Yes!腐漢ライブラリー

濃いめのBL漫画やBL小説などの感想を色々と。ガチッとムチっとが大好物な大人向けです。(+BLアラブもの小説読破中)

姫川玲子シリーズ(誉田哲也) 出版順一覧

[ 2016/09/26 23:49 ] TB(0) | CM(0)
誉田哲也著『姫川玲子シリーズ』の出版順一覧です。※については各作品の時系列が出版順と異なります。

■姫川玲子シリーズ出版順 (数字はシリーズの順番)
1.ストロベリーナイト
2.ソウルケイジ
3.シンメトリー (短編集) ※1
4.インビジブルレイン
5.感染遊戯 (スピンオフ) ※2
-.誉田哲也 All Works
6.ブルーマーダー
7.インデックス (短編集) ※3
8.硝子の太陽R -ルージュ


※1 シンメトリー (短編集)
東京
過ぎた正義
右では殴らない
シンメトリー
左だけ見た場合
悪しき実
手紙

※2 感染遊戯 (スピンオフ)
感染遊戯 / インフェクションゲーム
連鎖誘導 / チェイントラップ
沈黙怨嗟 / サイレントマーダー
推定有罪 / プロバブリィギルティ

※3 インデックス (短編集)
アンダーカヴァー
女の敵
彼女のいたカフェ
インデックス
お裾分け
落としの玲子
夢の中
闇の色

----


ストロベリーナイト 警部補 姫川玲子 (光文社文庫)
誉田 哲也
B009SZ1W96

2006年2月25日発売(単行本)
2008年9月9日 (文庫本)

-あらすじ-
溜め池近くの植え込みから、ビニールシートに包まれた男の惨殺死体が発見された! 警視庁捜査一課の警部補・姫川玲子は、これが単独の殺人事件で終わらないことに気づく。捜査で浮上した謎の言葉「ストロベリーナイト」が意味するものは? クセ者揃いの刑事たちとともに悪戦苦闘の末、辿り着いたのは、あまりにも衝撃的な事実だった。人気シリーズ、待望の文庫化始動!




ソウルケイジ 警部補 姫川玲子 (光文社文庫)
誉田 哲也
B009KZ4GL0

2007年3月25日 (単行本)
2009年10月8日発売 (文庫本)

―あらすじ―
多摩川土手に放置された車両から、血塗れの左手首が発見された! 近くの工務店のガレージが血の海になっており、手首は工務店の主人のものと判明。死体なき殺人事件として捜査が開始された。遺体はどこに? なぜ手首だけが残されていたのか? 姫川玲子ら捜査一課の刑事たちが捜査を進める中、驚くべき事実が次々と浮かび上がる――。大ヒットシリーズ第二弾!




シンメトリー 警部補 姫川玲子 (光文社文庫)
誉田 哲也
B009KZ4GMY

2008年2月25日 (単行本)
2011年2月20日 (文庫本)

―あらすじ―
百人を超える死者を出した列車事故。原因は、踏切内に侵入した飲酒運転の車だった。危険運転致死傷罪はまだなく、運転していた男の刑期はたったの五年。目の前で死んでいった顔見知りの女子高生、失った自分の右腕。元駅員は復讐を心に誓うが……(表題作)。ほか、警視庁捜査一課刑事・姫川玲子の魅力が横溢する七編を収録。警察小説№1ヒットシリーズ第三弾!




インビジブルレイン 警部補 姫川玲子 (光文社文庫)
誉田 哲也
B009EPTL16

2009年11月18日 (単行本)
2012年7月12日 (文庫本)

―あらすじ―
姫川班が捜査に加わったチンピラ惨殺事件。暴力団同士の抗争も視野に入れて捜査が進む中、「犯人は柳井健斗」というタレ込みが入る。ところが、上層部から奇妙な指示が下った。捜査線上に柳井の名が浮かんでも、決して追及してはならない、というのだ。隠蔽されようとする真実――。警察組織の壁に玲子はどう立ち向かうのか? シリーズ中もっとも切なく熱い結末!




