Yes!腐漢ライブラリー

濃いめのBL漫画やBL小説などの感想を色々と。ガチッとムチっとが大好物な大人向けです。(+BLアラブもの小説読破中)

スポンサーサイト

[ --/--/-- --:-- ] TB(-) | CM(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ : ]
■カテゴリ : スポンサー広告

「ラヴェンダーロマンスシリーズ」に挑んでみる

[ 2011/01/09 23:07 ] TB(0) | CM(4)
■はじめに
「ピアスノベルズより激しいって!?そりゃ読むしかないでしょ!」
この記事はアラスカさんのブログ「四十路のBL読書日記・・・旧・三十路のBL読書日記」で紹介された『5周年企画 「ラヴェンダーロマンスシリーズ」を攻略する』を私が勝手に受け、シリーズ読破に挑んでみた記録です。

■「ラヴェンダーロマンスシリーズ」とは?
アラスカさんの記事+シリーズ本のあとがきによると、米国の本格的なハードゲ○、SMポルノ小説の翻訳本です。白夜書房から1993~1995年に発行されました。素晴らしい分析+まとめ記事についてはとても私には書けそうにないので、ここではさらっとご紹介にとどめておきます。

■ラヴェンダーロマンスシリーズ
 第1巻 『熱い罠』 ジョン・プレストン
 第2巻 『柔らかい蕾』 ジョン・プレストン
 第3巻 『美しい獲物』 アーロン・トラヴィス
 第4巻 『愛の奴隷』 アーロン・トラヴィス
 第5巻 『レザーボーイ・キッス』 ラリー・タウンゼント
 第6巻 『重い鎖』 ラリー・タウンゼント
 第7巻 『ヴィレッジの掟』 クリストファー・モーガン
 番外篇 『スウィート・ドリーム』 ジョン・ブレストン

■お気に入りベスト3
実は私、順位付けが非常に苦手なものでして、たった8冊の中から3冊選ぶだけなのにかなり迷いました。「面白かった」順位でいいのか、「好み」の順位なのかしら、はたまた「笑った回数」…。えっ、総合評価ですか!?

 No.1 愛の奴隷
    ・これは純粋に古代ローマ好きという理由でぶっちぎりの1位!ファンタジー好きということも高じて妄想力をかき立てられる配役&ラストに感服です。

 No.2 レザーボーイ・キッス
    ・総合力で2位に入りました。エロもラブもストーリーもバランスが良く、満足度はダントツ!

 No.3 美しい獲物
    ・衝撃度が半端なく、忘れられない作品ということで堂々の3位に。好きとか言っちゃうと感性を疑われそうなところがまた良し(笑)。

あくまでも「お気に入り順」なので「面白かった順」ではありません。それぞれの作品で面白かったポイントが異なるので、順位付けが難しいシリーズだと思います!と、優等生的な答えを書いてみましたが、だって本当にどれも面白いポイントが違うんだもんよー…。熱い罠はブリーフ萌えで、柔らかい蕾は設定が明後日に行っちゃってて抜群だったし、重い鎖は熟年夫婦のやり取りに一喜一憂してヴィレッジの掟でひたすらに筋トレし、スウィート・ドリームで脳内映画上映して完!

■まとめ
律儀にもシリーズ1作目の熱い罠から読み始めてしまった方は、ひきつけを起こしちゃったんじゃないかと心配していますが、私は最初は四苦八苦したものの、案外スムーズに世界観に入っていくことができました。確かにシリーズ全作を連続して読むには骨身にこたえるものがありましたが、日々の生活にパンチを入れるためにあえて読んでみるという逆説的に骨休めな感じで読んでみると、本の素晴らしさを再発見できて幸せが訪れるかもしれませんよ!(笑) 
ついでに私がショックを受けることなく読めたのには単純な理由が。某さんの作品をこよなく愛しているからなのです!ラヴェンダーロマンスを楽しめた方はぜひJ.GARDENに足を運んで隅から隅まで小説サークルさんを買い漁ってみてくださいませ。非常にハードで読み応え抜群なのですよ。(なにその紹介!いや、ご迷惑が掛かるとね…)

そして次が本当のまとめということで。
常日頃、心の隅にしこりのように気になっていたことがあったのですが、第1巻『熱い罠』のあとがきにて、訳者の風間さんが次のようなことを書いておられて、ありがたや~という気持ちで一杯になりました。

