Yes!腐漢ライブラリー

濃いめのBL漫画やBL小説などの感想を色々と。ガチッとムチっとが大好物な大人向けです。(+BLアラブもの小説読破中)

黄昏のハイスクール-なにやら●サスの匂いがする…のは気のせい?

[ 2012/03/18 00:00 ] TB(0) | CM(2)
シカゴ郊外に住むゲイの英語教師が主人公のサスペンス作品。大リーガーの恋人をお供にして同僚が殺された事件の謎を追っていくうちに、自らも事件に巻き込まれていくといったストーリーです。
主人公が事件の真相に迫るにつれて、次第に明らかになっていく社会の暗部が汚さ満載でかなり腹立たしいのですが、それがまた面白いポイントでした。

しかし作品の感想とは別にモヤモヤ感がムクムクと。これってどこかで読んだような観たような…。
そうだよ、このデジャヴュ感はアレだ!
主人公の事件への飽くなき探究心+恋人の活躍具合といったら、

 ●曜サスペンス劇場

じゃなくって!?
いや別に『▲曜ミステリー劇場』、『■曜ワイド劇場』でも構わないんですが、「そもそもどうしてアナタが首を突っ込んでいるの?」というイントロダクションの部分が、ドラマとまったく一緒で最大のミステリーなんです。何もそこまで頑張らなくてもいいのに…(笑

話は脇道にそれますが、私がもっとも驚愕したサスペンスドラマのタイトルは、
 小京都ミステリー『エジプト・パピルス殺人事件』
です。もはや真面目に突っ込みを入れるほうが負けだよねというタイトル。内容の方は本当にエジプトが舞台だったのでかなり面白かったんですけどね。

黄昏のハイスクール
4488293018

発行日:1995.2.17
出版:東京創元社(創元推理文庫)
著者:マーク・リチャード・ズブロ
翻訳:柿沼瑛子

―あらすじ―
その朝教室に入っていったわたしは、数学教師エヴァンズの他殺死体を発見した。格別つきあいのなかった彼がなぜこの早朝わたしの教室で殺されていたのか?まもなく、かつての教え子だったエヴァンズの息子が、時を同じくして姿を消していたことを知らされ、わたしは事件の深みに踏み入ることに…。シカゴ郊外のハイスクールを舞台に、ゲイの英語教師が見た現代の悲劇とは?


▼▼▼ …「黄昏のハイスクール」の感想を読む
スポンサーサイト




[タグ : 翻訳作品 ]
■カテゴリ : 小説一般

魔術師(マジシャン)の鎖-MはMでも……

[ 2011/07/26 00:00 ] TB(0) | CM(0)
海外BL作品を翻訳した『プリズムロマンス』の第2弾、「魔術師(マジシャン)の鎖」でございます。
同時発売の王子は伯爵に恋をするは第1弾の貴族の恋は禁断の香りに近い感じだったので、ひょっとしたらこの作品も守護天使に恋してと……いやそんなバカな、だってマジシャンの話でしょ?

・・・。

ウソっ!Magicianの M じゃなくてMagicalの M だったんですか!
いや、その前にSMですから。

ファンタジーでしかも本当に異世界だったりとか、私の感……ではなくGoogle翻訳さん侮れませんね。(原書のあらすじを翻訳しても大概は意味不明です。今回もよく分かんなかったけど)
ある意味、原書の表紙の方がファンタジー!(笑

そして今回はろくな感想を書けなかったことを最初にご報告しておきます。
まぁいつもロクデモナイ感じですがゴメンナサイ!

□公式サイト:プリズムロマンス ~AQUA★BOYS~

魔術師(マジシャン)の鎖 (プリズムロマンス)
ミッシェル・ポラリス 祐也
4775517325

■魔術師(マジシャン)の鎖/著者:ミッシェル・ポラリス/イラスト:祐也/訳:高垣えりか
オークラ出版(プリズムロマンス)
原題:Magician's Chains
収録作:「魔術師(マジシャン)の鎖」

-あらすじ-
週末を利用してラスヴェガスに来ていたジェシーは、気乗りしないものの、誘われるままにSMめいたマジックショーを見にいった。扇情的なショーのマジシャンが高校の同級生サヴィンだと気づくのと同時に、サヴィンもまた、客席にジェシーがいるのに気づいていた。ショーのあとでサヴィンと再会したジェシーは、週末だけという約束で、SMという未知の世界へと誘われるが……。


▼▼▼ …「魔術師(マジシャン)の鎖」の感想を読む
[タグ : 翻訳作品 ]
■カテゴリ : 海外翻訳BL

王子は伯爵に恋をする-SFだったョ!全員集合

[ 2011/07/23 00:00 ] TB(0) | CM(2)
海外BL作品を翻訳した『プリズムロマンス』の第2弾、「王子は伯爵に恋をする」でございます。
宇宙軍ってSFなの?』なんて冗談言ってたら、本当にSF作品でした……。
えぇ~!(笑

「SFは苦手かも……」という方もご安心ください。舞台となる惑星は『地球の貴族時代の文化や風習を持つ社会』なので、第1弾の貴族の恋は禁断の香りと同様にヒストリカル作品として捉えても問題なく読めると思います。
銀河連合のフリゲート艦なんかも登場しますが、宇宙軍ではなく『海軍』だって思えばきっと大丈夫……なはず(笑

そうだなー……スカーレット・ウィザードSF度 100だとすると、「王子は伯爵に恋をする」はSF度 13くらいでしょうかね?
わかりにくい例えですが、もの凄く低めってことです。

□公式サイト:プリズムロマンス ~AQUA★BOYS~

王子は伯爵に恋をする (プリズムロマンス)
J.L.ラングレー 椎名ミドリ
4775517333

■王子は伯爵に恋をする/著者:J.L.ラングレー/イラスト:椎名ミドリ/訳:美島幸
オークラ出版(プリズムロマンス)
原題:My Fair Captain
収録作:「王子は伯爵に恋をする」

-あらすじ-
リジェレンスの王子であるエイデンは、二十五歳になるか、配偶者との式を挙げるまでは、純潔を守らねばならない。
男性の純潔を重んじるリジェレンスでは、夫も配偶者も男性なのだ。けれど、城にデヴァレル伯爵が滞在することになって、エイデンは彼に強く惹かれてしまう。それこそ、純潔など、どうでもいいと感じるくらいに。しかし、その伯爵は、じつは潜入捜査中の軍人で……。


▼▼▼ …「王子は伯爵に恋をする」の感想を読む
[タグ : 翻訳作品 ]
■カテゴリ : 海外翻訳BL
プロフィール
プロフィール画像
Author:4da
漢気溢るる管理人。
ガチっとムチっとがモットーです。

【コメントへの返信について】
拍手コメントは記事のコメントにて、メルフォについてはその月の[気になる]記事のコメントにて返信しています。

にほんブログ村 BLブログ BL小説読書感想へ にほんブログ村 BLブログ BL漫画感想へ

サイト内検索