Yes!腐漢ライブラリー

濃いめのBL漫画やBL小説などの感想を色々と。ガチッとムチっとが大好物な大人向けです。(+BLアラブもの小説読破中)

映画「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」 これだよコレ!

[ 2016/11/28 15:08 ] TB(0) | CM(0)
ハリー・ポッターは大好きだ。小説も読んだし映画も全部観に行った。
そんなハリー好きな私でさえ「コレが観たかったんだー!」と叫ばずにはいられない映画でしたファンタビはっ!!

ハリー・ポッターの魔法の世界にはもちろんドキドキワクワクしたけれど、「ドラゴン等の幻獣がいるのに魔法使いとの触れ合いが少ない…」と嘆いていたマグルには涎じゅるじゅるもんでした。

ハリー・ポッターの舞台である現代イギリスから禁酒法時代のアメリカへ移した本作。マフィアが暗躍していそうな街並みや衣装に萌えるのは当然として、そんなアメリカにきちんと魔法使いが存在しているのが凄い。(何を言ってるんだと思われるかもしれませんが観ればわかるのです)イギリスの”ザ・魔法使い”という見た目の人物が居ない代わりに皆さんスタイリッシュでカッコいい魔法使いがバンバン登場するし、アメリカの魔法省も見所満載!
そんなアメリカにイギリスから主人公のニュートが魔法動物を持ち込んでしまい(アメリカでは禁止)、ノーマジ(アメリカでマグルのこと)にも見られてしまうという大失態を犯してしまいます。

主人公のニュートはちょっと抜けていて一見頼りなさそうに見えるのに実はバリバリ優秀な魔法使い。俳優のエディ・レッドメインがとにかく可愛いしカッコいいです。人嫌いだけど魔法動物大好きな青年を見事に演じていました。
それと肝心な魔法動物もみんな面白可愛い動物ばかりで、これまたみんなニュートに懐いている動物ばかりなのがさらに最高!「ハリーでもこれが観たかったんだよー、ルーマニアに行ってるロンの兄さんの話とか読みたいんじゃー!」と思っていた私にとっては最高の映画でした。CG技術もぐんと上がっていて本物が動いているかのような映像でした。

今回我慢できなくて吹き替えから観てしまいましたが後悔しておりません。…最高でした。コリン・ファレル…というか津田さn…。観れば、いや聴けば分かります。とにかく最高なのです。あの人の声はとうぜんあの人の担当です。最高。

いつも以上にまとまりがないのですが、ちょっと諸処立て込んでおりますのでこの辺りで。
以上、最高でした!


2016年11月23日(水)公開
映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』オフィシャルサイト

「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」オリジナル・サウンドトラック
オリジナル・サウンドトラック
B01LXRZ08B


[タグ : ]
■カテゴリ : 映画

映画「スター・トレック BEYOND」 号泣に次ぐ号泣で…最高!

[ 2016/10/21 18:04 ] TB(0) | CM(0)
ビヨンド観てきましたよ、「スター・トレック BEYOND」。
前スポック…というかスポック大使役のレナード・ニモイが亡くなり、しんみりしていたところにチェコフ役のアントン・イェルチンが事故で亡くなったというニュースが飛び込んできて、言葉も出ない中での公開となりました。

それで観てどうだったかって?最高、最高に決まってるじゃないですか!
マジ最高だった!!(これしか出てこない)
でもでも、ネタバレになるので後述しますが…上映中何度も泣かされました。
ハンカチ必須です。

内容の感想とは別になりますが…。
最初は通常2D字幕版で観たのですが画面が暗いです。観に行ける人は是非IMAXで観てください、迫力も段違いなので!
(でも超映画批評のレビューだとIMAXの3D版を観たけど2D版で観た方がいい(奥行きだけの話で?)とあって、IMAXの2D版はどこかで上映してるのかなぁ?通常よりも絶対IMAXの方が画面明るいと思うんだけど、3D版だとどうなのかしら???)

私は絶対IMAXで観たいけど、行けるかなぁ~
……。


2016年10月21日(金)公開
スター・トレック BEYOND | 公式サイト | 10月21日(金) 全国ロードショー

超映画批評「スター・トレック BEYOND」70点(100点満点中)

スター・トレック BEYOND : 作品情報 - 映画.com

スター・トレック BEYOND オリジナル・サウンドトラック
マイケル・ジアッキーノ
B01K24FFI0


▼▼▼ …[ネタバレ含む]「スター・トレック BEYOND」の感想を読む
[タグ : スター・トレック ]
■カテゴリ : 映画

GUN&HEAVEN(こだか和麻) J・B×ロイだよ!集まれ~

[ 2016/09/30 18:16 ] TB(0) | CM(0)
最初から J・B×ロイ 派だった私、歓喜!

絆シリーズの感想でも書きましたけど、「圭×蘭丸」「政×桂」ではなく、「J・B×ロイ」イチ押しだったのです。
まさか「絆-KIZUNA- 11巻」が発売されて8年も経ってからスピンオフが発売されるとは…感無量です。

J・Bとロイのふたりがどんな人物なのかは『絆 -KIZUNA-』シリーズの5巻「GUN&ROSE (前後編)」を読んで貰えれば…
読んでください!

出来れば3巻も…
いや全巻!!(笑)
(DX版全5巻+通常版11巻となっておりますので…)

GUN&HEAVEN (ビーボーイコミックスデラックス)
こだか 和麻
4799730509

-あらすじ-
J・Bとロイは一流スナイパーで恋人同士。カラダは激しく交わっても、決して馴れ合わないクールな関係。顧客からの依頼を受け、世界中の都市で暗躍する日々を送っていた。
―――スナイパーは、存在の証拠を残してはならない―――
ある日、暗黙のルールに背き依頼主に余計な情を見せてしまうロイ。それを目撃したJ・Bが彼を問い質す。「手遅れかもしれんが荷物をまとめろ、今すぐこの国を出るぞ」彼の庇護下にあるのを我慢できなくなったロイは、CIAから極秘で依頼された天敵ATFのメインサーバーへの潜入ミッションを、J・Bに内緒で引き受けることに…! !「絆シリーズ」からの待望のスピンオフ、ついに単行本化!



▼▼▼ 「GUN&HEAVEN」の感想を読む
[タグ : ]
■カテゴリ : こだか和麻
プロフィール
プロフィール画像
Author:4da
漢気溢るる管理人。
ガチっとムチっとがモットーです。

【コメントへの返信について】
拍手コメントは記事のコメントにて、メルフォについてはその月の[気になる]記事のコメントにて返信しています。

にほんブログ村 BLブログ BL小説読書感想へ にほんブログ村 BLブログ BL漫画感想へ

サイト内検索