFのメインキャラたちも参加しているこの曲、1番盛り上がる部分を唄っているのがなんとミシェル!アルトも当然唄ってますが、断然ミシェルに軍配が。歌詞もミシェルのパートがまた泣かせる部分なんですよ…。これってどう考えても卑怯だろっ!(笑)
 12月末のマクロスFのライブはチケット取らなかったんですが、この曲だけ聴きに行きたい。あとはシェリルの唄は神がかってます。Gabriela Robinと菅野よう子のコンビはスゲー。って中はどっちも同じですけど。

 …ってな感じで毎年何故か10月になると無性に聴きたくなるクリスマスアルバムに取って代わるかという勢いの「cosmic cuune」ですが、やはり「アリー・myラブ・クリスマス」には一歩及ばず(海外ドラマのサントラなんですけどクリスマスソングのみ)。もうマクロスFなんだからストーリーに関係なく、メインキャストに1曲ずつクリスマスっぽい歌を唄わせたフルアルバムを出せばいいのに。
 まぁ「アリー~」の場合はドラマ内にクリスマスの話が結構あったので、あんなアルバムが作れたんだとは思うんですけどね。

アリー・myラブ ~クリスマス~
B00005HODT

 今では超売れっ子のロバート・ダウニー・Jrも熱唱!このドラマ撮影時にも問題起こしてかなり頭に来てたんですが、このアルバムを聴くと許せちゃうくらいの渋い歌声。

電子書籍リーダー“Reader”(リーダー)| ソニー
GALAPAGOS(ガラパゴス) : シャープ

 ソニーとシャープの電子書籍リーダー、どちらも12月10日発売。うーん、実際どんな感じなの?まずは部屋にある本じゃね?と考えまして、スキャン代行サービスについても勉強中。

「スキャン代行サービス」大研究:スキャン代行サービスの現状と内容比較 (1/3) - ITmedia +D PC USER

 私的にはグレーかなぁと思いつつも一度は試してみたいサービス。「そうだ!雑誌を捨てずにスキャンして貰えば一石五鳥じゃね?」とひらめいたんですが、現時点ではどこの会社も対応してないみたいでありまして。部屋の中で1番多い本って雑誌なんですよ。雑誌が問題なのだよ、雑誌が。
 ・・・と意味不明な発言をしており、犯人は未だ部屋を片付けていない模様です。

「radiko」本格実用化に向け新会社設立、北海道・名古屋・福岡にもエリア拡大 -INTERNET Watch

 12月1日からサービス提供エリアが拡大します。
  関東地区:茨城県、群馬県、栃木県
  関西地区:滋賀県、和歌山県

 □radiko.jp

【底流】スカイマーク大丈夫? “大胆不敵”A380で世界の空へ (1/3ページ) - SankeiBiz(サンケイビズ)

 スカイマークが6機導入予定とのこと。楽しみだけれど大丈夫かしら…。いろいろと。ちなみに「ロンドン、ニューヨーク、フランクフルト」に行く予定はまったくありません。どうせ行くならドバイに行ってエミレーツ航空のA380に乗りたい。順番がいろいろと逆ですけど。
 □エミレーツ航空A380 | 機種一覧 | エミレーツ航空ご利用案内 | エミレーツ航空 日本

らばQ:外国人が特に勘違いしやすい、イギリスの呼び名や区分いろいろ

 ヘタリア的にはどうなんのこれ?

ニュース : 中国で上映禁止!男性同士の濡れ場は「ジェットコースター」とイケメン俳優激白   映画がもっとおもしろくなるハリウッドチャンネル

 □映画『スプリング・フィーバー』公式サイト

異世界トリップ設定wwwとか思って読まず嫌いしてた: 喪ゲ女

 とりあえずあと10年は待つ所存。

 □Atis collection - 空に響くは竜の歌声

  異世界トリップ設定ですので是非。ドラマCDは12月28日発売です!

友達少なく毎日孤独 : 心身 : 人生案内 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 『友達と会うのも月に1~2回』

 十分すぎると思われますが………。
 え?

新しい友達出来た: 喪ゲ女

 どうか わたしも なかまに いれてください。

「ばかっ・・・ばかっ!!」 → 「すまなかったな・・・。だがもうひとりぼっちにはさせないよ」 的な画像 - 〓 ねこメモ 〓

 これはよいお題ですね。

秘身譚(1)
伊藤 真美
4063759970

 古代ローマが舞台の骨太漫画。密度濃すぎていろんな本が欲しくなるのが困りもの。ネタバレになっちゃうので詳しく書きませんが、『美少年の身体には秘密が隠されていたのです』にピンと来た方にはオススメ。まぁ私のことですから…、察して!
 しかもおっさん達もいい具合。

■去年の気になる記事
 09/12/01-気になる腐漢-管理人は17日からお休みします
 09/12/16-気になる腐漢- 覚悟しとけよ!

 ・・・。覚悟が足りなかったんだな、きっと。
 『俺、このゲームが終わったら部屋の片付けをするんだ…
 などとほざいておりますが、ゲーム終わってないから片付けないっ!

▼▼▼ 以下、ハミ出しすぎな情報 ▼▼▼
[タグ : ]
■カテゴリ : 気になる
プロフィール
プロフィール画像
Author:4da
漢気溢るる管理人。
ガチっとムチっとがモットーです。

【コメントへの返信について】
拍手コメントは記事のコメントにて、メルフォについてはその月の[気になる]記事のコメントにて返信しています。

にほんブログ村 BLブログ BL小説読書感想へ にほんブログ村 BLブログ BL漫画感想へ

サイト内検索