感染遊戯 警部補 姫川玲子 (光文社文庫)
誉田 哲也
B00GMW7VR0

2011年3月18日発売 (単行本)
2013年11月8日発売 (文庫本)

―あらすじ―
会社役員刺殺事件を追う姫川玲子に、ガンテツこと勝俣警部補が十五年前の事件を語り始める。刺された会社役員は薬害を蔓延させた元厚生官僚で、その息子もかつて殺害されていたというのだ。さらに、元刑事の倉田と姫川の元部下・葉山が関わった事案も、被害者は官僚――。バラバラに見えた事件が一つに繋がるとき、戦慄の真相が立ち現れる! シリーズ最大の問題作。




誉田哲也 All Works (宝島社文庫)
誉田 哲也
4800205131

2012年3月9日発売 (単行本)
2013年1月10日発売 (文庫本)

―あらすじ―
『ストロベリーナイト』『ジウ』「武士道」シリーズなど、数々のベストセラーを世に送り出し、いま日本のエンターテインメント界において、なくてはならない存在となった小説家・誉田哲也。本書は誉田作品のキャラクター創作方法から、デビュー秘話、小説の書き方まで、本人が自ら明かす、初の公式ファンブック。捜査一課姫川班の最初の事件を描いた小説「女の敵」も収録。ファン必読の一冊。




ブルーマーダー 警部補 姫川玲子 (光文社文庫)
誉田 哲也
B00YTJ2894

2012年11月16日発売 (単行本)
2015年6月11日発売 (文庫本)

―あらすじ―
池袋の繁華街。雑居ビルの空き室で、全身二十ヵ所近くを骨折した暴力団組長の死体が見つかった。さらに半グレ集団のOBと不良中国人が同じ手口で殺害される。池袋署の刑事・姫川玲子は、裏社会を恐怖で支配する怪物の存在に気づく――。圧倒的な戦闘力で夜の街を震撼させる連続殺人鬼の正体とその目的とは? 超弩級のスリルと興奮! 大ヒットシリーズ第六弾。




インデックス 警部補 姫川玲子
誉田 哲也
B00PI2Z4F6

2014年11月13日発売 (単行本)

―あらすじ―
捜査一課に戻るなら、あの仲間たちを呼び戻したい。
池袋署強行犯捜査係担当係長・姫川玲子。所轄に異動したことで、扱う事件の幅は拡がった。行方不明の暴力団関係者。巧妙に正体を隠す詐欺犯。売春疑惑。路上での刺殺事件……。終わることのない事件捜査の日々のなか、玲子は、本部復帰のチャンスを掴む。気になるのは、あの頃の仲間たちのうち、誰を引っ張り上げられるのか──。




硝子の太陽R ルージュ 警部補 姫川玲子
誉田 哲也
B01FVJBZ76

2016年5月10日発売(単行本)

―あらすじ―
祖師谷で起きた一家惨殺事件。深い闇の中に、血の色の悪意が仄見えた。
捜査一課殺人班十一係姫川班。警部補に昇任した菊田が同じ班に入り、姫川を高く評価する林が統括主任として見守る。個性豊かな新班員たちとも、少しずつ打ち解けてきた。謎の多い凄惨な事件を前に、捜査は難航するが、闘志はみなぎっている。──そのはずだった。
日本で一番有名な女性刑事、姫川玲子。凶悪犯にも臆せず立ち向かう彼女は、やはり死に神なのか?



■姫川玲子シリーズ、ストロベリーナイト関連記事
ストロベリーナイト レビューに納得。だけど好きだわー
誉田哲也 All Works-ストロベリーナイト関連が半分くらいかな
ブルーマーダーは映画「ストロベリーナイト」を観る前に
映画「ストロベリーナイト」 …終わる気なんてないくせにっ!
インデックス 警部補 姫川玲子(誉田哲也)-やっぱスゲーよ、井岡ってヤツは…
硝子の太陽R -ルージュ 警部補 姫川玲子(誉田哲也)-お帰り、菊田!
 
▼▼▼
[タグ : ストロベリーナイト 姫川玲子シリーズ ]
■カテゴリ : 小説一般

硝子の太陽R -ルージュ 警部補 姫川玲子(誉田哲也)-お帰り、菊田!