 訳者としては、より多くの読者がこの日本語版でオーガズムに達することを願うばかりである。もちろん、本書を一種のブラック・ユーモアとして大笑いしてもらっても一向にかまわない。ポルノグラフィーとはそういうものなのだ。 (熱い罠-286ページ)

本は面白おかしく読んだもん勝ち!と思っていても、実際には「本は真面目に読むべし」という読書感想文のような考えがどうしても抜けきれなくて、ゲラゲラ笑ってしまうと心苦しかったりしていたのですが、この一文で胸のつかえが全て取れた感じ!そうだよね、セクシャルなものって他人から見たら滑稽に見えるんだよね!という訳でBLアラブもの小説については今まで以上に全力で攻略したいと新たに心に誓った次第であります。・・・いや、自分の場合は多少の自重は必要かと。記事によっては、はっちゃけすぎちゃっている気がするんだよなぁ…。

■最後に
参考にさせていただいたアラスカさんのブログ「四十路のBL読書日記・・・旧・三十路のBL読書日記」は残念ながら2010年12月に閉鎖されました。お疲れさまでした~!

アラスカさんの記事が素晴らしすぎるので、感想に引きずられないように今回は作品別の記事については読み返さずに読破チャレンジをしたのですが、自分の感想を書いた後に改めてアラスカさんの記事を読んでみると内容が被りまくりだったという青ざめまくりのオチでした。なんかもう本当にすみません…。1年以上経っても面白い記事は頭に残っているんだという証明になったということで許してください!(笑)
私もそんな記事が書けるように精進していく所存です。
 
スポンサーサイト

[タグ : 翻訳作品 ]
■カテゴリ : ラヴェンダーロマンス

スウィート・ドリーム-ラヴェンダーロマンスシリーズ(番外篇)

[ 2010/12/25 00:00 ] TB(0) | CM(7)
ラヴェンダーロマンスシリーズ番外編。

私立探偵『アレックス・ケイン』が活躍するシリーズ第1作。シリーズとしては6冊ほど発売されているようですが、翻訳されているのはこの1作のみ。残念だ…。内容はアレックスの自己紹介を兼ねたハードボイルド、、、なんですかね?

ラストがなんだか『ミッション:インポッシブル』なんですけど…(笑

スウィート・ドリーム
ジョン・プレストン
4893674560

■スウィート・ドリーム/著者:ジョン・プレストン/訳者:葛野葉子/イラスト:京極薫
出版社:白夜書房(アレックス・ケイン・シリーズ)
装丁:新書
発行:1994.11.1

▼▼▼ …スウィート・ドリームの感想を読む[ネタバレあり
[タグ : 翻訳作品 ]
■カテゴリ : ラヴェンダーロマンス

ヴィレッジの掟-ラヴェンダーロマンスシリーズ(7)

[ 2010/12/22 00:00 ] TB(0) | CM(0)
ラヴェンダーロマンスシリーズ第7弾。

 -私はコレでジム通いを辞めました-

まぁ久しくズル休み中なのは事実なんですけど、ジムに行くのが本当にイヤになる作品でした(笑)。そもそも私が行っていたのはジムなのかはたまた…。
『都会の掟』というよりも『都会ってコワい!』というのが、田舎者の感想であります…。

都会って!!

ヴィレッジの掟
クリストファー・モーガン
4893674722

■ヴィレッジの掟/著者:クリストファー・モーガン/訳者:横須賀零/イラスト:松崎司
出版社:白夜書房(ラヴェンダーロマンスシリーズ)
装丁:新書
発行:1995.3.15

▼▼▼ …ヴィレッジの掟の感想を読む[ネタバレあり
[タグ : 翻訳作品 ]
■カテゴリ : ラヴェンダーロマンス
プロフィール
プロフィール画像
Author:4da
漢気溢るる管理人。
ガチっとムチっとがモットーです。

【コメントへの返信について】
拍手コメントは記事のコメントにて、メルフォについてはその月の[気になる]記事のコメントにて返信しています。

にほんブログ村 BLブログ BL小説読書感想へ にほんブログ村 BLブログ BL漫画感想へ

サイト内検索



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。