Yes!腐漢ライブラリー

濃いめのBL漫画やBL小説などの感想を色々と。ガチッとムチっとが大好物な大人向けです。(+BLアラブもの小説読破中)

蝶宮殿の伽人(沙野風結子)-アラブもの小説(194)

[ 2013/06/11 00:00 ] TB(0) | CM(0)
灼熱のアラブ100 ~アラブ・フェア開催中~

BLアラブもの小説(砂漠もの)92.5……ではなく194冊目。

『続編楽しみ~』とワクワクしていた本作!
……あれ?
なんだか読んだことある(見たことある)気がしますけど!?

それもそのはず。アラブもの92作目の蝶宮殿(ファラーシャマハル)の王子様を全体的に改稿・改題したものと、書き下ろしの続編が付いている作品でした。

表紙違うし、そもそもタイトル変わってるし、勘違い間違いなしでしょ!(笑
そして今回のタイトルでは『蝶宮殿(ファラーシャマハル)』ではなく『蝶宮殿(ちょうきゅうでん)』と読むみたいです。
『ちょうきゅうでんのとぎびと』が正式タイトル。

今回の記事のナンバリングについては『92.5』か『194』にするかでもめにもめましたが、タイトル・表紙・内容も改稿(新版と旧版読み込みました)ということで、新しく番号を振ることに決定。こんなこと初めてですよ!

なお、稲荷家さんのイラストは旧版のカラーイラスト(2枚)を含めて全て収録、描き下ろしは表紙とあとがきに掲載されている1ページとなっていました。

蝶宮殿の伽人
沙野 風結子 稲荷家 房之介
4796404511

■蝶宮殿の伽人
著者:沙野風結子
イラスト:稲荷家房之介
出版社:海王社(ガッシュ文庫)
装丁:文庫
発行:2013.06.10
ジャンル:現代 ベノール王国
攻:第4王子 22歳
受:翻訳家 26歳
収録:「蝶宮殿の伽人」「蝶宮殿の魔神」

-あらすじ-
「せいぜい俺を愉しませるといい」学生時代から恋情を抱く友人・ベノール王国の第一王子であるナイルスに請われ、王国に赴いた望。そこで頼まれたのは、離宮に囚われた第四王子・ムスタファの無聊を慰める仕事だった。鬱屈に荒んだムスタファは手負いの獣のようで、淫らな行為をも強いる。初めはナイルスの役に立ちたい一心だったが、ムスタファの優しさを垣間見るうちほだされていき―。想う男と戯れを許す男―二人の王子の間で心は惑い…?


▼▼▼ …「蝶宮殿の伽人」の感想を読む
スポンサーサイト




[タグ : アラブ 沙野風結子 稲荷家房之介 再会 三角関係 媚薬 新装版 ]
■カテゴリ : アラブ・フェア

太陽は夜に惑う(真瀬もと)-アラブもの小説(180)

[ 2012/04/16 00:13 ] TB(0) | CM(3)
灼熱のアラブ100 ~アラブ・フェア開催中~

BLアラブもの小説(砂漠もの)180冊目。

これぞ『ザ・アラブもの』と太鼓判を押しても間違いはないでしょう!
(例えあと100冊近く残っていたとしても…)

「”アラビアン・ロマンス”ってそうそう、こんな感じなのよ~」と痒いところに手が届く、そんなお話でした。
物語の舞台が1926年頃に設定されていまして、話の冒頭で映画『シーク』(1921年公開)について触れられております。
ご存知ない方はブログ「30半ばにしてやおいにハマる」さんの記事「BL的?小ネタ拾遺<16>」内の「BLアラブファンタジーの根源は「シーク」(映画)だ!」を一読されることをお勧めします。大変勉強になります!

太陽は夜に惑う
真瀬 もと
4403521851

■太陽は夜に惑う
著者:真瀬もと
イラスト:稲荷家房之介
出版社:新書館(ディアプラス文庫)
装丁:文庫
発行日:2009.5.25
ジャンル:1926年頃のザハナ首長国 
攻:王族 30歳前後
受:日本人 16歳
収録:「太陽は夜に惑う」

-あらすじ-
紅砂の国ザハナを訪れた朔人。エキゾチックな街並みで、映画から抜け出した“シーク”のような男アーキルと出会った。彼に連れられて行ったのは、喪われた砂漠の都スツ。その廃墟のなかで、朔人はアーキルに情熱的に抱かれる。ところが初めての恋を自覚した途端、アーキルがザハナの王族であること、そして十年前に朔人の兄を死に追いやった仇であるかもしれないことを知り…。オール書き下ろしラブinアラブ!!


▼▼▼ …「太陽は夜に惑う」の感想を読む
[タグ : アラブ 稲荷家房之介 媚薬 ]
■カテゴリ : アラブ・フェア

千夜一夜に接吻けて(篠原まこと)-アラブもの小説(113)

[ 2010/09/23 00:00 ] TB(0) | CM(0)
灼熱のアラブ100 ~アラブ・フェア開催中~

BLアラブもの小説(砂漠もの)113冊目。

『接吻けて』で「くちづけて」。せっぷんですね!

千夜一夜に口説かれて-アラブもの小説(096)の続編です。
アラブものなのに舞台は南の島。

いいんです。

千夜一夜に接吻けて
篠原 まこと
4872579046

■千夜一夜に接吻けて
著者:篠原まこと
イラスト:稲荷家房之介
出版社:イーストプレス(アズ・ノベルズ)
装丁:新書
発行:2008.03.20
ジャンル:現代 とある南の島
攻:王子さま ?歳
受:香道家 26歳
収録:「千夜一夜に接吻けて」「恋がこんなものだとは」

-あらすじ-
香道界のプリンス、和は恋人であるA首長国連邦の王子アズィーズの招待で、とある南の楽園でバカンスを楽しむことに…。強引に攫われることから始まった和とアズィーズの関係も、今はすっかり愛に彩られ…久しぶりの逢瀬に燃え上がる二人。ところが、そんな限られたセレブのみの完璧なプライベートヴィラにもかかわらず、アズィーズを狙う怪しい影が…。華麗で危険なアラビアンロマンス書き下ろし。


▼▼▼ …「千夜一夜に接吻けて」の感想を読む
[タグ : アラブ 篠原まこと 稲荷家房之介 ]
■カテゴリ : アラブ・フェア
プロフィール
プロフィール画像
Author:4da
漢気溢るる管理人。
ガチっとムチっとがモットーです。

【コメントへの返信について】
拍手コメントは記事のコメントにて、メルフォについてはその月の[気になる]記事のコメントにて返信しています。

にほんブログ村 BLブログ BL小説読書感想へ にほんブログ村 BLブログ BL漫画感想へ

サイト内検索