[ 2016/09/19 16:20 ] TB(0) | CM(0)
■姫川班に菊田が帰ってきた!
待ちに待った姫川玲子シリーズの最新作、『硝子の太陽R -ルージュ』が発売されました。
『姫川玲子×〈ジウ〉サーガ』がコラボするということよりも何よりも嬉しいのが、菊田が姫川班に帰ってきたことです!
短編集『インデックス』のラストで復帰しそうな雰囲気を出していましたけど、とうとう本作で完全復活しました。
いやぁもうそれだけで満足だから、コラボレーションとか、別に……ね?(笑)

いやいや、新生・姫川班の動きも何やら気になります。
え?井岡?そんなの出てくるに決まってるじゃないですか、イヤだなぁ~

硝子の太陽R-ルージュ
誉田 哲也
4334910939

出版社: 光文社
発行日:2016/5/15

-あらすじ-
姫川玲子×〈ジウ〉サーガ、衝撃のコラボレーション、慟哭のルージュサイド!
祖師谷で起きた一家惨殺事件。深い闇の中に、血の色の悪意が仄見えた。
捜査一課殺人班十一係姫川班。警部補に昇任した菊田が同じ班に入り、姫川を高く評価する林が統括主任として見守る。個性豊かな新班員たちとも、少しずつ打ち解けてきた。謎の多い凄惨な事件を前に、捜査は難航するが、闘志はみなぎっている。──そのはずだった。
日本で一番有名な女性刑事、姫川玲子。凶悪犯にも臆せず立ち向かう彼女は、やはり死に神なのか?



■ストロベリーナイト関連記事
ストロベリーナイト レビューに納得。だけど好きだわー
誉田哲也 All Works-ストロベリーナイト関連が半分くらいかな
ブルーマーダーは映画「ストロベリーナイト」を観る前に
映画「ストロベリーナイト」 …終わる気なんてないくせにっ!
インデックス 警部補 姫川玲子(誉田哲也)-やっぱスゲーよ、井岡ってヤツは…

▼▼▼ …以下「硝子の太陽R -ルージュ 警部補 姫川玲子」の感想&超ネタバレ含みます!
[タグ : ストロベリーナイト 姫川玲子シリーズ ]
■カテゴリ : 小説一般

映画「スーサイド・スクワッド」 ほっとけないヤツがソコにいる…

[ 2016/09/17 18:46 ] TB(0) | CM(0)
製作が決定した時からもの凄く楽しみにしていた映画、「スーサイド・スクワッド」。
「は~どんな感じになるのかなぁ?」などと暢気に待っていたら…

「え?トムハ出ないの?」
「えぇっ!ウィル・スミス出るの!?」

何だか雲行きがあやしくなってきまして、さあいざ公開!
観に行った人が口々に言ってますけど、『ウィル・スミス映画』でした。
でもご安心を。吹替版で観ると多少、ウィル・スミス成分が薄まっている感じがしました。
現場からは以上です…。

ウソ嘘だ!これは絶対に観に行って欲しい!!
DC映画に興味がない人もぜひ観て欲しいのです。だってメッチャかわいくてほっとけないキャラが登場するんですよ。
その名もリック・フラッグ大佐。
彼を観るためだけにもう一度観てもいいかもしれない…とまで思わせてくれるキャラクターでした。
(逆を言えば彼が居なかったら…いやこれ以上は止めておこう…)

映画『スーサイド・スクワッド』オフィシャルサイト
2016年9月10日公開

スーサイド・スクワッド・サウンドトラック
サントラ
B01HSFOZEG


▼▼▼ …映画「スーサイド・スクワッド」の感想を読む ※ネタバレあり※
[タグ : ]
■カテゴリ : 映画
プロフィール
プロフィール画像
Author:4da
漢気溢るる管理人。
ガチっとムチっとがモットーです。

【コメントへの返信について】
拍手コメントは記事のコメントにて、メルフォについてはその月の[気になる]記事のコメントにて返信しています。

にほんブログ村 BLブログ BL小説読書感想へ にほんブログ村 BLブログ BL漫画感想へ

サイト内検索